風邪を引いたと感じたら「内科」に行く人が6割超え

風邪を引いたと感じたら「内科」に行く人が6割超え

風邪を引いたと感じたら「内科」に行く人が6割超え

総計で見ると、1位は「内科(呼吸器内科、消化器内科なども含む)」で61%と過半数、2位は「市販薬で治す」で34%、3位は「個人医院」で24%、4位は「耳鼻咽喉科」で12%、5位は「何もしない」で10%でした。

■上の世代ほど「内科」「個人病院」、下の世代ほど「市販薬で治す」
年代別で見ると、上の世代ほど「内科」「個人病院」の割合が高く、特に「個人病院」は30代以下では13%しかいなかったのに対し60代以上では28%と、倍以上の差になりました。逆に「市販薬で治す」は若い世代ほど割合が高く、仕事を休まず、まずは薬で治そうと考える人が多いように思われます。
ちなみに男女別で差が多かったのは「耳鼻咽喉科」で、男性11%に対し女性は17%と女性に支持されていました。私も薬の効きがいいような気がして「耳鼻咽喉科」に行ってます★
アンケート実施日時:2015年9月25日〜2015年10月8日/有効回答数:3,931