せんべいを買う・選ぶときに大事な点 1位は「味」、2位は「価格」

せんべいを買う・選ぶときに大事な点 1位は「味」、2位は「価格」

せんべいを買う・選ぶときに大事な点 1位は「味」、2位は「価格」

総計で見ると1位は「味(しょうゆ、塩など)」で53%と過半数超え、2位は「価格(コストパフォーマンス)」で46%、3位は「原料の産地(国産米など)」で38%、4位は「硬さ、やわらかさ」で37%、5位は「メーカー」で24%でした。

■若い世代は価格や包装形態、60代以上は原料、産地が大事!
年代別でみると、若い世代ほど重視していたのは「価格(コストパフォーマンス)」「包装形態」。一方、60代以上は他の世代と異なり、「原料の産地(国産米など)」「原料の種類」「名産品であること(草加、南部せんべいなど)」をかなり重視しているようです。

ちなみに男女別では、「包装形態」で差がつきました。男性11%に対し、女性34%。一度に食べきれないので、個包装のほうがしけらなくていいし、誰かにあげるのにも便利ですよね〜わかります(´▽`)

アンケート実施日時:2015年10月30日〜2015年11月5日/有効回答数:3,497

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

江戸時代から続く一口坂のあられ処のおかき、あられすべてが感動モノの美味しさ。百貨店などに出店しておらず、その店に行かないと購入できない。イタリアに旅行した際、とてもお世話になったレストランのオーナーにお礼としてさしあげたところ、えらく感動され、翌年、そこのあられやおかきを買うことが目的でそのイタリア人が東京まで来てしまい、大ビックリしたことがあった。それ程、食通のイタリア人にも受けるほんとうに世界に通用するおいしさ。
59才 東京都 未婚 女性

その店に行かないと食べられないおいしいおかき、と言われてせんべい好きの血が騒ぎました(>//<)これは行ってみなければ、と早速検索させていただいたので、近いうちに買って食べたいと思います〜♪
調査団編集部: マリカナ団長

もち吉「餅のおまつり・しょうゆ味」です。最初は近所の方から戴いたのですが、シンプルな味と、食べた時の食感が絶妙で以来、我が家のヘビローです!お中元やお歳暮でも必ずこのせんべいの詰め合わせを送ってます。もちろん先方からも大好評で、毎時期送ってます。
49才 神奈川県 既婚 男性

誰かにもらって食べておいしい! まではよくありますけど、それを自分で買いにいくってよっぽどおいしい証拠ですよね。もち吉、チェックチェック★そして私にも誰かくださいw>▽<
調査団編集部: カワンヌ副団長

市販のせんべいに大きな違いはないと思って今までは購入していましたが、その中でこれは他製品とは違うと感心させられたのが亀田製菓の「手塩屋」です。特に「だし塩味」は絶品。せんべいにダシを効かせるという発想も斬新ですが、とにかく味の深さは他のせんべいの比ではありません。スーパーなどでは比較的安価で売られておりコストパフォーマンスもいいです。菓子類を買いに行って「手塩屋」が目につくと、真っ先に買い物カゴに入れてしまうくらいのファンになりました。
53才 神奈川県 既婚 男性

「手塩屋」私もよく買いますよ〜! 亀田製菓さんに間違いはない、って勝手に思っているのですが、「手塩屋」は本当においしいですよね♪ ちょっとでこぼこふくらんでいるところがまた大好きです///
調査団編集部: マリカナ団長

成田山新勝寺の参道のおせんべい屋さん。子供が自分のお小遣いでせんべいをかおうとしていたら、ちょっと頑固そうで子供が一見引いてしまいそうな風貌の店主が、「ちょっと待てるか?」と子供に話しかけ、しばらくして焼きたてのせんべいを渡してくれた。子供のお小遣いで買うたった1枚のお煎餅、店主のせんべいへと子供への愛でとても美味しかった。粋なおせんべい屋さんがいつまでもありますように。
51才 山形県 既婚 女性

南部せんべい(胡麻)を油で揚げた、その名も『あげせん』!!大好きな胡麻がみっちり詰まった南部せんべいがただでさえ大好きなのに、さらにそれを揚げてるんですよ。美味いわけですよ。揚げたことによって胡麻の風味は上がり、そしてより軽くなる口当たり。カロリーオーバーなど気にすることなく見かけたら即買い!! といった感じです。ハイ。今度、水飴挟んでみようかな……。
49才 北海道 既婚 男性

