高校野球の応援ソングランキング 1位は「狙いうち」

高校野球の応援ソングランキング 1位は「狙いうち」

高校野球の応援ソングランキング 1位は「狙いうち」

「特にない」の39%を除いて、総計で見ると、1位は「狙いうち」で27%、2位は同率で「コンバットマーチ」と「サウスポー」で21%、4位も同率で「タッチ」と「宇宙戦艦ヤマト」で18%でした。

■60代以上の1位は「コンバットマーチ」
年代別に見ると、30代以下、40代、50代の1位が「狙いうち」なのに対し、60代以上の1位は「コンバットマーチ」、また2位は全年代異なっており、30代以下が「ルパン三世のテーマ」、40代が「サウスポー」、50代が「コンバットマーチ」、60代以上が「狙いうち」でした。

全部、曲を聞くとあー!やってるやってる!ってなる曲ばかりですね〜(´▽`)私は高校時代吹奏楽部だったので、球場でいろいろ演奏しましたよ〜♪

アンケート実施日時:2016年03月4日〜2016年03月10日/有効回答数:3,258

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

春の選抜に母校が出たので甲子園に行くことが出来ました。その上、勝利の瞬間にも立ち会えて大感激。ちなみに母校の0BにXJAPANのヨシキがいます。紅も聞けて大感激。彼の寄付でバス貸切りの大応援団も来ていました。
69才 千葉県 既婚 男性

母校が甲子園に行ってしかも勝つなんて、それはうれしいですね! 私も母校が出たら甲子園に応援にいきたいなー! でもそんな機会くるのかな…^▽^
調査団編集部: カワンヌ副団長

高校時代夏の県大会の応援に行った。日焼けも気にせず応援して帰宅後身体の一部がヒリヒリしたので確認すると、なんとお尻が…!コンクリートに座っていたので火傷をしてしまったようです。軽かったので医者に行くこともなく跡が残ることもなく治りましたが家族には笑われました。恥ずかしく痛い想い出です。
50才 群馬県 既婚 女性

お尻が!?Σ(;ω;`) 真夏のコンクリートの暑さ、恐ろしいですね。汗 そういえば私も高校のときに球場で演奏していたときの日焼けはひどかったっけ…懐かしいです〜。
調査団編集部: マリカナ団長

里帰りする頃がピーク。今住んでいる所と帰省先が勝ち残っていると、墓参りや親戚のあいさつ回りそして子供と約束した海水浴の時間が…。場合によっては半日テレビに釘付けで、「何しに来たの?これじゃ家にいるのと一緒でしょ?」と、カミさんに叱られる。
60才 宮城県 既婚 男性

アハハッ、確かに里帰りしたのにずっとテレビを見ていたら叱られちゃいますねw でも夏の高校野球もそのときしかないし、見たい気持ちもわかりますよ^▽^b
調査団編集部: カワンヌ副団長

確か…中学3年生の頃、同じクラスの女子達の間で、当時のPL学園で活躍されていた桑田さんが圧倒的多数で人気があり、透明な下敷きにセブンティーンか何かの雑誌の切り抜きを挟んでいた子もいました。私は当時、野球に興味がなかったので下敷きには全く別のアイドルを忍ばせていました。。。
46才 静岡県 既婚 女性

毎年、春夏の甲子園に応援に行ってたのですが、やっぱり清原桑田コンビは忘れられない思い出です。
50才 大阪府 既婚 女性

選抜大会で母校が初出場初優勝した時、帰郷して優勝パレードで祝福した。5年後今度は夏の大会で初優勝。丁度転勤で転居先に荷物を運び込み一息ついた頃、奥さんが急に産気付き、急遽地元産婦人科を紹介して貰い即入院。翌日、母校が準決勝進出決定の瞬間で看護婦は陣痛あればブザーで知らせてと言う事で産室に居ずTV観戦。私も長男とTV観戦中。奥さんは一人、看護婦を呼び出し頑張って二男を出産した。
76才 大分県 既婚 男性

小学生の頃でしたが、球場に入る時間が遅れてしまい、空いているところを求めて入ったのですが、そこは応援する高校と反対側に入ってしまったのです。また、親たちは敵陣に陣取りながら周りの人たちとは何かにつけて反対の行動を取るため完全にアウェー状態。私は子供ながら、恥ずかしやらで肩身の狭い思いをさせられました。
65才 奈良県 既婚 男性

