好きなチョコ味の食べ物ランキング1位「ナッツ系」「生チョコ」

好きなチョコ味の食べ物ランキング1位「ナッツ系」「生チョコ」

好きなチョコ味の食べ物ランキング1位「ナッツ系」「生チョコ」

総計を見ると、1位は「ナッツ系(アーモンド・ピーナッツなど)」と「生チョコ」が同率で52%と過半数を獲得。3位は「アイス」で43%、4位は「ケーキ(ガトーショコラなど)」と「エクレア」が同率で41%でした。

■女性の1位は「生チョコ」で66%が支持
男女別でみると、あらゆるチョコレートで女性が男性を上回っていましたが、中でも差が大きかったのは「トリュフ」(28%差)、「生チョコ」(18%差)。逆に差がほとんどなかったのは「アイス」(2%差)「エクレア」(3%差)でした。

ちなみに「生チョコ」が好きな割合を年代別でみると、40代以上はいずれも50%前後でしたが、30代以下はなんと71%と飛び抜けていました! 若い世代は生チョコが好きなんですね★

アンケート実施日時:2016年01月29日〜2016年02月04日/有効回答数:3,364

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

結婚した頃、スーパーでストロベリーチョコを発見。まだあったのか、昔良く食べたなぁと懐かしさもあって買ってみた。バーボンに良く合って翌日に箱買いして毎日食べていたら3か月で10キロ太った。周囲には妻の手料理が美味しくてと大うそついていた。
55才 埼玉県 既婚 男性

3カ月で10キロΣ^▽^ちょ、チョコレート怖い。汗w 結婚してすぐだったから、みんな幸せ太りだって信じたんだろうなぁw
調査団編集部: カワンヌ副団長

子供の頃はあまり好きではなく、唯一おやつの時に姉と喧嘩をしなかったポッキー。姉がチョコを舐め、残ったプリッツ状の部分を私が食べる。当時は、両者満足していたが、今考えると、かなり異常な姉弟。私的にはチョコなんて、甘いだけでお腹にたまらないのになんで姉はそんなものが好きなのだろう。と思っていた。
48才 長野県 未婚 男性

あ、でもちょっとコレわかります〜! 私も子供の頃、きのこの山のチョコ部分を食べてもらって、残ったビスケット?の部分を食べてましたw チョコがあまり好きじゃなかったのですが、チョコがほんのりついているビスケットは好きだったんですよね(´▽`)
調査団編集部: マリカナ団長

丸くて大きくて口に入れるととろけるリンツのリンドールが好きです。職場の後輩がチョコレートに目がないという話をしているのをたまたま耳にしたので、リンドールをプレゼントしました。それまではあまり口をきいたことがない後輩だったんですが、リンドールを気に入ってくれたのか、それをきっかけに話をするようになりました。
59才 大阪府 未婚 女性

先輩やさしい!!>//< 直接本人に言ったわけじゃないのに、大好きなチョコレートを突然プレゼントされたら、すごくうれしいですね! マリカナ団長、私、ゴ○ィバのチョコが好きです、チラッ★
調査団編集部: カワンヌ副団長

終戦まもなく 小学校入学まえのころのことです。岩国の親戚に行ったとき 近所に住んでいたアメリカ人の方に「ハーシーのチョコ」と「コカ・コーラ」をいただきました。コーラはなじめませんでしたが、チョコは甘いものに飢えていた私にとってまるで魔法のお菓子でした。翌日チョコを2個ポケットに入れて「錦帯橋」の上で食べ、その銀紙を落とすと水面をきらきら輝きながら流れていったのを思い出します。何年か後のこと、バレンタインディに娘にチョコを貰い「オランダのチョコはおいしいでしょ」と言われたのですが、私にとってはあのときの「ハーシー」の味が忘れられません。
74才 広島県 既婚 男性

ゴディバとかの高級美味しいチョコも大好きなのですが、セコイアチョコレートや駄菓子屋で売ってる5円チョコ等のチープな味も好きで、見掛けるとついつい買ってしまって友人から奇異の目で見られます。チロルじゃダメなんです。もっとチープなあの味と食感が癖になるんですが、同意を得られたことは今まで一度もありません。
45才 神奈川県 未婚 女性