近所のスーパーで見るからに美味しそうだったのでたまたま購入した「いぶし銀」というおせんべい。開けたら止まらずに一袋食べてしまうぐらいに美味しかったので、何度かリピ買いして楽しんでいたところ、ある日それがTVで紹介された途端にスーパーの店頭から姿を消し、ネット購入にも数千円のプレミアがついていた。こんなことならもっとたくさん買っておけばよかったと後悔すると同時に自分の美味しいものへの感と味覚は間違っていなかったと自信を持った。
55才 兵庫県 既婚 女性

小倉山荘の「嵯峨野焼き」甘醤油味で食べだすと止まらなくなります。「鬼あられ」七味・一味・山椒の各バージョンがあり、どこの、という訳では無くおいしいです。堅めのものが好みです。小学校に上がる前から大好きで、量り売りのお店でよく買ってもらっていたことを思い出します。あと、驚いたのはナンと言っても伊賀名物の「かたやき」です。木槌で割って食べないといけない程堅くて、噛めるのか?と思ったら、小さくなれば意外と食べやすかったギャップが印象的でした。
52才 京都府 未婚 女性

最近、信州の味噌せんべいをもらった。四角くて、高松の瓦せんべいの半分ほどの大きさ、封を開けると味噌の風味がとても香ばしく、一口に割って煎茶で美味しく頂いた。信州味噌の風味が日本酒にも合いそうな〜と思いつつ、次の機会に思いをはせて。
67才 神奈川県 既婚 女性

意外にバリエーションが多い岩手の南部せんべい。ゴマが基本で砕いたピーナッツも基本。しかし今はかなりのバリエーションがある。ピーナッツがそのままのクッキー系の物や、スライスしたアーモンドも旨い。かぼちゃやサツマイモもいける。せんべいは醤油でしょという人には基本のゴマに醤油をぬって焼いた物もいい感じだ。中でも一押しはサキイカ。細かくしたサキイカが南部せんべいにのっかていて香ばしい。岩手出身の人にあれは邪道だといわれたが、旨い!基本形がゴマに塩味とシンプルなので色々なトッピングが楽しめるわけだ。あとは南部せんべいを焼く時にはみ出るミミ。これにチョコレートがかかってるのもおいしい。コストパフォーマンスで言えば「われせん」。文字通り何かの際に割れてパッケージングできないものを集めたお買い得品も捨てがたい。味も風味も同じだが、見た目が悪いだけ。一枚一枚きちんとしたものより量が多くて安い。どうせ食べる時に割ったりするのだから、普段は「われせん」。後はそのときの気分しだい。
60才 宮城県 既婚 男性

天乃屋の「古代米煎餅」。天乃屋と言えば「歌舞伎揚」で有名。でも古代米煎餅は知る人ぞ知る隠れた逸品。見た目はライスチョコのよう。でも食べるとそのモチっとした食感とお米のうまみが口に広がり、食べているうちまた食べたくなってしまう。スーパーであまり扱っていないので、うちでは専らネットで購入しています。誰に勧めても「美味しい!」と言われる古代米煎餅。ぜひ一度お試しを。
50才 東京都 既婚 男性

故郷を出て50年以上、一昨年切っ掛けあって小学生時代の友人と交流が復活しました。水海道町に嫁いだ彼女が「近くの何でもない店のせんべい……」と送ってくれた「あとひきせんべい」、気取らず昔からの丸い醤油焼きのものですが、素朴で美味しく、本当に後引き、つい「もう一枚」と手が出てしまいます。手の込んだ贅沢なお菓子が豊かな今、懐かしさもありますが、真に美味しいものに出合った気がして感動しました。地元では有名なそうです。
78才 東京都 既婚 女性

海外在住ですが、おせんべいは、いつも常備してます。友人へのお礼や、家族がつまむのに。子供と主人はのりをまいた品川巻きがすき。私を含めてすべてがすきなのは、東京浪花のさざれ石。いろいろな味があって、見た目もよくて、いつも日本から取り寄せています。
50才 千葉県 既婚 女性

わざと割せんべいという、初めから割ってあるせんべいの絶妙な割り方が気に入っています。
60才 東京都 既婚 男性

秋田の「納豆せんべい」が美味しいです。しっかりと納豆感があります。
43才 福岡県 未婚 男性

勘三郎せんべい、板橋の安藤の炭焼せんべい、亀田製菓の堅ぶつしお味(コンビニ向60g)、栗山米菓の渚あられ(しょうゆ)50g。どれも身近で売っていない為、入手に一手間かかる。が、ぴったり好みに合っているので他のせんべいは食べたくない。