教え子が埼玉の決勝まで進んで、テレビで応援した事。残念ながら負けてしまいましたが、最後まで頑張っている姿を見て泣きました。本人は周りの選手が泣いているのを 気丈にも、にこやかになだめている姿を見て、また泣きました。
51才 埼玉県 既婚 女性

ウチの高校の吹奏楽部、演奏会やるくらい都内有数の腕前。それが野球部の応援にやってくる。OB含め、生徒は皆野球場に足を運ぶ。それは野球の応援ではなく吹奏楽部の応援を聞くため。試合そっちのけで聞き入ってる。その素晴らしい「演奏」は相手の応援団もビックリ。負けた悔しさは、試合そのものより「演奏」がもう聞けなくなる方が上。そんなわが野球部、一度大手新聞のコラムで取り上げられた。見出しは「応援だけは優勝候補!」だった…。
50才 東京都 既婚 男性

母校が21世紀枠で40数年ぶりにセンバツ出場した。初戦で負けるだろうと思い甲子園に応援に行ったらまさかの2回戦進出。まさかと思ったのは対戦相手校の監督もそうで、「末代までの恥、切腹したい」等のコメントをされたそうで当時はちょっとしたニュースになりました。
52才 広島県 既婚 女性

地区予選で決勝に行くなんて聞いたことがない我が母校のチームがなんと決勝に。予想外だったので応援は用意されていず、職員会議で急遽各クラスから2名応援となった。しかーし、学生としては納得いかず、もう2度と決勝に行かないかもしれないのだから全校で応援に行くべき、と全学年に伝令を飛ばし職員室に大挙して押しかけて猛抗議。再度職員会議が開かれその日の授業は中止し全員が行くことを条件に応援に行くことになった。勿論現地で出欠を確認する。まあ結果は予想通り敗退したがとてもいい思い出になっている。
66才 東京都 未婚 女性

もう時効だからいいだろうが、高3の県大会決勝が延長となった時、必ず負けると確信した。理由は、ピッチャーがシンナーをやっていて体がもたないことを知っていたから。そんなことを知らない学校は、事務室の印刷機をフル稼働で寄付のお願いを印刷してたっけ…。
58才 静岡県 既婚 男性

中学までは夏休み、遊びに明け暮れ高校野球が始まると毎日ラジオで朝から晩まで聴き暮れて高校野球が閉幕してから夏休みの宿題に取りかかる毎年だった。お陰で始業式前は徹夜に近い状況で日誌の天気を記入するのに過去の記録を捜す大変な苦労は今も忘れられない苦い思い出だ。
78才 愛知県 既婚 男性

数十年前甲子園に地元の学校が出場するので応援に行った時、その日は4試合あったので、朝暗いうちから弁当を作って応援に行き、弁当を座席の下に置いて試合に熱中していました。お昼になって弁当を食べようとしたらおかずが傷んでいて食べる事ができませんでした。昔の事なのでクーラーボックスに入れる知恵がありませんでした。夏の甲子園を甘く見ていた報いです。それ以降弁当を持って出かけるときは保冷剤等で処置をして出かけるようにしています。
65才 愛知県 既婚 男性

自分は女子高で自校の応援に行く事はなかった。ある年、近隣の男子校から『応援に来ていただきたい』旨の依頼があったが、校長が丁重にお断りしたと聞いている。みんなそれを知って怒っていた(…と、記憶している)
52才 茨城県 既婚 女性

高2の時、ノーシードだった我が校が、当時県内どころか全国でも最強とも言われていた学校に勝ち、ベスト4まで勝ち上がった。「これはもしかして10年ぶりの甲子園?」と思ったら、準決勝で5回コールド負け…。この時は夏休みに入り夏期講習もあったけれど、みんなサボって野球の応援行ってました(笑)
37才 茨城県 未婚 女性

当時、野球部は、一回戦から全校応援だったのに、サッカー部は、県大会準決勝までいっても個人応援だった。すごく不公平と思った。
51才 神奈川県 既婚 男性

写真が好きで、夏の県大会を良く撮りに行った時期がありました。その頃は、移動自由で応援席にも入ることできました。次第に撮影者のマナーが問題になって来て、立ち入り禁止なって久しい。高校生のひたむきな応援姿を、間近で撮ることができなくなってしまったことを残念に思っている。
68才 神奈川県 既婚 男性

