温泉施設を選ぶポイントランキング 1位 清潔感、2位 料理が美味しい

温泉施設を選ぶポイントランキング 1位 清潔感、2位 料理が美味しい

温泉施設を選ぶポイントランキング 1位 清潔感、2位 料理が美味しい

温泉施設を選ぶときのポイントについて調査をした結果、総合ランキング1位は「清潔感」で49.3%、2位は「料理が美味しい」で43.4%、3位は「景色が良い」で40.5%、4位は「露天風呂がある」で38.5%、5位は「宿泊料が安い」で37.6%でした。


総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「清潔感」49.3%
2位 「料理がおいしい」43.4%
3位 「景色が良い」40.5%
4位 「露天風呂がある」38.5%
5位 「宿泊料が安い」37.6%
6位 「交通の便が良い」36.8%
7位 「源泉かけ流し」33.8%
8位 「泉質・効能」27.4%
9位 「静寂さ」23.8%
10位 「スタッフが親切」14.4%

■女性の6割が温泉施設を選ぶとき「清潔感」を重視している

男女別にみてみると「清潔感」は男女ともに1位でしたが男性46.8%に対し女性60.1%と、回答率には大きな差が。女性は男性よりも清潔感を重視しているようです。逆に「宿泊料が安い」は男性が女性より10%ほど高く、男性で5位にランクインしていたのが特徴的でした。


男女別のランキング詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「清潔感」46.8%
2位 「料理がおいしい」42.6%
3位 「景色が良い」42.0%
4位 「露天風呂がある」39.5%
5位 「宿泊料が安い」39.1%

【女性】
1位 「清潔感」60.1%
2位 「料理がおいしい」47.6%
3位 「交通の便が良い」38.6%
4位 「景色が良い」35.3%
5位 「露天風呂がある」32.5%



ちなみに年代別にみてみると「宿泊料が安い」は、30代以下が2位、40代と50代が4位、60代以上が7位と、若い人ほど「宿泊料が安い」ことを重視していました。安くていいところにたくさん行きたいですもんね>▽<

「調査団員の声」では、温泉施設を選ぶときの、自分なりのこだわりを教えていただきました!

アンケート実施日時:2016年12月9日〜2016年12月15日/有効回答数:2,878

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

日帰りならいいのですが、大きな温泉施設は苦手。お風呂が大混みしていて、洗い場も争奪戦になってうかつに場を離れられないので、出来れば中から小規模の宿がいいです。料理は少なくても構わないので、ゆったり風呂に浸かれること、タオルがバスタオルも用意してある所が良いです。そして、冷めないじんわり温かい肌に良いお湯であること、これが条件ですね。立地条件的なものは構わない。
57才 岩手県 既婚 女性

あー、確かに大きなところって人も多いので、洗い場も湯船も人がいっぱいで落ち着かないってありますね! せめて洗い場は待たずに使いたい><
調査団編集部: カワンヌ副団長

おひとりさまにも優しい環境…でしょうか。温泉宿はいわゆるシングルルームがある宿は希少なので、割増料金の壁に跳ね返されること多々なのです。近所にビジネスホテルでもあればいいのですが、温泉街にそんなものがあることはもっと希少だったり。風情のある浴場に美味しいお料理、静かに流れる静寂な時間。街を歩けばまた楽し。そんな温泉宿への宿泊に思いを馳せても、おひとりさまという単位は相手にしてもらえていない。そんな風に思います。なので、おひとり様歓迎の雰囲気を感じるともう、ロックオンですね。時間が無くても行くぞー!って気分になります。いろいろな営業努力を重ねる地域も多いようですが、忘れてませんか?おひとり様対策。効率が悪いとは思いますが、単に独身というだけでなく、高齢化でおひとり様になってしまった方や、友人や恋人、伴侶と離れて、ふと一人で温泉街へ行きたい…って願望を持つ方って少なくないと思うのです。温泉街って、ちょっとしたタイムスリップ気分の錯覚を味わえるところも少なくないですから、非現実感を味わうにもいいのですよね。ぜひ検討してほしいです。
47才 東京都 未婚 男性

温泉宿でおひとりさま歓迎って言われてみるとあまり見ないかもしれません。1つの部屋に1人よりは2人、3人泊められたほうが宿側はいいのもわかりつつ、おっしゃるとおり、これからの時代おひとりさま対策重要かもですね〜!
調査団編集部: マリカナ団長

