家具・インテリアで重視していること 1位は使いやすさで73%

家具・インテリアで重視していること 1位は使いやすさで73%

家具・インテリアで重視していること 1位は使いやすさで73%

総計で見ると、1位は「使いやすさ・機能的であること」で73%と断トツ。2位は「シンプル(飽きない)」で45%、3位は「長持ちすること(耐久性)」で44%、4位は「手入れ・メンテナンスがしやすい」で41%、5位は「統一感があること」で33%でした。

■女性は「統一感」「自分の好みに合っている」を男性よりも重視している
男女別に見てみると、ほぼすべての選択肢において女性のほうが高く、特に差が開いたのは「統一感があること」と「自分の好みに合っていること」でいずれも20%差がありました。

使いやすさが73%、高いですね! でも使いやすさは長く使うには欠かせないので納得ですね>▽< 私はそのほかだと自分の好みにあってるものが1つでもあると、毎日楽しく過ごせていいなって思います★

アンケート実施日時:2016年4月1日〜2016年4月7日/有効回答数:3,048

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

既製のものも買うがちょうどいいサイズやデザインがない場合は自分で作る。子供と遊び感覚で出来るし、父親が手作りで用意すると子供は不思議とそれが普通だと思っているようで、そういうのが出来ない友達のぱぱとかに対してちょっと誇らしいようだ。
42才 東京都 既婚 男性

お父さんが手作りで家の中のものをぱっと作ってくれるなんて、超カッコイイです★>▽< 夏休みの宿題で工作をするときとか、百人力じゃないですかー!
調査団編集部: カワンヌ副団長

トイレ(黄)・浴室&洗面所(ピンク)・カーテン(グリーン)は使う色を揃えています。床が濃い茶系なので、できるだけ使う家具はナチュラル系で揃え、部屋を明るく見せるようにしています。後は…自分の嫌いな色は絶対に使わない!これは鉄則ですね!
47才 福岡県 未婚 女性

「色選び」難しいけど重要ですよね〜! 私は赤が好きなのですぐ赤の何かを取り入れようとするんですが、バランスバランス! と思って我慢してます〜w(´▽`)
調査団編集部: マリカナ団長

レースのカーテンは清潔に、いくつかあるクッションは季節によりカバーを替える。例えば12月にはソファカバーをレッドにそしてクッションカバーはクリスマスカラー、グリーン、レッド、ホワイトに。夏は自家製のドライフラワーのラタンの籠に、その他のシーズンは花をいつも飾ります。
70才 神奈川県 既婚 女性

クッションカバーを季節で変えるってイイですね! すごく手軽にできて、部屋の印象も変わるのが想像できました。私もやってみよう(≧▽≦)
調査団編集部: カワンヌ副団長

おしゃれではないかもしれませんが、阪神淡路大震災の折、お嫁に持ってきた箪笥やドレッサーが倒れてきてとても恐ろしい思いをしたので、新築するときには据え付け型の家具や天井に貼り付ける形の照明にこだわりました。
55才 兵庫県 既婚 女性

おしゃれな部屋を作りたいと思いますが、生活に追われモノがあふれゴミ屋敷になりそうです。特にしてることは、シンプルライフに心がけること、モノを置かないで好きな絵を一つ飾り、ソファと小さなテーブル、あと音源があればいいかな…
61才 愛知県 既婚 男性

全ての部屋になるべく家具は置かない。置く場合は色など統一感を持たせる、背の高い家具は置かない。例えば、ダイニングは、食器や炊飯器なども収納できるシステムキッチンにしている。リビングのテレビ台なども棚を作り付けにして、色合いも統一感を持たせる。子どもが独立して使わない部屋は収納の部屋にしている。3年に一回は必ず点検と整理をする。
77才 滋賀県 既婚 女性

中学生まで田舎式の大きな家に住んだ後、高校生以降は都会で住むようになり、今は郊外の所謂兎小屋に住んでいます。一番大きな部屋が10畳、従って、部屋造りの基本は、気に入った新しい家具を入れるために、雰囲気が合わなくなった家具は思い切って「捨てる!」この一言をかたくなに守っています。
72才 兵庫県 既婚 男性

