好きな座席位置ランキング 1位「窓側」、2位「主翼より前」

好きな座席位置ランキング 1位「窓側」、2位「主翼より前」

好きな座席位置ランキング 1位「窓側」、2位「主翼より前」

「飛行機には乗らない」の13%を除いて総計で見ると、1位は「窓側」で57%と過半数超え、2位は「主翼より前」で30%、3位は「通路側」で26%、それ以外はすべてひと桁となりました。

■上の世代ほど主翼より前 or 主翼より後方を選ぶ
年代別で見ると、どの世代でも「窓側」「通路側」が人気でした。差が出たのは、「主翼より前」「主翼より後方」の選択肢で、上の世代になるほど、前方・後方を気にして選んでいることがわかります。

ちなみに、男女別に見ると、女性のほうが男性より「通路側」を選ぶ人が多くなっていました。私もいつも「通路側」です〜トイレに立ちやすいほうが気が楽なので(´▽`)

アンケート実施日時:2015年12月11日〜2015年12月17日/有効回答数:3,395

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

着陸時に低いところから見える人間の営みがとても好きだ。成田の場合、偶然見えた九十九里のある街での花火大会。打ち上がった花火が上空で、とはいえ飛行機からは見下ろす位置でボンボリのように丸く輝いて見え印象的である。またゴルフ場のグリーンの上空ではプレーヤーが懸命にプレーする姿に、自分を重ね合わせていることがある。あれより上手いぞと。驚いたのは空路の接近している那覇空港の上空で、目の前をファントム戦闘機が雲の中からまっすぐに急上昇していった。もちろん数百メートル離れていたのだが近くに見え、まさに眼が丸くなった。飛行機の小さな窓からみえる、まるで別世界のできごとに期待して、トイレに行く不便さを考えても、ついつい窓際を予約してしまう。
72才 東京都 既婚 男性

わぁ、飛行機から花火を見下ろすなんて素敵ですね(*´▽`*) ぼんぼりのような丸い花火、私も見てみたいです〜!
調査団編集部: マリカナ団長

国内線の場合、陸地寄りの海の上を飛んでいる時間が多いので、陸側の窓際を第1希望にして、上空からの海岸線、町や山の視界を楽しんでいます。座席希望ができる時には、まず太平洋側の飛行か日本海側の飛行か、飛行ルートを確認して、左右の希望を決めて、その窓際を希望です。普段眺めることのできない高空から地上を眺めるのってすばらしい。雲の上に出て、これ以上ない青い空と雲海に浮かぶ山頂を見るのは、飛行機でなければ見られない景色で、もっとすばらしいですけれど、そんなチャンスはめったにないので。
65才 群馬県 未婚 男性

飛行ルートから確認されるんですね!すごいですー! 私はいつもなんとなく窓際にしちゃっていたので、今度飛行機に乗るときは飛行ルートを確認してみようと思います★>▽<
調査団編集部: カワンヌ副団長

最後列の窓側は3席並びではなく、2席並びが多い。本当の満席でなければ、隣が空席である確率がかなり高い。最高列を嫌がる人が多いからだと思う。仕事でよく海外に行ってたときは、主にはエコノミーを利用していたので、そのことを学んだ。また、後ろを気にせずシートを倒せるのも良い。長時間のフライトで隣が空席で、シートを最後まで倒せると、ホントに楽。
61才 東京都 既婚 男性

後ろを気にせずシートを倒せるのっていいですよね〜! 最後列を選ぶことはあんまりなかったので、今度思いっきりシートを倒したいときは選んでみます(*´▽`*)
調査団編集部: マリカナ団長

国際線のときは、断然トイレの近くがいいです。去年イタリアに行ったとき、3つしかないトイレに何人も並んでいて、しかも、どの列がどのトイレの列なのかも判断がつきにくい状態でした。トイレの近くの席なら、列の様子を見て、すいてるときにすぐ行けるのにって、そのとき思いました。とにかく10数時間も飛行機に乗るとき私にとって最大の問題はトイレ。同じ姿勢で運動しないし、どんどん食事は運ばれてくるしで、おなかの調子がいいときがありません。
60才 東京都 未婚 女性

出張・プライベート含めて飛行機に乗ることが多いのですが、トランジットの時間が限られていたり、到着後できるだけ早く入国審査を抜けて仕事に向かわなければいけないこともあり、とにかく「早く出る」ことを重視して前方・通路側を選びます。機体整備に問題があって搭乗後にも拘らず突然フライトキャンセルというトラブルにも時々合いますが、そんな時も直ぐに出ることができると、別のフライトへの振り替えも一足先に対応できます。
49才 東京都 既婚 男性

最前列は国際線の場合、ファーストクラスの一番前が多い。料理のサービスが一番早いという、食いしん坊の所以でもありますが、前に誰も居ないのが良い。国内線で一番前は議員用ということが多く、採れる確率が少ない。このため非常口の横を狙っていますが、非常の場合ご協力頂きますとのことで、最近は高齢の夫と一緒の時はダメなのです〜
58才 東京都 既婚 女性

