非常持ち出し袋の中身ランキング 1位は「懐中電灯・ライト」

非常持ち出し袋の中身ランキング 1位は「懐中電灯・ライト」

非常持ち出し袋の中身ランキング 1位は「懐中電灯・ライト」

「非常持ち出し袋は用意していない」の56%を除いて総計でみると、1位は「懐中電灯・ライト」で32%、2位は「飲料水・食料品」で26%、3位は同率「携帯ラジオ・予備電池」と「救急医療品(絆創膏など)・常備薬・マスク」で24%でした。

■未婚者の7割が「非常持ち出し袋は用意していない」
未既婚別に見てみると、「非常持ち出し袋は用意していない」と答えたのは未婚の人が69%なのに対し、既婚の人は51%と18%差。既婚者のほうがきちんと用意をしているようです。

ちなみに男女別では「ティッシュペーパー・ウェットティッシュ」が女性において「飲料水・食料品」や「携帯ラジオ」よりも高く、2位にランクインしていたのが特徴的でした。

アンケート実施日時:2016年7月15日〜2016年7月21日/有効回答数:3,074

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

やっぱり想定すべきは地震でしょう。ライフラインが絶たれた中でマンションでしばらく暮すことが可能性が高いと思われるので、簡易トイレは必須です。私は関西に住んでいますが、東京都が配った防災マニュアルは良く出来ているので手元に置いておくとかなり役立つと思います。
67才 大阪府 既婚 男性

「東京都が配った防災マニュアル」ってなんだろうと調べたら、これはすごいですね〜! 完成度がすごいってニュースにもなっていて、私も手元に置いておきたいと思いました。
調査団編集部: マリカナ団長

当地で地震が頻発していた頃、最低限の非常装着品は籠に入れて枕元に置きました。その最大の効果はこれで安心できること。つまり少々の地震ではそれがあったこと自体に気付かないままに朝までぐっすり眠れることにあります。はい。
69才 愛知県 未婚 男性

なるほどー! 枕元に置くことでそんな効果が^▽^ 地震が続いてよく眠れなくて体力が落ちたりストレスがかかったり、ってことも多いと聞くので、安心してぐっすり眠れること、ってすごく大事ですね!
調査団編集部: カワンヌ副団長

「お薬手帳」は重要。避難先で何かあった場合でも医療関係の人に見てもらえばどんな持病があるとか健康情報になる。特にお歳よりは必携。避難先が家の近所とは限らないし、かかりつけの医者に連絡できるかは状況による。コピーでもかまわないから必ず用意しておくべきだ。
60才 宮城県 既婚 男性

身分証明書や保険証のコピーはよく言われますが、確かにお薬手帳も、特にお薬をよく飲んでいる人には重要ですね! 私もけっこうお薬飲んでるので、準備しなければ> <
調査団編集部: マリカナ団長

大きなリュックを非常持ち出し用いれものにしています。寝室とリビングに置いてあります。中身はとっさの時、逃げる際の持ち出しですから 最低な必要・重要なものだけです。水・ラジオ・現金・保険証や通帳のコピー・携帯トイレ・笛・簡単な着替え服など。携帯・笛・現金・自分用の医薬品などは いつも使っているカバンの中で、いざという時はリュックとショルダーバッグで避難の予定です。災難一過の際に 万一長期の不便の際の準備は、一階・二階のそれぞれに 怪我予防の靴・水・缶詰等食料・携帯コンロ・燃料・メガネ・充電器・など置いてあります。
73才 埼玉県 既婚 女性

非常持ち出し袋は建物に「固定」されてる棚のうえに「固定」して設置。地震で家具とか全部倒れても、棚が固定されているので無くなる&落ちることがない。最近はキャリータイプのものがありますが、うちは大型リュックタイプ。非難道がガタガタだとかえって持ち歩きにくいですからね。で、その中にサバイバルキットとカンパン。あとマイナスドライバーを入れてある。これ「突く、開ける、割る」に意外と重宝するんです。あと救命救急の訓練を受けているので、そのキットも入ってる。またその手順忘れないよう、年一回講習に参加。備えあれば患いなし。非常時、慌てないためにもちゃん備えること、これとても大事だと思って日々チェックしています。
51才 東京都 既婚 男性

非常持ち出し袋は用意していませんが、自宅でも車でも通常時や非常時に役立つグッズを用意しています。中でもポータブルバッテリーは通常時も非常時にもスマホやパソコンの充電や、電気寝袋や扇風機などでも使え冬でも夏でも車中泊が可能です。
53才 福岡県 既婚 男性