きれいなホテルより、建物自体に歴史的価値があるような古い旅館が好き。子どもの頃に帰ったようなワクワク感がたまらない。最近では、島根県の温泉津温泉の長命館の、木造三階建の吹き抜けの螺旋階段がすばらしかった。
61才 東京都 既婚 男性

「長命館」思わず調べにいってしまいました! これはザ・温泉宿って感じでいいですね! 私も行ってみたいな★>ω<
調査団編集部: カワンヌ副団長

二つあります。源泉かけ流しであること、無理のない食材でおいしい料理が食べられること、です。個人的には、「温泉」を名乗るからには、あとから沸かしたお湯ではなく、源泉自体からきちんと熱いお湯が出てきている必要があると思っています。(熱すぎるから冷ます、はOKだと思っています。)また、山奥の温泉旅館で新鮮な海の魚のお刺身を出す、と言うような無理はしないで欲しいと思います。山奥の温泉旅館なら、山の幸、海辺の温泉旅館なら、海の幸で十分です。
54才 千葉県 既婚 男性

バリアフリーをチェックするようになりました。元々母は足を痛めており加齢とともに更に辛くなってきたらしいのですが、それでも温泉に行くと気分も晴れるし足の調子もなんとなく良くなるとの事で楽しみにしているから連れて行きたいけれど、何しろ足が思うように動かなくなるときもあり危険なので、バリアフリーの整った施設を探すようになりました。
53才 東京都 未婚 女性

必ず露店風呂があり、泉質も濁りの硫酸塩・硫黄泉などを選ぶのが多い。また天然温泉にこだわらないが、炭酸風呂を好んで入浴もしている。炭酸風呂は約38℃で常に一定の温度で1回につき10分以上入浴すると体が暖まり、血液の流れもスムーズになるとのこと。高血圧予防に最適と聞いている。
69才 宮城県 既婚 男性

浴衣が選べたり、卓球場を借りたりできると「温泉に来たー!」という感じがするので、何か自分の気分が上がりそうな特典を宿選びでは重視しています。夫婦で行くことが多いので、家族風呂があることも重要。客室に置いてあるおまんじゅうが「かもめのたまご」だとテンションあがります(笑)!
26才 神奈川県 既婚 女性

宿の検索時に写真が違うアングルなどで沢山掲載されている事。当然だけど、施設の古かったり、汚かったり、見せたくないって思うようなところは掲載しないと思う、だけど、どうにか努力して不快にさせないようにしていたりすればそういうのも見せていいと思うし、そういう施設はそういう面もしっかり掲載している。そういう施設の方が安心だし親しみも湧く。実際綺麗なところばかり掲載している施設は何かちょっと気になる点が出てくる。
43才 東京都 既婚 男性

日帰り温泉のお話ですが、駐車場の大きさを見ます。日帰り施設は混んでいることが多い、メインのお風呂がキャパ越えしてたら最悪。最低でも20台以上あれば、施設内でお客さんが分散している可能性が高く、混んでてもお風呂を楽しむことができます。でもイクラ駐車場が大きくても、施設に着いた時誘導員がいたらそこはパス。下手すると入場待ちなんてことになってるはず。だから日帰り温泉に出かけるときは、メイン、プラス2、3施設ピックアップして出かけるようにしています。
51才 東京都 既婚 男性

露天、屋内は問いませんが庭園や海が展望できるところが好きです。「和倉温泉」のある旅館で海に張り出したお風呂に入ったとき、冬の日本海の荒波が窓ガラスに打ち付けられた迫力ある光景をいまでも思い出します。
75才 広島県 既婚 男性

夕食つきでないほうがいい。朝も軽くすませたい。布団の上げ下げは自分でしたい。こういうのをスタッフが全部すると、宿泊施設側のスケジュールに合わせないといけなくて、こっちのスケジュールで動けない。では何のために、旅行に来ているのやらと思う。起きたい時に起きたいし、食べたい時間に食べたいし、寝たい時に寝たいし、寝る直前まで布団はしかずにいたいし…そのたびにスタッフが入ってくるし…。のんびりできないのなら旅行の意味がない、家にいたほうがまし。
55才 大阪府 未婚 女性

宿は温泉で選ばない、なるべく山菜の出ない宿を選び、程々の値段でも料理の量が少なく美味しい物が出る宿。
67才 埼玉県 未婚 男性

食事がビュッフェではなくきちんと出てくること。部屋食なら言うことナシです。せっかく日々の疲れを癒すために温泉に来ているのだから、上げ膳据え膳で頂きたいです。
49才 大阪府 既婚 女性