*離着陸前後の地上の景色を見たいので窓側の座席が好きです。*一度主翼の横の座席の時があって、翼の一部が〜パーツの名称は知りませんが〜バサバサしているのが見えたことがあります。それがなんとなく怖かったので、翼が目に入らない座席がいいと思うようになりました。
67才 大阪府 未婚 女性

離陸や着陸の際にフラップ(揚力装置)の動きがよく分かるので、フライトシミュレーターで自分が動かしている動きが再現できるから…まぁ、単にメカが好きなだけでしょうが…あ、そうそう、機体によっては、ギア(着陸装置)の動きも確認できます。
55才 鹿児島県 既婚 男性

国際線に乗った時は、お酒を飲んでトイレが近くなるので、トイレから遠くない列の通路側を取ります。たまに歩いてトイレに行くことで、エコノミー症候群も防げます。でも、通路側の方がCAさんにいろいろ頼みやすいので、飲み過ぎ注意です(笑)。
55才 東京都 既婚 女性

お手洗いに立つ時気兼ねがないよう通路側が良い。窓側は寒いので避けたい。前が空いていると足がゆっくり延ばせるので良い。CAさんの前だと色々お話しすることが出来て情報収集に役立つ。
49才 京都府 既婚 女性

緊急脱出の講習会のようなもの?に高校の同級生に頼まれ出たのがきっかけで、飛行機に乗るときには「講習会受けました」というと、必ず右主翼上か最前列左(乗り込み口)で補助役をします。
42才 福岡県 未婚 男性

カメラ機材が有るので前にシートが無いと収納できない。以前空港代理店の方の好意で最前方の席を頂いたが、客室乗務員の方に「荷物有る人が何での席を取った?」って怒られた。
63才 神奈川県 未婚 男性

離陸から急上昇の間の急角度が視認できる。CAにとっては大変な坂でしょうが、この瞬間の風景は、やはりジェット機はすごいなと思う時です。
55才 大分県 既婚 男性

主翼にあるラダーやスポイラーなどの可動部が動いているのを見るのが楽しいし、折角乗る飛行機なので、ゆっくりしたいので。後方が好きです。
58才 愛知県 既婚 男性

主翼前の窓際は客席としてはパイロットに一番近い視界が得られる。主翼付近ではフラップなどの動翼のメカニカルな動き・エアブレーキなど機体運用の状況が楽しめる。主翼付近の出入口(CA席がある)のドアは(機種によるかもですが)普通の窓の上に小窓があって、そこから主翼端までが見通せる。(たぶん飛行中に異常があった場合、乗員が目視確認するためでしょう)
56才 埼玉県 未婚 男性

前が開放されているので座席を倒される心配がなく、また圧迫感もストレスもなくゆったり過ごせるので、追加料金を払ってこの席を取っている。さらに左右どちらかが解放されている通路側の席が取れれば万点。とにかく、閉ざされた空間に12時間以上座っているわけだから、せめて座席の周りは開放的にしないと、旅行が苦痛になる。
54才 大阪府 未婚 女性

家族以外の人が隣席にいるのがストレスなので、できれば2席しかない後方の窓側がよい。無理なときはトイレに遠慮なくいける通路側、3−4−3なら4の通路側がベター。窓の外の景色なんて離陸・着陸時にしか見えないので、ロングフライトの時は絶対に通路側を希望する。
52才 大阪府 未婚 女性

たまたま非常口の横をとったとき、足が伸ばせて快適だった。通路側は最大の条件で特にエコノミーの時は必須ですね。中の人がトイレに行く度立たなくてはならない。寝ている時などは最悪、トイレの傍は人通りが激しくて落ち着かない。出入り口の近くは前が広く降りる時に1番に降りられる。
84才 神奈川県 既婚 男性

予期不安が強くすぐお腹を下すのですぐにトイレにいけるよう通路側、なるべくトイレの近くに席を予約します。最近は国内旅行程度の時間ならばトイレに立つことは滅多にないものの、少なくとも通路側に座るのは習い性になってしまっています。
44才 大阪府 既婚 女性

最後列が好きです。自分の座席の前までの搭乗客がある程度いなくなった通路をゆったりと歩いて飛行機を出るのが好きだから。急いで飛行機を降りようとする人々がわずらわしく思えるからです。(急いでいる場合のことは棚に上げての意見ですが)
45才 京都府 未婚 女性

昼間は何時間でも外の景色を眺めていても飽きないし、たまには海とか山など素晴らしい景色があれば写真撮影もできるので楽しみに外の景色を眺めています。また夜になったら景色が見られなくなるので、トイレの近くがいいです。
74才 兵庫県 既婚 男性