ないと困るのは、水とラジオ、懐中電灯と保温用アルミシート。懐中電灯は2コ入れてある。1コは、ラジオ兼用で自家発電式。豆電球式であるが、今なら発光ダイオード式があればその方が明るいのだろうから、買い換えの検討が必要になると気がついた。もう1コは、小型蛍光灯式。これは電池使用で電気食いで長時間向きではない。ただ、小さい子供がいると、台風で停電したときに、スポットとして明るい照明よりも、ボーっとしててもいいから、面が照明できるもののほうが落ち着くようだった。重複のようだが、それでプラスした。
65才 群馬県 未婚 男性

東日本大震災があった時に家族全員が家から離れた場所にいたため、家に置いてあった非常持ち出し袋は役に立ちませんでした。それ以来、携帯できる最低限のものは携帯する。それ以外の物は実家や職場、トランクなど置き場所を複数に分散して置くことにしました。
47才 神奈川県 既婚 男性

災害に会った経験者でないと意外とわからないのは、トイレが無くなることの苦しみです。自宅の周りに余裕がある人はまだしも、集合住宅では、水が流せなくなりどうしようもなくなりますが、それでも我慢できずに流してしまい、そこらじゅうが悪臭だらけになることです。そのため使えなくなった建物が数多くあります。火を使った跡の匂いも長く残ります。油断大敵ですよ。そこで我が家の防災必需品は、超簡易トイレとその周辺用品ですね。防災用品入れはこれで埋まっているほどです。
72才 東京都 既婚 男性

非常持ち出し袋は、玄関近くにおいてあります。入れておくと良いものとしては、タオル、軍手、雨具、ビニルシート、簡易毛布、紐(ロープ)、現金(千円札100枚)と個人的には思っています。食品はかさばるし、避難途中や避難先でもらえる可能性が高いです。上記のものを準備しておく理由は、避難場所への安全な移動と、非常時の臨時キャンプの必要が出てきた場合の備えです。本当はキャンプ道具一式が良いのかもしれませんが、少々重いので。
53才 千葉県 既婚 男性

玄関横の物置に置いています。すぐに持ち出せます。貴重品はとある場所にとある方法で保管しているのでおそらく大丈夫。火にも水にも負けませんというフレーズだったから信じています。
41才 東京都 未婚 女性

置いている場所はベッドサイド。日中の明るい時間に何かあれば動けると思いますが、寝ている時に何かあったら暗いし動けないと思うので、寝室に置くのが良いかと私は思っています。
46才 東京都 未婚 女性

携帯があるので、ライトやラジオは必要ないかもしれないけれど。靴、スリッパはあると便利。特にロープは大事かも?靴に巻いて(?)ガラス片を無効化したり、ちょっとした高さなら一本あると簡単に上り下りはできる。
43才 福岡県 未婚 男性

ロープ(細引き)をある程度の長さで用意しています。洗濯物干しや結束用、固定用などに利用できます。あとはガムテープ。布製のガムテープは、メモ貼り付けやちょっとした結束・固定、補修や名札がわりにも。かなり役立ちます。
56才 神奈川県 既婚 男性

夫婦2人分の持出袋を玄関に置いています。夫からは「自分が不在の時に震災が起こったら、リュックを2つ持って避難所に行くように」と言われています。いちばん最近、持出袋に足したグッズは、折りたたみ式コップと、大根・玉子・鶏肉の煮物の缶詰です。やっぱり食料が大事かなあ。
56才 東京都 既婚 女性

ザック2つを机とミシンの下に置き、地震の時はザックを出して抱えながら自分が入って緊急避難する。トイレットペーパーは、ティッシュやフキン、その他結構便利です。ぺちゃんこに潰せばザックの隅に押し込めるので、アウトドアに出かけるときには必ず持ってゆきます。
74才 東京都 既婚 男性

非常持ち出し袋は用意していない。その理由は、八十路半ばであまり歩けない老夫婦が非常災害時に避難行動をとれる可能性が少ないので、現住家屋がある程度損壊しても、家に居る方が安全性が高かろうと考えていることによる。震度6強以上で家が完全に損壊するようなときは、家と心中もやむを得ない。
84才 千葉県 既婚 男性

自宅にいて被災し避難する割合が極めて少ないので非常用持ち出し袋は作らない。いつもの通勤バッグの底に避難所に一泊を想定したものを入れている。ドラッグストアの「清浄綿」は先顔のできないときに思い切りふけて気持ちよいので必携。
57才 千葉県 既婚 女性