小さい頃からチョコレートはさほど好きでは無かったが、クランキーチョコレートを食べた時にこ初めてチョコレートをおいしいと思った。その後チョコレートを買って来てくれる機会がある度にクランキーをお願いするのだが、商品名を覚えておらず、また、当時は中身が何かもよく分からなかったため、一生懸命説明をしたにもかかわらず、毎回貰えるのは違う商品であった。次に口にすることができたのは、お小遣いで自分で自由に買い物ができるようになる数年後でした。この時に購入して食べたチョコレートの味が一番おいしかった気がします。
46才 神奈川県 既婚 男性

チョコレートが大好き、特にベルギー製ゴディバ、息子が帰国の際のお土産定番は、Old Gouda チーズ、MACALLAN SELECT OAK コレクション 1824スコッチウイスキー、GODIBA チョコレート、毎年帰国するとは限らないので、息子のお土産のチョコレートは一度に食べないで、1か月2個と決めて冷蔵庫に保管、1年もかかって食べ終えたこともある。今どき、ベルギー製のチョコはどこでも手に入るが、自分で買ったり知人から頂くのと息子のお土産は意味合いが違う。一つずつ宝石のよう形や味わいも違うチョコレートを慈しみながらいただく。何とも、我ながらあきれている。
77才 滋賀県 既婚 女性

中学1年の時、ロッテガーナチョコレートが新発売されてそれは画期的なことだった。お小遣いが少ないので買ったことがなかったある日、掃除時間にクラスメイトが「やるよ。おいしいから。」と言ってポケットからガーナミルコチョコレートを出して半分くれた。その人は当時、不良というレッテルを貼られた派手な女の子だったが私は特に何とも思ってなかった。遠巻きにしているクラスの人たちの前で私は「ありがとう!」と言ってもらった。それはそれは美味しいチョコレートだった。今でも変らずに好きで食べている。あの彼女、どうしているかなあとよく思い出す。
64才 熊本県 既婚 女性

学校に上がる前だったと思いますが、父方の祖母が亡くなりました。そして、父が持って帰ってきた位牌のまわりには「あの」明治の板チョコが文字通り山のように積み上げられていたのです。父に訳を聞くと「おふくろはチョコレートがもう大好きだったんだよ」とのこと。その父も、晩年老人ホームに入居していた頃、箱いっぱいのチョコレートを一気に食べて、鼻血(!)を出し、担当のヘルパーさんにガッツリ叱られていました。血は争えないのですね、わたしもチョコレート、大、大、大好きです。
64才 神奈川県 既婚 女性

子供の頃、上野アメ横入口のチョコのたたき売りを見ているのが大好きで、いつか買ってやると思い、正月のお年玉から1000円を握りしめて買いに行った。次々と威勢のいい掛け声とともに積み上がるお菓子に、子供相手で1人で行ったのが功を奏したのか、とてもオマケしてくれて嬉しいやら恥ずかしいやらで、今でもハーシーズを食べるとあの時を思い出します。
43才 埼玉県 既婚 男性

20歳の頃、バレンタインデーに彼氏に贈ろうとケーキ屋さんでハートのチョコを作ってもらいました。ラブミーテンダーなんて書いてもらい、彼には喜んでもらいましたが、翌年にはあっさり別れちゃいました。今みたいに、バレンタインデーがメジャーじゃない頃です。ケーキ屋のオジサンも初めての注文だ、と言っていました。
65才 大阪府 既婚 女性

子供の頃(60年以上前)大手メーカーが作ったチューブ入りのチョコレートが大好きでした。 小遣いを貯めてこれを買うのが楽しみでしたが、親は虫歯が出来る、無駄使いと反対していましたが、狭い押し入れに隠れて食べて居ました。ある夜、布団を敷こうとした処、敷布団にチョコレートがついているのが見つかり、大目玉、泣きながら寝た記憶があります。
71才 兵庫県 既婚 男性

フィリピンマニラに行った時のこと、夜になりみんなで外で酒盛りをしていた時でした、いろいろなつまみがある中で、誰かが持ってきたチョコレート、名前はLaLaと言いますが、少しミント系の味で、パリパリ感は全くないのですが、どちらかと言うともちもち感がありますが、これがビールに非常によく合うおつまみで、帰りにいっぱいお土産に買って帰りました。それ以来会社へのフィリピン土産は、いつもLaLaです。とにかく安いのでいっぱい買って帰ります。
61才 群馬県 既婚 男性