PCデスク・ベット・TV台の色をダークブラウンで統一、同じデザインの物を購入。ショールームやホテルのように生活感をなくし、何もない空間(スペース)を多く確保するために、物を購入しないように努めています。
28才 東京都 既婚 男性

棚や木の箱を部屋のサイズを測り、組み立てデッドスペースをなるべくつくらず、重いものは下の棚にまた頻繁に使うもの、あまり使わないものを分けすぐに使えるようにしてます。掃除をなるべく楽にしたいので、部屋には極力余計なものを置きません。
48才 静岡県 未婚 男性

できるだけ日当たりと風通しがよくなるよう備品のレイアウトを考えております。またカーテンは四季ごとに自分で選んでおります。カーテンを交換することで気分をリフレッシュできるような気がいたします。
74才 広島県 既婚 男性

マンション床のフローリングをケヤキ木目に統一し、この色調を基本に壁紙・家具を揃えた。経年変化しても落ち着いた色調になり選択に狂いが無かったと満足している。
75才 神奈川県 既婚 男性

キッチンなどリフォームして3年ですけど自分の部屋も収納家具で統一しましたので広々と使えてます。このまま綺麗なままで過ごせるようにしています。
62才 岐阜県 既婚 女性

今の家には、来客用に応接間(洋間)と客間(和室)が続き部屋で作ってある。当時の生活感からそうしたが、客間はほとんど使ってなく、応接間の飾り部屋になってしまっている。ならと、客間は卓のみで、生活感の出そうなものは一切置かないことにした。これをおしゃれというのは、年配者のみで、若い人は無駄部屋にしかすぎないだろう。
65才 群馬県 未婚 男性

リビングをはじめ各部屋のクロス張りの壁は6年おきに張替えをしていると新築感を失わないで済みます。もう築後40年弱になりますが皆さんに褒められます。
84才 神奈川県 既婚 男性

とにかく、ごちゃごちゃ物を置かない。家具を置くと狭く感じるし、掃除も大変なので、リフォームの際に客間も和室にし、ダイニングキッチン以外は全部和室に。4畳半の洋間も壁面を全面クローゼットにリフォームし、押入れ収納もたっぷりあるので、狭小住宅の我が家でも、ゆったりしています。
54才 大阪府 未婚 女性

リビングルームはフローリングの床の素材と色にマッチするよう、テーブル、椅子、テレビ台、ソファの素材と色を選んで、統一感、安定感を持たせているつもりです。若い娘には、カラフルな華やかさが足りないと言われますが、高齢者には好評です。
69才 埼玉県 既婚 男性

見た目ではないが、生活臭をさせない事は心がけている。リビングは食事をする為、焼肉などをすると家中が食べ物の臭いで満たされる事があります。そんな時に和風アロマとも言われる茶香炉を炊いています。茶香炉で炊く緑茶に含まれるカテキンの成分が消臭してくれると共に、和を感じさせるほうじ茶の香ばしい匂いが部屋に漂ってくるととても心が安らぎます。
45才 北海道 未婚 男性

ゴミ箱を各部屋2個設置している。一見してもそれとは気づかないオシャレなデザインなので部屋に溶け込んでいて全く気にならない。小さなゴミなどは直ぐに処分するので掃除も簡単で済む。ルンバなんていらない。それだけでゴブリンが住んでいるようなオシャレな部屋になっている。
56才 埼玉県 既婚 男性

人間は自分の胸元以上の高さのモノを「壁」と認識するらしいです。このため、胸元以上の高さの家具は置かないようにしています。確かに下に家具があっても空間が広く感じますね。
41才 東京都 未婚 男性

全体的に飽きのこない色、疲れない色を使うようにしています。黒は目立たないようで逆に存在感出てしまうので注意です。白の方がまだいいですね。
50才 神奈川県 未婚 男性

シンプルがいいです。高級感も贅沢感もないのに、さりげなく置かれているお皿が、高級品であったり…人に気付いてもらえないおしゃれが好きです。
56才 長野県 未婚 女性