靴入れの横に棚を作り、キャンプ用品と水、持ち出し用の袋と鞄を置いている今のところ非常用品は活躍の場がないがキャンプのたびに便利用品が増えているので活躍の場があるかも?ソーラーと手回しが一体になった充電器+モバイルバッテリーの組み合わせがいざとなったとき便利なんじゃないかな
49才 北海道 既婚 男性

置き場所は、悩んだ末にベッド脇としました。いる時間が長い、という理由からです。うちわを入れました。竹骨のものです。暑い時期に避難することになれば、冷房があるとは限りません。逆に冬なら、焚き付けにすることもできます。
52才 京都府 既婚 男性

玄関に最も近い応接間に妻と自分用のザックにそれぞれの物を入れ何時でも持ち出せるようにしてある(ヘルメットやラジヲ等も同じ場所に用意)、但しヘルメットの身は二階の寝室のそばにも用意してある。
73才 東京都 既婚 男性

携帯トイレは、意外に重要だと感じる。長距離ドライブの際も、携行するようにしているが、所持しているだけでも安心感を覚える。それに「命の水」として当座の飲料水があれば、貴重だろう。
76才 福岡県 既婚 男性

非常持出袋には、非常食として乾パン、栄養補助食品、チキンラーメンを入れています。チキンラーメンは最悪時には、水またはお茶を飲みながらその食べることによって主食代わりになって便利です。
68才 大阪府 未婚 男性

玄関近くの収納庫に入れてあります。笛は何かあったときの為に 自分の場所や危険が迫っている時に知らせるのに便利かと思い入れてあります。いざと言う時って声が出ないものですから…
52才 埼玉県 既婚 女性

非常時持ち出し袋は、通常、玄関先に置いているが、いつのまにか他の生活用品に埋もれてしまっていることも多い。持ち出した経験がないので、中身については諸々の非常災害時資料を参考にしている。
68才 東京都 既婚 男性

常備場所はリビングです。玄関には防災ヘルメットを2ケ用意しています。医薬品(特に外傷用)は多めに入れてあります。あと軍手と手回しの携帯充電器を入れてあります。
53才 埼玉県 既婚 男性

非常持ち出し袋は必要最小限の物品にとどめ、室内に保管。飲料水や食料など防災用品の大半はクーラーボックスに入れ、敷地内の火災や倒壊の被害が少ない場所に設置した倉庫およびマイカー内にも保管している。
65才 神奈川県 既婚 男性

レジャーシート、キャリー、ミネラルウォーター箱、リュックの中にはノートに連絡先、口座番号、生命保険証券番号、保険証の番号、メガネ、などを入れ、玄関においておく。
52才 山形県 既婚 女性

乾果物、ナッツ、爪切り、ピンチペット用トイレシート(人間のトイレに使用)濡れタオル、ZERO(消毒用)はあると便利です。置く場所は2ヶ所に分けてます。前の地震の時荷物が崩れて取り出せなかったので洗面所と和室に分けてます。
57才 新潟県 既婚 女性

両手が空いていないと、子供や高齢の方は動きにくいので、避難袋はリュックに限ると思いますが、リュックでも開け閉めが面倒だったり、燃えやすい素材のものは選ばないよう、注意が必要だと思います。
47才 東京都 未婚 女性

家族の思い出の写真を失いたくないので、SDカードなどに半年に1度データを入れています。また直近の家族写真など入れて置くと、避難所等で家族バラバラになった時に写真を見せて人に訪ねやすい。非常バックの置き場所は、玄関脇の部屋で、ドアは常に開けっ放しで置いています。
44才 埼玉県 既婚 男性

保管場所は、玄関付近の物入れに各個に保管・私は以前災害等の支援に毎回参加し、又各企業体の講習・町内の指導に回り、自分に非常携行品等を展示説明していました、災害発生時3日間は自分の力で生きる事を重点に指導して歩きました。
81才 愛知県 既婚 男性

東日本大震災のとき、非常持ち出し袋に入れておいたので安心してチェックしていないことに気がついた。電池が切れて液漏れしてラジオも懐中電灯も駄目になっていた。。
67才 栃木県 既婚 男性

寝室の出口に置いてます。折りたたみのばけつは、便利。ペット用トイレシートは人間用に入れてます。中身は吸水ポリマーなので緊急トイレにも、止血にも、水を含ませて、熱冷ましにも使えます。
42才 東京都 既婚 女性

押し入れの中に入っている。開ければパッと取り出せるように配置しており、また周囲には倒れてくるようなものを一切置いていない。メガネは予備を入れてある。普段必要な物をカバー出来るものを用意してあるが、トイレはまだだったからこれから買う予定。
47才 埼玉県 未婚 女性