中学校の同級生からバレンタインデーに貰ったキスチョコ。彼女は放課後に渡す計画らしい。私は貰えることを確信していたのですが、もし、貰えなかったら、ショックが大きいので、放課後の掃除当番をサボって逃亡。小心者の私でした。私の逃亡を察知した彼女が必死に追い駆けてきて、無事?にチョコを受け取り、それから10年以上にわたる交際となりました。結局、お別れとなりましたが、ハーシーズのキスチョコの強烈なミルクの香りと甘さは、私にとって、時々ほろ苦い思い出です。もちろん、妻には内緒…
54才 徳島県 既婚 男性

「ひと粒おいくら」みたいな丁寧製法の高価なチョコレートを貰い、価格に恥じぬ物凄いおいしさに感動した。しかし、めったに来ないいとこが遊びに来たので「おいしいよ〜」と振舞ったら一瞬でなくなってしまい、結局ひとつしか食べられなかった(笑)
52才 東京都 未婚 女性

子供の頃から慣れ親しんだ森永のチョコボール。今でも仕事中に食べたりと、長年お世話になっています。ですが。あぁ、ですが…。一度たりとも「エンゼルマーク」を見たことが無く。…ええ、金はもちろん銀さえも、一度も出たことがありません。買ってあけ口を開き何も描かれていないそれを見るたび、この世に天使なんて居ないんだと、やさぐれてしまいます。
44才 神奈川県 未婚 男性

パリに行った時、いくつかの有名店でチョコを買いました。ユーロ高だったので「高いなあ」と思ったけれど、日本で買うことを考えれば安い!と夫に背中を押され、日本円で一万円くらい使う結果に。帰国してから、ちびちびと赤ワインとともに楽しみましたが、ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのトリュフが絶品でした!
55才 東京都 既婚 女性

戦後の物資の少ない頃、入手したヴァンフォーテンの板チョコを大事に隠し持っていました。甘い物が欲しくなってこの板チョコを取り出し銀紙を剥がしたところ、一面真っ白になってカビが付いた様になっていました。知人に見せたところ「卑しく隠したりしているからだよ」と小馬鹿にされましたが、お腹を壊しても良いと思い、白いカビの様な物を拭き取って食べましたら美味しかったですよ。後で分かったのですがチョコレートの白い物はカビではなく無害だそうです。
80才 北海道 既婚 男性

ゴディバの輸入品として売っていた頃の製品。今は日本のメーカーに委託販売?になり味がちがうようなかんじがしますが、、とにかくチョコが濃かった!ころのザッハトルテとか正方形のシンプルな板チョコ?子供が通っていたピアノの先生がそれが好きでピアノの上においてレッスン時に子供に見せびらかして^^レッスンがきちんとこなせたときだけご褒美にくれるので子供が欲しがり、デパートに行くたびにそれを買って食べるようになり その時以来しばらく私もはまりました。
67才 宮城県 既婚 女性

相撲観戦に行ったという近所の人のお土産、その人と母がおしゃべりしている間に20センチ×30センチほどの絵馬の形をしたチョコを端からがつがつ食べていた小5の私。大人が気づいたときにはもうほとんど食べ終えていて、すごく叱られた。
57才 千葉県 既婚 女性

チョコレートと言えば、終戦後 米兵からもらったチョコレートの味を思い出します。今出ているチョコレートにはこの時の味に匹敵する物は見つかりません。物資の乏しい中でお味ですので印象も強かったのだと思います。
75才 長野県 既婚 男性

昨年娘とベルギー旅行に行った。それまでプラリネはわざわざ自分で購入してまで食べようと思ったことはなく、頂き物でしか食べたことがなかった。が!!せっかくチョコレートの国へ行ったのだからと、手作りチョコレート体験ツアーに参加したところ、出来立てのプラリネの美味しさに驚いた。ガイドさんに現地の美味しいチョコレート屋さんを教えてもらい、チョコレート屋さんめぐりを楽しんだ。店頭でお店のおすすめを数個買っては店内で食べて、気に入ったものをまた追加して買うという、多少お行儀は悪かったけれど、フレッシュ・チョコレートを堪能した。中でもヴィタメール本店のパッションやフランボワーズの甘酸っぱくとろけるフィリングはチョコレートの概念を覆した。どんなに有名なお店の美味しいものでも空輸する間に新鮮さが失われ、味が劣化することを知ったチョコレートの旅となった。
55才 兵庫県 既婚 女性