高校野球が好きで、甲子園で2度ほど見たことがあります。2Lのペットボトルとおやつだけで8時間くらい見続けてしまいました。東北高校のダルビッシュ投手と横浜高校の涌井投手が同じ日に出ていて2人とも見ることができたのが良い思い出です。
42才 東京都 既婚 女性

中学時代の夏休みの思い出です。両親の出身地は、片や甲子園優勝校の箕島高校、片や甲子園常連校の智弁学園の地元です。両校が甲子園に出場している時、遊びに行くと街中には人っ子一人おらず、テレビの野球中継の音声だけが流れてました。しかも、イトコたちは甲子園に応援に行って、遊んでもらえなかったこともありました。
59才 大阪府 未婚 女性

30年ぐらい前、ある地方都市では県大会の準々決勝辺りから高校野球が始まると教育テレビ以外の全てのチャンネルで県大会を放映していた。他のものを放映するよりも視聴率が取れるからだろうけど、いくらなんでもこれは酷いと思った。以来、高校野球は大嫌いです。
57才 神奈川県 未婚 女性

40年ほど前、甲子園に応援に行った。九州旅行からの帰り、車を知り合いの家に預けて出かけた。熱い中、アルプス席で観戦。試合が終わって休む暇もなく東名高速で新宿に帰った。途中身体が何かおかしい、食事がとれない、気分がすぐれない。でも若かったので頑張って帰着。医者に行ったら過労と診断。ケチせず1日休むべきでした。
62才 神奈川県 既婚 男性

私が高校3年生の時の我が母校の地区大会1回戦の日、わが校では一般公開なしの文化祭が行われていたのですが、途中まで試合に負けていたので、文化祭をサボって炎天下の中友人数人と自転車で試合の応援に行きました。私達が会場に着いた後で逆転し、その試合は勝ったので良かったのですが、担任の先生も文化祭をサボって試合を見に来ていたので、サボったのが見つかってしまいました。しかし、私達が文化祭をサボったことを学校に報告すれば先生もサボったのがばれてしまうため「俺もサボったから許してやる」と言われ、お咎めなしで済みました。
37才 静岡県 未婚 女性

自分の学校の野球部が強くないことは知っていましたから、関心はなかったのですが、ベスト8に残った時があり、学校でバスを仕立てて球場に応援に行くというので、行ってみることに。野球自体は、もともと好きなので、そのうち熱が入って、大声で応援していました。試合は、残念ながら負けてしまったのですが、楽しかった。この試合、テレビで中継していたのだそうで、観ていた家族から、『何回も、(テレビに)映っとったよ〜」と、冷やかされ、恥ずかしい思いもしました…・。
49才 千葉県 未婚 女性

出身高校、在学中に甲子園出場したのですが、チアガール募集するも再々募集しても集まらず、某クラブの子たちが強制参加になって、そのクラブの友人が激怒してたり、予算が全然回されなかった吹奏楽部が応援行くか!と激怒したりとか、その高校に行ったことでブラックな事が色々分かって嫌いになったなぁ…。
43才 愛知県 既婚 女性

昔、平安高校の子たちはハンサムぞろいだったような…。最近の子はハンサム君以外目に入らない。それと、高校野球の球児たちは、口を半開きのまま、バッターボックスに入るのが気になる。歯を食いしばらないとホームランは打てんぞ!と思うんですけど。
65才 大阪府 既婚 女性

PL学園の文字応援を見るのが楽しみのひとつでした、PLが出ない年はちとがっかりです。テレビでしか見ないけど選手の必死の思いが伝わってきて、いつも感動させられます。
66才 新潟県 既婚 女性

京都に単身赴任していたとき、休みの日に甲子園に行き、家族がいる鹿児島の鹿児島実業(愛称 鹿実)の応援を、通が好む外野でしていた。ランナーがたまり「ここで一発こい!」と祈ったら「カキーーーーーン」私の方にボールが飛んでくる「そのまま伸びろ」と更に祈ったら、レフトポール直撃のホームランになりました。この年ベスト4まで進んだと記憶しています。まずは祈ることが大切ですね
55才 鹿児島県 既婚 男性

