約半数が利用するネットバンキングは、「振込・振替」

約半数が利用するネットバンキングは、「振込・振替」

約半数が利用するネットバンキングは、「振込・振替」

総計で見ると「使ったことはない」の43%を除いて、1位は「振込・振替」で49%、2位は「普通預金の残高照会」で44%、3位は「入出金明細の確認」で40%、4位は「定期預金なども含めた総額の残高照会」で24%、5位は「定期預金の預け入れ・解約」で12%でした。

■ネットバンキングは40代、50代が積極的に利用
年代別に見ると、「使ったことがない」と回答した人は、30代以下は44%、60代以上は53%に対し、40代、50代はともに36%と他の世代より少なく、つまりネットバンキングの利用が多いことがわかりました。利用したサービスそれぞれを見ても、40〜50代の利用が多く、30代以下、60代以上の利用が少ない傾向が出ています。
仕事で遅くなっても、自宅から残高を確認できたり、振り込みができるのは、本当に嬉しいです^▽^
アンケート実施日時:2015年11月27日〜2015年12月3日/有効回答数:3,336