坂角総本舖のゆかりです。名古屋はいいイメージが全く無いまま16年の勤務を終えたのですが、唯一これは別格でした。ゆかりっていうんで甘いお菓子とかふりかけなどを想像したのですが、これはまさにせんべいの中のせんべい!米菓王国新潟出身者の僕も脱帽でした。
51才 新潟県 未婚 男性

先日、友人達と共同で大量買いした品…新潟のメーカーでしたが、新食感? 既存の煎餅と厚切りポテチを足して2で割ったような食感でした。お味も大変美味しく、アッという間に食べてしまいました。 また購入しようと考えています。 
57才 奈良県 既婚 女性

今まで食べた中で一番おいしいと思ったのが、千葉県の成田山の参道にある手焼きの煎餅でしょうか。焼いているそばで売っている(と言うより、焼いたそばから売れていく)のですが、タイミングが良ければ、焼きたてのアツアツの煎餅を入手できます。当然、その場でばりばり食べるのですが、醤油の香りがプンと香って、おいしいです。焼きたてをその場で食べるのがこんなにおいしいというのを初めてそこで知りました。個人的にはおすすめです。
53才 千葉県 既婚 男性

子供の頃に食べたせんべいです。団子屋なのですが何も味付けしていないせんべいに、別添でみたらし団子のタレが付いていて、そのタレをせんべいに付けて食べるのですが、絶品でした。阪神淡路大震災で無くなってしまいましたが。
48才 栃木県 既婚 男性

カレーせんべいはかなり辛いが、手が止まらない!
42才 大阪府 未婚 男性

子供の頃のおやつの好物に自家製の揚げあられがあった。餅搗きの後で切り餅を作る際に出た端切れを、再度細かく切り乾燥させ、油で揚げて塩を振ったもの。ただ、切るのは子供のため、大きさはバラバラになるしで、それで揚げ具合もバラつき、揚げ不足で硬いものや、揚げすぎで黒くなったものもできてくるが、それはそれでまた楽しみのひとつで、どう作っても自作品だからおいしかった。最近は、餅をそれほど食べなくなったので、やってないが、思い出して、スーパーの切り餅からまた作ってみたくなった。
65才 群馬県 未婚 男性

子供〜40代までは厚くて硬くて大きい品が好きだったけど、近頃は歯に優しいものを食べています。情けないやらさびしいやら^^;仕事のお得意様や私的贈答などには詰め合わせをお持ちすると喜ばれます。日本人なんでしょうかね。今は近くのお寺の境内へ孫と散歩に行くと門前の焼き立ておせんべいを一緒に食べます。孫は海苔で巻いたお値段のいもの。私は一番安いものですが、固くなくパリパリして美味しいですよ^^
67才 東京都 既婚 男性

「激辛」という言葉の創造店である、神田淡平の元祖激辛煎餅。大学時代に、辛党の私に食べられるものなら食べてみろ!と言われ、立て続けに3枚食べたら、世界記録だと言われた…米の量よりも唐辛子の量の方が多いせんべいは、このお店だけだと思います。市販の唐辛子をまぶした激辛せんべいとは一線を画する、「唐辛子に米分を練り込んだ」本格的な正しく激辛せんべいです。
55才 福島県 既婚 男性

仙台に暮らしていた子供のころ、山形の「酒田米菓」というメーカーの「オランダせんべい」という商品があってとても好きでした。おせんべいといえば、醤油味が主流だったのに、うす焼きで塩味が効いたいわゆるサラダせんべいは、すごく新鮮でおいしかった記憶があります。今では似たような味のせんべいは多くありますが、自分にとってはあれが、塩味、うす焼きのせんべいの原点です。
55才 千葉県 既婚 男性

播磨焼の朝日上げ。今だにおかきはこれ一本ヤリ
66才 兵庫県 既婚 女性

何でもできたて焼きたては最高ですが、鎌倉の駅近くに小町通りがあります。お店の名前は忘れましたが、手焼きせんべい屋さんがあり、ここの「醤油」が絶品です。まだ学生だった頃や20代だった頃は、同じ小町通で違う場所にあったと思っていましたが、15年ぶりに3回目に尋ねた一昨年は立派なお店の中に鎮座しておられました。味は変わらなかったので非常に良かったです。
55才 鹿児島県 既婚 男性

仕事の帰りにいつもと違う道を歩いてみると煎餅工場があった。工場と言っても老夫婦がバターせんべいを手焼きしている昔ながらの木造平屋の建物で、引き戸を開け放していたのでふらふらと入って失敗した煎餅を一袋買って帰った。その後すぐに仕事を辞めたので懐かしく思い出していたが、10年以上経ってからスーパーで売られるようになった。代替わりして機械焼きになったのかなと想像して複雑な気分になったが購入して食べてみたらあの日と同じ味だった。
55才 北海道 未婚 女性