祖父が高校野球をテレビで見るのが好きだった。しかし、子供の私は野球には全く興味がなく、むしろアニメ等のほうが見たいのに、家に1台しかないテレビ(当然ビデオもなかった)のチャンネル権は祖父のほうが強く、好きな番組を見られない不満が、ますます高校野球を嫌いになる原因になったと思う。
51才 大阪府 既婚 女性

通っていた高校の野球部は、在学中から徐々に強くなりましたが、私のいた三年間では県予選でかなりいいところで敗退。卒業後すぐに甲子園で結構上位になったのは、嬉しいやら残念やら。
39才 東京都 未婚 女性

女子高だった私は高校野球には縁の無い物だと思っていましたが、野球女子だった友人に誘われて見に行きました。友人は何故かある高校の選手の追っかけをしてて、「彼はかっこいいし凄い選手だから」と言っていて後に本当に中日ドラゴンズの選手になり友人の見る目は本物だわ!と感じました。プロ野球とは違う感動を感じる事が出来る所が高校野球はいつ見ても面白いんですよね。
50才 愛知県 既婚 女性

高校一年の時に、学校の野球部が西東京大会を勝ち進んでおり、神宮球場に2度応援に行った。地味な都立高校なので、準決勝の相手の法政一高のチアリーダーやブラスバンドの華やかさが羨ましかった。が、勝って決勝に行ったら、次の相手は日大三高で、当時はまだ男子校だった為、チアリーダーどころか全員学ランで客席が真っ黒。見たことのない風景で唖然とした。決勝で負けてしまったがいい思い出です。
46才 東京都 未婚 女性

女子校だったので、応援する野球部もなかった。愛知県に住んでいたので、毎年「準決勝」くらいまでは愛知県代表の高校が残るのが常だったが、中学校1年の時の甲子園では1回戦から相手校がPL学園で、「今年は1回戦負けだろうなあ」と予測がすぐできてしまった(実際に1回戦で負けた)。相手校の2年生にKKコンビ(桑田・清原)が在籍していた時のことである。
44才 静岡県 未婚 女性

いとこに誘われて保土ヶ谷球場にいったら、原監督がまだ高校1年ながらでていて、将来大物になるとは思わなかった。うーん…サインとかもらっておけば…
58才 神奈川県 未婚 女性

母校が創立5年目にして軟式野球で全国大会に出場する快挙を達成したが、男子校で、チアガールはもちろん応援団・吹奏楽部もなかったため、急遽応援団が組織され、なぜか団長に指名されたこと。試合当日、会場となった藤井寺球場近くの女子高から駆けつけてくれたチアガールによる応援が何よりもうれしかった。
65才 神奈川県 既婚 男性

原貢監督率いる大牟田市の県立三池工業高校野球部が出場する試合は予選の段階から見ていた。ところがこのチームが、只一度と言えるほど希な甲子園出場となり。しかも、一度きりの優勝に到達してしまった。その過程での応援と勝ち進む姿への感動は、今思い出しても計り知れないほど大きなものだ。
76才 福岡県 既婚 男性

一昨年のことですが、母校が初めて甲子園に出場しました。高齢者の我々にも声がかかり、貸切バスに乗って遠路はるばる応援に行きました。残念ながら初戦で負けてしまいましたが、良い思い出を作ってくれた後輩に感謝です。
69才 埼玉県 既婚 男性

小学生時代の夏休み。夏の甲子園にはまり、音を消したテレビの横にラジオを並べ、連日見ていました。親は仕事だったので、テレビとラジオで甲子園三昧。クーラーもない居間でひとり熱くなっていたのがなつかしいです。一度負けたらおしまい。プロ野球みたいに何度もできないし、消化試合とかもないというのが子ども心にもグッときたように思います。
38才 茨城県 既婚 女性

高校卒業の翌年(大学一年の時)母校が県の代表で甲子園に出場、町中が湧きました。夏休みで帰省中のことで、選手一行と応援団の遠征、滞在費のための寄付集めに先輩として仲間と奔走しました。初戦のある前日には深夜バスを連ねて、街の有志、卒業生、選手家族などが甲子園に応援のために向かいました。結果は二回戦までは勝ち抜けましたが、3回戦で敗退でした。半世紀以上も昔の事です。応援席の熱気と名物「カチワリ」の袋にストロー差し込んで暑気バラいをしたことが懐かしいです。
78才 東京都 既婚 女性