趣味で、書画・骨董などを修習している。掛け軸なども程ほどに持っている。そのため、家を購入するときに、座敷・床の間があるところを選んだ。床の間の壁はとくに存在感がありつつ主張しすぎない色とそざいでリフォームした。帰省に応じて掛け軸を掛け替え、自分なりに楽しんでいる。
56才 京都府 既婚 男性

デコラティブでなく、シンプルで、全体にベージュ、ブラウン、メタルをベースに黒、オレンジをアクセントに使っている。
82才 奈良県 未婚 女性

ファブリックはピンク等明るい色の物を使いたいので、家具は白か木製の明るめの色で統一しています。そうすると、ファブリックを明るい色にしてもすっきりして見えるし、何しろ部屋が明るいので落ち着きます。
37才 静岡県 未婚 女性

そんなにこだわっているわけではないが、床の間があるので掛け軸をかけている。なんとなく和室の雰囲気がしまってくるので気に入っている。
47才 埼玉県 未婚 男性

スッキリしたちょっと高級っぽいもの(あくまでも「ぽい」もので価格は色々)を選んではみるのですが、すぐに散らかしてしまう性格なので、上に物が積まれ横に何かを立てかけて奥にうっすらホコリが…という台無し状態になってる時間の方が圧倒的に多い気がします(泣笑)という反省を踏まえ、新しく用意するときは更にシンプルなものを選ぶようになりました。
52才 東京都 未婚 女性

大きな家具は置きたくないなぁと思います。圧迫感があるし、高級感よりもすっきりした広い空間の演出が好きかなぁ。物は必要最小限にしたいと思うのですが、家族がいるとそうもいきません。でもできるだけ物は増やさないようにと自室では心がけています。そうそう!私の部屋のレースのカーテンは水色の空に白い雲が浮かんだ柄なので、カーテンを開けるとそこに雨でも青空が広がります。結構気に入っていたりして。
41才 東京都 未婚 女性

今の住まいは新築の時から床は敷き込みのジュータンを使ってます、4回は新しく敷きなおしてますが、毛足の長さにウールで有る事(ジュースなどをこぼしてもシミにならない)が必須条件で周りの家具との調和を考えて色もその都度変えています、現在はモスグリーンで以前はパープルの淡い色でした。
68才 神奈川県 既婚 女性

まさにシンプルです。私は内装をしているからクロスをチェンジしてお気に入りにしています。また、引越しのときに張替するからトラブルもない。
44才 愛知県 未婚 男性

壁はDIYでホワイトに統一。カーペットもベージュ。小物もホワイトかベージュに揃えています。マンションですが物が少ないので、けっこう広く見えます。
55才 埼玉県 既婚 女性

ダイニング、キッチン、リビング、それぞれの部屋など家族が長い時間過ごす場所は色調と照明を全体的に明るく温かい色味にし、心地よさや安らぎを得られるように心がけた。また反対に客間などは落ち着いた色調で上質な素材を使い高級感と品の良さを演出するようにした。家は家族は勿論人の集まるところであるべきなので、優しさや安らぎ、明るさなど生活に活力が得られる空間であるように工夫している。
59才 東京都 未婚 女性

床は杉の一枚板。壁と天井は神の壁紙。全てを自然素材で揃えた。季節によって鶯廊下になったり、床が暖かだったりと。これを基準にすると、全体が優しくまとまります。
56才 大分県 既婚 男性

基本的な色は黒、白、茶にしています。変化を付けるのには、クッションの色や柄。テーブルクロスはビニールの透明にして、色彩は出さないようにしています。部屋の中がまとまります。
64才 島根県 既婚 女性

家具類は重厚で落ち着きある高品位で飽きのこない色。部屋の飾りは小物を置かずにシンプルに。壁面(玄関、廊下、居間、階段)には自分が撮影した海外旅行の風景写真と、画家の油絵作品を掛けている。
76才 大分県 既婚 男性

リビングの壁に趣味の旅行に行った時の季節の写真を引き伸ばして、額縁に入れ飾ります。 年に7〜8回入れ替えると思い出があり、いつも新鮮でいいですよ。
74才 兵庫県 既婚 男性