子供の頃ですが、ブランデー入りのチョコが好きでした。口に広がるブランデーの香りに「あぁ、大人ってこんなふうに感じているんだろうな〜」なんて思っていました。まだ見ぬ大人への扉を開いたような、大人への階段を2歩も3歩も上がったような、なんとも言えない幼き日の感情でした。
51才 長野県 既婚 男性

子供の時、ロッテの「霧の浮舟」が発売になった。エアインチョコで初めての食感。何、これ、美味しい、やめられない、と、夢中になって食べた。食べ盛りだったし、おかげで一気にものすごく太ってしまった。後で知ったけど、あれがエアインチョコの元祖だそうで、子供心にすごい衝撃を与えられた。成長期には、チョコじゃなくてちゃんと血となり肉となるものを食べておくべきだったと、ちょっと後ろめたい気持ちとともに、あのチョコの美味しさを思い出す。
49才 愛知県 既婚 女性

医学的根拠は無いらしいが、子供の頃ナッツ入りのチョコレートをお小遣いを貯めて食事の前に親に内緒で購入して食べて、水芸の様に鼻血を噴き出して大騒ぎになった事が二回程ありました。中学生になったらぶつけた時位で鼻血は出なくなりました。
54才 茨城県 未婚 男性

海外旅行でベルギー観光中、ブルージュでコーヒーとは違う、温かいチョコレートドリンクを初めて味わった。今まで全く味わった事が無い、良い香りと柔らかな味わい。またブリュッセルではゴディバチョコを購入。他店でも色んなチョコがあり、皆美味しかった。ゴディバに拘る事はなかったと思った。
76才 大分県 既婚 男性

マカダミアンチョコが大好きです。旅行中にマカダミアンを売っていたので これ幸いと買ってきました。ナッツを思いっきり食べれると楽しみにしてました。でも固い殻があって、どうしたら中身のナッツ食べれるのやら? 叩いたり色々と試してみましたがお手上げで、結局捨てました。今もチョコを先に食べてしまい、残ったナッツをカリッと噛む瞬間が楽しいのと同時に、あの時の悔しさを思い出します。
73才 埼玉県 既婚 女性

ペロたんってゆースティックタイプのアニメがプリントされてるチョコレートがあったんですが、そのアニメを先に舐めて絵を消してからチョコレートをバリバリ食べるのがとても好きでした。はしたない行為だとは思いますが。。(^◇^;)
50才 大阪府 既婚 女性

子供の頃、卵型のチョコレートで、中の空洞部分にラムネとか小さな砂糖菓子みたいなものが入っていたのが好きだった。いつの間にかお店で見ないようになったと思っていたが、最近スーパーで見かけてちょっと懐かしく嬉しくなった。
38才 埼玉県 未婚 女性

チョコレート大好きです。最近だと、大豆や乾燥納豆との組み合わせのお菓子にはまってます。ただ、食べ始めると止まらない。毎日食べたくなるので、涙をこらえて買わないようにしています。チョコレートって麻薬ですね〜。
48才 広島県 既婚 女性

10年くらい経ったバレンタインで、どんなチョコがイイ?と聞かれ、即座に答えたのが「明治の板チョコ」。この話を妻が職場で話すと「旦那さん通だね!」と言われたそうな。値段が高くて凝った物より、チョコ本来の味がとても落ち着く。
65才 長野県 既婚 男性