高校生にもなって小学校レベルの漢字が読めなくても、野球部というだけで卒業出来ちゃうあたりが嫌でしたね。弱いのに部の予算を多くとるし。大学では、喫煙所で野球部員の会話をそれとなく聞いていたら、「講義に出るだけで単位くれるって言うけどそれもめんどくさい」などと話しているので呆れてしまいました。喫煙所にいる時点でどうかなとも思いますが。ってこんな回答は載せられないですよね。ちなみに、高校も大学もなかなかの有名校です。
49才 北海道 既婚 男性

私ではないが、義理の甥(姪の旦那さん)が超甲子園フリークで、結婚披露宴の時にお色直しで退場の際、甲子園の入場行進スタイル(腕を真っ直ぐ水平に上げて歩くアレです!)で堂々と出て行って馬鹿ウケしていたことですかね。
61才 東京都 既婚 男性

四国出身の兄弟6人は同じ高校を出た。その母校、春夏の甲子園に時々出場。兄弟それぞれの連れ合いも加え、甥や姪たちも加えると、毎年のごとく誰かの母校が甲子園へ。甲子園のそばに嫁いだ姉宅は、その時期には親戚が集まり賑やかだ。また、我が母校出場時は野球好きの同期生も全国から応援に駆け付け、勝っては祝勝会、負けては残念会、とミニ同期会になる。現役生の頑張りで、同窓生の楽しみも増える。有難う!
67才 神奈川県 既婚 女性

田舎の学校だったが、通学時間に電車に乗ると県内ではそこそこ強い学校の野球部の生徒の態度の悪さに閉口した。荷物は大きいし、大勢で乗ってきて、他の乗客など気にもとめずに大声で話し、中にはタバコを吸う者も。当時は、現在ほどタバコに神経質な時代ではなかったが、それでも未成年、高校生の喫煙は禁止のはず。呼吸器の弱い自分としては、座っていた席をたって移動するしかなく、非常に不愉快だった。野球が嫌いになった理由はたくさんあるが、高校球児のマナーの悪さも原因の一つ。
56才 京都府 既婚 男性

駒大付属苫小牧と早稲田実業の対決でしょう。田中マー君とハンカチ王子の斉藤君の対決は今でも忘れられない。追いつき追い越されの繰り返し。あの名勝負は歴史的対戦だったと思う。
76才 北海道 既婚 男性

私の母校の野球部はいつも県大会1回戦負けのレベルのため、応援団と吹奏楽部以外は在校生は殆ど応援に行くことがなかったのですが、2回戦でY高(横浜商業)と横浜スタジアムで対戦した年があり、その時は普段興味がない在校生がかなり応援に行った覚えがあります。
46才 神奈川県 既婚 男性

私の夫は高校野球主催の新聞社に勤めており、若い頃は地方予選が始まってから本選が終わるまでず〜っと帰ってきませんでした。解ってはいるのですが夏休みの予定も全く立たず、ヤキモキしていたことを懐かしく思い出します。
49才 大阪府 既婚 女性

大阪支社営業だったのだが、報道の手伝い、荷物運びのつもりで甲子園に行ったら、人手不足で、アルプススタンドからニュースのレポーターをやらされた。
56才 秋田県 既婚 男性

大昔、四日市高校から名古屋の高校に転校した年、優勝戦が中京×四日市高校だった。名古屋の高校で大勢で優勝戦の実況放送を聞いたのだが、当然のことながら四日市高校を応援するのは私だけだった。
79才 神奈川県 既婚 男性

かっては甲子園常連校。出場の度に甲子園に応援に行っていた。修学旅行で銀座に出かけたときに、学校名を名乗ったら「あゝ、あの○○高校か」と言われ田舎高校生ながら誇りに思った。今は進学校で野球はさっぱり…。
80才 神奈川県 既婚 男性

野球部員ではなかったが、一応コントロールの利くピッチャーだったので、紅白戦の2軍に投げる側として手伝ったりしていた。外野で球拾いとか。ショートが同級生で、捕球前に必ずグラブを叩く癖があった。そんなことしてると、いつかトンネルするぞ!と言っていたら、甲子園の予選でトンネルして負けたらしい。
43才 福岡県 未婚 男性