麻布十番「豆源」のおかき。初めての東京出張からよく購入するお土産。出張から帰って暗い玄関に荷物をおきっぱなしにしてリビングに入ったら1歳半の、暗いところは怖がって絶対に行きたがらない娘が、暗い玄関めがけて突進。お土産のおかきの袋を持ってダッシュで戻ってきました。1歳ぐらいのとき1度食べさせてだけでも覚えていたようです。
42才 愛知県 既婚 男性

広島県の東北部、岡山県境に接した町で子供の頃田舎で食べたポンせんべい、これが大好きですが、数年に一度の訪問時にしか食べられません。米と砂糖の他大豆、粒のトウモロコシ等の好きな混ぜものを持って行くと、おじさんが大きなアルミのボウルに持ち込んだ材料と少々の水を入れて均一にかき混ぜたものを大スプーン一杯分、先が15cm位の円形で細い柄の付いた二つあわせの鉄製焼皿の上に載せてはさみ、これを七輪の火に掛けながら大きなねじで圧縮出来る器具に掛けて暫く焼き、その後、ねじのハンドルを急速に緩めるとポンと破裂音がします。ねじを更に緩めて、あぶり皿を取り出し開けると、できあがった白く丸いせんべいが香ばしい香りと共に出てきます。米1升で手間賃は500円位と安く、記憶が定かでありませんが、100枚以上できたと思います。半月以上の姉と小生のおやつになりました。旅行中に方々で探しましたが、このようなせんべいは、岡山県の北部に醤油味のものがあるだけで、その他では米粒をはじけさせたポン菓子しかないようです。ポンせんべいの少し固くて、甘い、香りの良いせんべいにはお目に掛かっていません。
71才 兵庫県 既婚 男性

姫揚げ、という、歌舞伎揚げの小さいやつ(少し唐辛子足し)が最近売っていないような気がするんですが、どうですかね。子供の頃、あれを「もういらない」と思うほど食べてみたかった。あと、南部煎餅とか落花煎餅とかの小麦系の「なんとなく好き」感の無敵さ。
52才 東京都 既婚 男性

子供の頃旧正月に餅と別に搗いたあられ、そしてゴマ、大豆。あおさなどを入れたおへぎに醤油をつけて火鉢でやいたあの味が今でも忘れられない。当時はお菓子なども種類が少なかったのでそのように感じたのかもしれないがさっぱり味でサクサクッと口の中で溶けるような感触が懐かしい。
77才 愛知県 既婚 男性

せんべいと言えるか?だけれども、新潟の浪花屋の柿の種とスパークリングじゃなくて本物のシャンパンのコンビがあれば、大抵の嫌なことは忘れられてストレス吹っ飛ぶ。浅草の鷲神社の方に近いおせんべい屋さんはとっても美味しいけれど、あの並んで待って買うのが耐えられない。なので、普段は人形町の草加屋で買う「三木助が金庫にしまって弟子に隠して食べていた」というおせんべいを食べる。子どものころ、埼玉の親戚宅に車で行くときに草加を通ると、必ず父が途中で買っていた草加せんべいはたまらなく美味しかった。商店街とかからは外れていて、細い砂利道に車を停めて父が路地に入っていって買ってきた。小さな工場のようなところだったと思う。車の中でおせんべいが到着するのを待って待って食べたあの味は最高だった。街はずれらしく、電車で埼玉に行く時は買えないのでたまに車で行くのが楽しみだった。今ではどこだか分からない。今もあるのかな?
50才 東京都 未婚 女性

知多半島と三河一色のエビセンベイ。伊勢湾、三河湾のうたせエビを使ったエビセンベイはサクサクの食感と濃厚なエビの味が忘れられなくてときどき購入します。ついでにいかせんべいも買うことがありますが、イカの姿焼に勝るとも劣らない味ですヨ !!
66才 愛知県 既婚 男性

昔、まだ私が幼稚園とか小学校低学年くらいだったころ、父と二人ではまっていた「海老おかき」がありました。でも父も単身赴任でいつも食べているわけではなかったので、いつの間にかそのおかきは姿を消し、どこを探してもなくなってしまいました。製造元の会社名も販売者名もわからず、「海老おかき」を見つけると買ってみるのですが、その味のおかきはもうどこにもありません。あの味がまた食べたいです。
41才 東京都 未婚 女性