先日、13回忌を迎えた母方の祖母が元気はつらつだった頃(40年前)の話です。その頃から、実に先進的なことに、今で言うエコに興味を持っていた祖母は、古着は当然のこと、食べ物の残りや古紙などいろいろなもののリユース・リサイクルを実践していました。そんな祖母が私たち孫の顔を見るために半日かけてやってくる際のお土産に、祖母の家の近くのチョコレート工場から安く買ったチョコレートを持ってきてくれました。このチョコレート、半端物や切り落とし、うまく混ざらなかった部分などを改めて一つにまとめたものとのことで、厚さ1cmもあるぶっかきチョコレートの塊でした。味と安全性に問題は無いとはいえ、要するに今で言う産業廃棄物だったのですが、祖母はもったいないと、kgオーダーで買い付けて孫達に配っていました。ただ、子供の口には大きいし硬かったので、幼かった妹が文句をつけたら、祖母は包丁で器用にチョコレートを削り、削り粉を小さな皿に盛ってスプーンをつけて配ってくれました。普通においしかったと記憶しています。今では考えられないでしょうねぇ。
53才 千葉県 既婚 男性

年寄りと笑われれそうだが、60年以上前に 不二家だったと思うがチュ−ブに入ったチョコレ−トがあった。確か30円だったと思うが子供にすれば大金だったので、遠足や何かの行事にしか買ってもらえなかった。いつ頃に無くなったのか、今でも時々思い出して食べたくなる。
70才 兵庫県 既婚 男性

子供のころ「一粒で二度おいしい」の「アーモンド・グリコ」(キャラメル)にカルチャーショックを受けていたところに「(グリコ)アーモンド・チョコレート」が発売されて感激したことがあります。最近ではああいうホール・ナッツ・スタイルではもう味わえなくなってしまっていることは寂しい限り。復刻版を希求いたしておりますです。はい。
68才 愛知県 未婚 男性

子供の頃はアーモンド・チョコレートを口の中で舐めて、アーモンドだけにして最後に噛んで楽しんだが、大人になって一気に噛み砕くようになり、やはりこっちの方が美味しいと思えるようになった。もっと早くから、噛み砕く美味しさを知るべきでした。
58才 愛知県 既婚 男性

小学生の遠足のとき限度額一杯(おやつは300円までとかいうルール)マーブルチョコレートを持ってきた友達がいてどんだけ好きなんだとクラス中びっくりしました。でもみんなに配って廻ってたので、子供心にいいヤツだなあと感動したのでした。
50才 神奈川県 既婚 男性

子供のころに、「森永ハイクラウン」というチョコがありました。たばこくらいの大きさの紙箱に、銀紙に包まれたチョコ4本入り。普通の板チョコが主流の時代、普段食べているチョコよりも高級感があり、買ってもらえるとてもうれしかった思い出があります。本当に味がよかったのかどうかは、覚えていないのですが、ミルクとかブラックとか数種類の風味があったように思います。また、その紙箱の開け方も当時としてはちょっとカッコよく、食べた後の箱も、とっておいて小物を入れたりしました。昭和の40年代の思い出。
56才 東京都 既婚 女性

私が、保育園か幼稚園の頃、園へ行くのを嫌がって泣いていた時、やおやつに祖母からよくもらったり買ってもらったのが「ガーナチョコレート」と「明治の苺チョコ(板)」です。今でもスーパー等で時々、パッケージを見つけると祖母との思い出が蘇ります!懐かしい…。
46才 静岡県 既婚 女性

私が物心つく前の話です。母親と一緒に帰省した私は、そこで昼寝して、起きた時に母親がいなくて大泣きしながら母親を探し回ったのだそうです。(母親は近所に出かけていたらしい)困った叔父が、ギャン泣きする私を連れて、最寄りの商店(田舎なので最寄といっても徒歩で数十分)までお菓子を買いに出て、そこにあったマーブルチョコを買い与えると、途端に泣き止んでにこにこしたとか……
52才 神奈川県 既婚 女性

ブルボンのトリュフシリーズが安くておいしいので冷蔵庫に常備している。ハスカップジュエリーは北海道特産のハスカップのジャムをビスケット生地ではさんだお菓子ですが、コーティングされたチョコレートも美味しい。空港に売店があるからぜひお試しを。
63才 千葉県 未婚 男性

大好きなリンツの板チョコを買ってきて、せっかくなのでお気に入りの紅茶を入れて、いざ!とチョコを口に入れて続けて熱い紅茶を飲んだら…すぐに溶けてしまって味わう前にのどを通っていきました。もったいない!1日1列って決めて大事に食べていたのに。口溶けがいいにも程があるでしょ…。それからは、しっかりチョコを味わってから飲み物を口にするように気をつけています。
48才 大阪府 未婚 女性