広さを感じさせる家具配置。というより、家具を最少に抑えて空間を確保。天井を斜めにして、実際の高さ以上の開放感を演出。
54才 徳島県 既婚 男性

あまり物をゴテゴテ置かず、生活感が見え隠れするくらいにしています。リビングは白を基調にしているので、新聞や雑誌といった色のついたものは極力ラックなどに入れるようにし、パッと見たときに白以外の色が見えないようにしています。
26才 神奈川県 既婚 女性

古材や古い建具を利用しており、和風の装飾を心がけています。板の間に珪藻土の壁、中央に囲炉裏を置いて雰囲気を古民家の一室か古い居酒屋のようにしています。装飾品も和にこだわり、四季折々の生け花もあります。日本人的な落ち着く空間ですが、仲間たちが集うと居心地のよい居酒屋となって大騒ぎです。
54才 埼玉県 既婚 男性

ソファーやいすなどに、ぬいだものを掛けないを徹底しています。そのためにベッドの横に乱れ駕籠を置いて、寝間着に着替えて、脱いだものを入れておくようにしています。それと、カーテンの乱れはなるべくすぐなおします。
72才 群馬県 既婚 女性

大好きなディズニーグッズを子供っぽい部屋にならないよう、さりげなく、でもディズニー好きが分かるくらいには配置している。
27才 滋賀県 未婚 女性

テーブルは購入してしまうと形・デザインが決まってしまい変化させることができないのでテーブルクロスを季節ごとに合わせたものを使っています。値段も安く済みますので。
52才 神奈川県 既婚 男性

書籍やパソコン周辺機器などが散らからないように、とにかく収納に気を使っています。テレビ番組で、よく、ゴミ屋敷が放送されているので、そうならないために、整理整頓を心がけています。結果、おしゃれな部屋にはなっていないのですが。
55才 北海道 未婚 男性

おしゃれな部屋ではないんですが…ひと昔の婚礼家具が濃い茶系なので部屋が暗く見えない様にカーテンを明るい色の物(無地)にしたり、毎日ではありませんがガーベラやカーネーションなど色のはっきりした花や小物を置いて楽しんでいます。
50才 愛知県 既婚 女性

色調をシロで統一!壁紙、絨毯、家具、カーテン、小物をシロで統一するようにしてます。形状もスクエアなもの、もしくは3次局面のものでそろえます。購入の際は、色そして設置場所にあった形状を優先する。最近は照明もLED化して、シロで統一された我が家は近未来的空間が広がってる。でも寝具だけはなぜか敷布団。これを我が家では「レトロモダン」と無理やり正当化してマス。。
50才 東京都 既婚 男性

居間、子供部屋、階段などの床は絨毯で洋風にした。和室(客間、寝室)はたたみにして和洋両方を一軒家で暮らすことを考えた。ダイニングキッチン、風呂、洗面所、トイレの床はフローリング(木製ではない)。暖房はペーチカで2階まで温まる様に考えたが、2階の部屋は別口で暖房が必要だった。
76才 北海道 既婚 男性

家具などを選ぶときに、機能性とシンプルなデザインを重視しているので、個々の家具などがウルサクなく、部屋全体としての統一感が保たれていると思う。
64才 東京都 既婚 男性

自分の部屋は統一感を持たせるようにカーテンやベッドカバーの色などあわせるようにしてます。あと、自分の部屋はリラックスしたいので落ち着くような色合い等にしています。
46才 東京都 未婚 女性

全体的に白を基準にしています。壁、床、家具、テレビボードは壁一面に横2m高さ床から天井迄奥行40センチとても良い感じで色々な物も10個の扉も付けてスッキリと収まっています。
71才 大阪府 既婚 女性

ドア、柱、ソファー、テーブルの木の色を合わせています。同じ木でも微妙に色が違うので、購入する際は実際のものを目で確かめています。
57才 石川県 既婚 女性

結婚の時に家具を揃えたが、好みの茶色で統一するために何軒も探し回った。茶系といっても明るめだったり赤みがかったり黄みがかったり色々だというのがよく分かった。
49才 愛知県 既婚 女性