窓側にたまたま乗ると外の景色が見えるからですが、空高く飛んでいる時は雲の上で何も見えないことが多いので、最近は何処でもいいという感じです。だけど真ん中は両隣から圧迫感があって原則いやです。
85才 北海道 既婚 男性

大人数が乗るジャンボだと、出入りに時間がかかるので、搭乗口に近い席だと嬉しい。でも基本的には何処でもいいと思う。席自体の場所より、隣に大柄な方が座っている時の方が辛い。
46才 東京都 未婚 女性

素晴らしい景色を楽しむには絶対窓側。一方、特に見るべきもの無い夜間等はトイレを考えて通路側に。そして万が一の場合は前方より後方の方がひょっとすると微妙に安全かも。
68才 大阪府 既婚 男性

窓際なら外がよく見えるし、通路の近くなら隣の人に気兼ねなく歩ける。最前列なら足が延ばせるし、中央スクリーン前なら飛行機を楽しめる。
45才 神奈川県 既婚 男性

トイレに立ったり、到着後に出るのも通路側がストレスが無くて好き。さらに窓側は富士山とかよく見ることできるけど、隙間風っぽくて寒い。
64才 熊本県 既婚 女性

通路側=機内内部の移動が比較的自由。主翼付近=揺れが少ない。トイレから離れた位置=乗客の移動が少ない。非常口の横=足が伸ばせる。
80才 神奈川県 既婚 男性

近距離は急ぐので、着陸したらすぐに出て目的地へ行きたいから。長距離は気分もゆっくり、トイレに行く時にすぐに行けるから。
67才 神奈川県 既婚 女性

主翼が見えない最前列の窓側は妨げられるものが何もない。まさに空間を飛行している実感がありワクワクします。
55才 福岡県 既婚 女性

国際線ではトイレに行くことがあるので、通路側がよく、国内線では邪魔されずに眠りたいので窓側がいいです。
65才 神奈川県 未婚 男性

高所恐怖症なので、外が見えない所に座りたい。そして、できれば飛行機は使いたくない。
42才 東京都 未婚 女性

窓際は通路側や真ん中に比べると落ち着ける。外の景色を見ることができる。特に出発の際に、係りの方が手を振ってくれるのを見るのが楽しみなので。通路側は、人が通ったり、トレーが通る時にぶつかったりするので、避けたい。トイレの側は人がトイレを待ったりするので、うるさい。前のほうが出やすいので。後ろだと前がすべて出てからじゃないと出ることができないので。
50才 千葉県 既婚 女性

真ん中のシートは狭い感じがして出来るだけ避けています。窓側は下に街の様子を見る事ができるので好きです。この景色は飛行機に乗らないと見れないものだと思います。通路側はトイレの移動などの時に他人に気を使わなくていいので好きな場所です。プレミアムシートは一番贅沢な感じがしてそれなりにお高い料金でも空いていれば(金銭的な余裕があれば)選ぶようにしています。
62才 埼玉県 未婚 男性

海外旅行は搭乗時間が長くとてもつらいそのために景色など見れる窓際が最高であるしかし主翼付近は絶対ダメです、イライラしてしまう
69才 埼玉県 既婚 男性

乗り降りに時間が掛からないし、通路側だと通路に足を投げ出せるので楽だし、トイレに行くにも隣を気にせずに済むから。
57才 千葉県 既婚 男性

窓際は外を見るのが好きだから。後方はある事故での生存者が後ろの席に座っていた方が多かったような記憶があるから。
44才 愛知県 未婚 男性

出入り口部分は床面積が広く足が延ばせる。また離着陸の際はジャンプシートのCAさんとお見合いになる。
72才 埼玉県 既婚 男性

なかなか思うような場所が取れませんので、苦にしませんが、出来れば窓側にすわっみたいと思います。
80才 愛知県 既婚 男性

特に希望はありません。強いていうなら、混んでいないときは、隣に人がいない席、でしょうか。
55才 東京都 既婚 女性

窓側はトイレに行けないから機体の中心に座ると横揺れが少なそうだから
62才 大阪府 既婚 女性

主翼より後方の窓側は雲や大地の風景を見る事が出来る上、写真撮影にも好都合の席。
75才 大分県 既婚 男性

進行方向左側は降りる人のプレッシャーがあるため
42才 千葉県 未婚 男性

ビールを沢山飲んで、頻繁にトイレに行くので…
54才 徳島県 既婚 男性

事故の際、すぐ脱出できるよう。
65才 長野県 既婚 男性

いつも晴れてる雲の上の景色最高!。
59才 京都府 既婚 男性

乗ったことがないのでわからない。今後も乗るかどうか不明。
40才 新潟県 未婚 男性

どの席であろうと乗らないのであります!
57才 愛知県 既婚 男性

60年間生きてきて珍しいとは思われますが、生まれてこの方飛行機には乗ったことが有りません、今回のアンケートには役不足と思われますが足からず
60才 北海道 既婚 男性