ロイズの板チョコが大好きなのですが、まだ独身だった二十数年前のバレンタインデーで、同僚の娘さんにいただいて初めて食べて以来、好きになったのでした。その娘さんいわく、こういうシンプルなのが一番!だとのことで、なるほどと思いました。余談ですが、職場は老人ホームだったので、お婆様がたから大量にチョコレートをいただいたのも良い思い出です。
49才 北海道 既婚 男性

ザッハトルテが大好きです。先日もネットで購入しました。美味しかったです、特に杏ジャムを挟んでいる正統派が買うときの必要条件です。これが挟まれていないものでザッハトルテを名乗ることは如何なものでしょうか。このケーキがコンビニや普通のケーキ屋で買えたら良いのにと思っています。デパートでも滅多にありません、難は少しのサイズでも1000円以上することです。
67才 神奈川県 未婚 男性

今から30年くらい前に主人が北海道へ出張に行き、お土産にホワイトチョコを買ってきました。それまで白いチョコを食べたことがなく、初めてホワイトチョコを食べて、なんとおいしいんだろうと感激しました。元来ミルク好きでしたので、はまってしまい今もホワイトチョコが一番好きです。北海道旅行の際には必ず白チョコを買ってきます。
60才 広島県 既婚 女性

自宅近所ではあまり扱っている店が少ないが、「ミルカ」のチョコレートが好き。10年以上前にイタリアへ旅行に行ったときに、利用した飛行機がルフトハンザで、機内食で出してもらっておいしかったのがきっかけ。転居前の自宅近辺には扱っている店があり、たまに買っていたが、現在の自宅近辺には扱う店がないので、食べれない。
44才 静岡県 未婚 女性

子供の頃からキットカットが大好きだったけれど、昔はそうそう買ってもらえなかった。子供が手に持つとベタベタにするからだった。大人になり、ある頃から食べ易いミニサイズの大袋が出て来て、今は好きな時に存分に食べられて幸せです! 京都限定の八ッ橋キットカットもすごく美味して、行くと必ず友人の分も買って帰ります。
46才 東京都 未婚 女性

私の子供時代には、チョコレートは戦中、戦後のことで、食べることが出来なかった。戦後米軍が進駐し町に外出する様になり、彼らが子供にチョコレートを顔を見れば呉れるようになり、初めて口に入れた時に苦みがあり、甘いチョコを口に入れた時にこの様なお菓子があることに気が付いた、それ以後口に入るようになったのを覚えています。美味しかった
80才 愛知県 既婚 男性

ボノボンを最初に見たのはドラッグストアの店頭で、30円ぐらいでばら売りされていた。興味をそそられつつも、やけに安いので大丈夫かと怪しむ気持ちもあり、たまたまネットでボノボンのことを書いた記事を読んで、「それなりに美味しいんだ」と納得して購入するまで、実に1年もかかってしまった。
51才 大阪府 既婚 女性

子どもの頃、チョコレートはなかなか買ってもらえなかった。ある日めずらしくチョコを姉弟に一つずつ買ってくれ、食べるのを楽しみにしていたら、母が近所の人と立ち話をはじめ、チョコを近所の子に一つあげてしまった。弟とその子がチョコをおいしそうに食べ、私には「お姉ちゃんだから我慢しなさい」と。いまだに恨めしく思います。
52才 茨城県 既婚 女性

ビター・ブラックチョコ。大病をして食事制限をしていた折。巷に溢れる砂糖がたっぷりすぎるチョコは論外ですが、チョコのいいところでもあるカカオは摂取したいな〜と漠然と考えていたところ、いわゆる「舶来モノ」に「ほとんどカカオやんけ!」なチョコが少数派ながら売られていることを発見。味はしっかりチョコなので、とても嬉しく、ちょっとずつ頂いた思い出があります。友人などにおすそ分けすると「なんだこの苦いチョコ!」となるのですが、砂糖を極端に制限していた私には、十分すぎる甘さでした。ここ数年は国内産でも似たような商品があってヒットしているようです。未だに普段のチョコとしてはカカオたっぷりチョコをチョイスしています。もう砂糖は特に制限しているわけではないのですが、変わらず美味しくいただいています。
46才 東京都 未婚 男性