高校のとき、東京のお土産で草加せんべいを買ってくるのがブームになった。みんな詰め合わせを買ってくるのだが、必ず一枚、唐辛子が全体にまぶしてあるのが入っていたのをよく覚えている。もちろん、自分自身も受験で東京に行ったとき、お土産に草加せんべいを買って持って行ったが、選ぶ基準は見た目が強烈に辛そうな一枚が入っているものだったように思う。
45才 埼玉県 未婚 男性

「平治煎餅」これにつきます。その昔平治という孝行息子が病気の母親の薬にと禁をおかして阿漕浦で魚を獲ったのがみつかり簀巻きにされて海に投げ込まれてしまいました。バレたのは名前を書いた笠を浜に置き忘れてきたからですが、この故事にちなんだ「笠の御煎餅」として飽きのこない味でずっと親しまれています。津土産にいかがでしょうか。はい。
68才 愛知県 未婚 男性

せんべいは嫌いなのに、鍋に入れて煮込んであるのは美味しかった。
50才 東京都 既婚 女性

旅先で、店頭で手焼きで焼いているせんべいを見ると、つい買いたくなる。焼きたてにしょうゆをさっと一はけ。またはタレの壺にさっとくぐらせて。一枚だけ買ってその場で食べるのが、一番心に残ります。あの、ほんのちょっとの買い食いの魅力がたまりません。
38才 茨城県 既婚 女性

葛飾区亀有の「森田屋の亀の子煎餅」。廃業してしまったが、この店の煎餅が好きで、わざわざ成城から買いに行っていた。同じ地域に、「亀の子煎餅」を売る他店もあるが、不味くて喰えた代物ではない。どうして旨く、評判の良い店が無くなり、いらない店が残るのか…・
56才 東京都 既婚 男性

小さいころから石油の一斗缶でいつもせんべいが我が家にありました。そのころ食べていたせんべいは高齢化のためお店をたたんでしまい。現在は15年近くつきあっているせんべいをを食べています。このせんべいは贈り物としても、大変喜ばれます。柏のお店です。
68才 千葉県 既婚 男性

東京に出てきて、初めて住んだアパートの近くに、小さなお煎餅屋さんがあって、びっくりしました。田舎ではお煎餅だけを売っているお店なんて考えられませんでした。入るにはちょっと勇気がいりましたが、たまにちょっとだけ買うのでも問題ないようなのが嬉しかったです。
38才 東京都 未婚 女性

ピーナツが好きなので、ピーナツの入ったせんべいが好きです。子供のころ駄菓子屋が各家を回って売りに来た時も、祖母にお願いしてピーナツ入りのせんべいを買って貰ったのを鮮明に覚えている。
68才 岐阜県 既婚 男性

出身が愛知である為か、ワンパターンであるが土産として「坂角のゆかり(えびせんべい)」を購入しているが、喜んでもらえるので安心している。自分自身は「ゆかり」が大好きというわけでなく、どちらかというと「ザラメ」のせんべいが好きであるが。メーカー・ブランドに拘りは無い。ただ、10年以上前に住んだ家の近くには小さいがせんべい屋があり、そこで「ザラメ」のせんべいを買うのが楽しみだったことがある。
44才 静岡県 未婚 女性

私は煎餅とは言わず「おかき」と言うので、煎餅というと違和感があります。最近でも毎日のように食べておりますが、不思議なものでメーカー名や商品名を意識したことがないですね。本当に太るのを気にしつつ毎日食べているのですけど、、、。
57才 千葉県 既婚 男性

川崎大師駅から参道に行く途中にあるせんべい屋さんで激辛の真っ赤なのを買ってました。
63才 神奈川県 既婚 男性

ピーナッツの入っている煎餅は食べやすいと長い間思っています。また、私は変な人かもしれませんが湿気でしんなりしたものが好きです。歯に、お砂糖のざらつき感があるものは食べません。
74才 鳥取県 既婚 男性

梅の香海苔せんべい全部の味が楽しめる
67才 神奈川県 未婚 男性

熟年の女性達とお茶飲みする機会が多く、漬物とせんべいは定番のお茶うけですので良く食べます。中でも茨城産の醤油せんべいが最高です。何でも、醤油屋さんが製造販売している手焼きせんべいだとか。埼玉にも小江戸川越に老舗醤油メーカーがあってせんべい焼いているそうです。素朴な味ですが美味しいです。
55才 埼玉県 既婚 男性

昔はオニ霰とかかたいせんべいが好きだったけど…としとともに、歯とかはぐきが弱ったのか、しおせんべいのふわっとしたものとか、栄養によさそうだとごませんべいとかになりました。
57才 神奈川県 未婚 女性