非常持ち出し袋をすぐに持ち出せるような一等地は常に日常品でいっぱいです。第一、避難生活を送ったこともないような者が、本当に必要な物を揃えられるのかが疑問です。なので、非常用持ち出し袋は用意してありません。
48才 千葉県 既婚 男性

階段の下の物入れです。ゴミ袋や、ラップも便利。寒かったら着たり、お皿にかぶせて使ったりします。最近、テレビで放送していましたが、もう2年も前から知っています。あと、底の厚いスリッパやスニーカーも近くに置いておきましょう。ガラスが飛散した時にけがをしなくてすみます。
65才 大阪府 既婚 女性

ビニール袋です。大小さまざまな大きさの袋は便利です。汚物入れるのも、食べ物を分けるにしても必要ですし、暑いときには水や氷を入れて体を冷やすように出来ます。生活用水を運搬するのにも役立ちます
57才 北海道 既婚 女性

セットで販売されている非常持ち出しセットを流し台の下に置いています。このアンケートに接して、自分にとって必要なものを別途洗い出さないといけないなと痛感しました。
60才 大阪府 未婚 女性

台風や大雨などの予測可能な災害でなく大地震など突発的な事態に持ち出し袋を活用する自信がなく準備ありません、台風など予報に対応して準備します。高血圧のため降圧剤のみ、2週間分の予備を医師にもらってあります。
74才 大阪府 既婚 男性

非常袋は、2つ用意し、1つはすぐに取り出せる玄関の靴箱の上。もう一つは、屋外にある物置の中。どちらかが持ち出せれば、家族5人が何とか3日間、水と簡易食料で生き延びられる。火と水が使えるようになれば、1週間は持つ!
51才 茨城県 既婚 男性

以前はリュックを用意していたのですが、今はキャリーバッグを用意しています。多くの災害の場合は避難所に避難しているのが現実ですから、避難所まで持ち運ぶ事を考えると、コロコロと引きずって歩けるキャリーバッグの方が楽だし、沢山入ると考えました。今住んでいるのが、やや小高い地域なので、大雨でもすぐには水没しないと思われるので、背負わなくても大丈夫だと思います。
55才 北海道 未婚 男性

2階にある1室と、同じく寝室に1つずつ。ティッシュペーパーやウエットティッシュ、防寒具、タオル等です。簡易トイレを考慮中ですが、他の方が持っておられそうなラジオなどは考えていません。手回し発電機などが有効でしょうか。
69才 大阪府 既婚 男性

防犯上、貴重品を全部ひとつにまとめるのはむしろ危ないので、印鑑と通帳・キャッシュカードは別々に保存し、登記簿や保険書類、印鑑証明等など書類関係も別にひとつのバッグにまとめてある。懐中電灯もコンパクトで軽いものを、枕元、玄関、台所など、どこでもすぐ手に取れるように配置し、定期的に充電。携帯は常に充電しておく。
54才 大阪府 未婚 女性

食事のつぎに困るのがトイレだと思うので、固まるビーズが入った携帯用の袋。体拭き用のウェットシートも季節によっては便利かと思い入れている。置き場所は玄関横の物入れ。
54才 神奈川県 既婚 女性

自分がいつも休んでいるベッドサイドのカラーボックスの中に、ウェストbag&厚底スニーカーと靴下。足元にある押入れの一番手前に衣類やお水等が入ったリュックサックを置いてあります。折畳みの携帯用のお座布団、銀色の厚手のレジャーシート、銀色のコンパクトサイズの防寒シート、保温機能の水筒(持病の薬を飲む時に必要だから)と持病の薬類一式。
47才 静岡県 既婚 女性

スマホを充電できる手回し発電機予習も兼ねて普段でも使っていてメールができるか通話はできるか地図を見る天気を見る練習をしてます
63才 大阪府 既婚 女性

非常持ち出し袋は用意していないが、玄関扉にマグネットをつけて、ホイッスルをひっかけている。まとめて置いておくことはしていないが、簡易トイレもいくつか、全然足りないけど、ある。
55才 兵庫県 既婚 女性

メモを使うこともあるかと、ノートと筆記用具を入れています。とっても暇なとき、おり紙にも使えますし。また、ラップで小さい傷なら覆えるし、食べ物にも使えるので、一本入れています。
55才 埼玉県 既婚 女性

てぬぐいを2〜3本入れてます。顔・体を拭く以外にも、マスクや包帯の代わりや、物の持ち運び、保冷剤・カイロのカバーなど色々使えて便利です。洗ってもすぐ乾く点も良いと思います。
43才 福岡県 未婚 女性