日本庭園のような広大な敷地の中にある露天風呂を有する温泉施設を探しています。何カ所かは見つけました。
57才 京都府 既婚 男性

人が少ないド田舎の山里にある温泉で、真冬に雪景色を観ながらのんびりと露天風呂に浸かり、その土地の食材を使った料理(鍋など)と濁酒かワインでしんみりと更けていく夜が良い。秋田に誰にも教えたくない宿がある。帰りは角館散策など。
48才 岐阜県 未婚 男性

サウナ施設と行き帰りに温泉やホテルから送迎バスがでているかどうか。後は宿泊時のチェックインやアウトが遅い時間でも大丈夫かどうか。
49才 北海道 未婚 女性

温泉だけでの目的では行かず、観光、散策その地の名産、特産品等の購入を兼ねていくので、安くて、良い品物を売っているところなど、教えてくれる宿が好きです。
68才 大阪府 未婚 男性

循環・濾過してなく塩素剤を使ってない事が第一条件です。出来れば毎日湯抜き清掃をしてる施設を選びます。
50才 埼玉県 未婚 男性

絶対源泉掛け流しです。最後に体にかけてあがります。洗い流しません。こっそりペットボトルにも詰めて、洗顔後に化粧水のように使います。お肌ツルツルです。
44才 神奈川県 未婚 女性

等張性の珍しい温泉を探している。めったに無い。 例:兵庫県宍粟市一宮温泉まほろばの湯。
70才 千葉県 既婚 男性

環境、清潔感、風景、浴槽の広さ、効能、料金等を考慮し、自宅から40分〜1時間以内の距離に別府温泉、鉄輪温泉、湯の平温泉、湯布院温泉があるが、別府市営の海岸部が孫と息子家族を連れて行っても、安心な場所。
76才 大分県 既婚 男性

清掃がよく行き届いていること。特に水回り、大浴場などの脱衣所で床の髪の毛などが足の裏にくっつかないようマメに清掃されていてほしい。又、露天ぶろなどは岩が苔のようなものでニュルニュルしてないでほしい。
55才 東京都 既婚 女性

部屋にも露天風呂があり、食事は部屋食で景色が綺麗なところ。犬も泊まれれば言う事無しだが、それは難しいので、犬と一緒に温泉に行くときは犬が部屋でくつろげることを最優先します。
58才 千葉県 既婚 男性

お風呂の清潔感はモチロン、脱衣所の広さや清潔感・アメニティの充実度も女性には大事なポイントです。ドライヤーの数が少なかったり、狭かったり…最悪です。料理の内容ともにOKでない所には宿泊しません。
53才 埼玉県 既婚 女性

宿泊よりも日帰りの温泉利用が多いです。そんな温泉好きな僕が利用しているのが「@nifty温泉」です。ツーリングの帰りに日帰り温泉に寄ることが多いので、前日から「@nifty温泉」に目を通して温泉施設を決める感じです。そんな中で「こだわっている」ことが、「効能」ですね。ツーリングの疲れを癒してくれるような効能が表記されていると「ここだ!」って思っちゃいます。
52才 長野県 既婚 男性

旅館を含めた温泉街全体の雰囲気でしょう。それに食べ物。個人的には温泉ホテルはあまり好きではありません。「千と千尋の神隠し」に出てくるような街のイメージでしょうか。ひなびた雰囲気に、地場の食材を使った料理、それにアルコール。いいですねえ。
57才 宮城県 既婚 男性

温泉は最近でこそ少し行く回数が減りましたが、数年前まではグループで結構行ってました。選ぶ基準は、開けた露天風呂、周りが囲まれた露天風呂も多くありますが、できるだけ、外が見える露天風呂を選びます。山の中の川沿いにある温泉の露天風呂なんかはとても落ち着きます。
44才 京都府 未婚 男性

温泉だけではつまらない。近くや途中に遊べる施設があれば子供と一緒に、ゴルフ場などあれば友達と美味しい食べ物や名所があれば家族・親戚と、行く相手や目的が変わる。
66才 長野県 既婚 男性

とにかくお風呂の質が良い事。泉質、お風呂の大きさ、種類、露天風呂がある事。温泉に行ってまで狭い風呂でイモ洗い状態で入るのは嫌なので、のびのびと入れるように風呂の種類が豊富な所を選んで、空いている所で手足伸ばしてゆったり入るのが目的です。
52才 埼玉県 既婚 女性

その時の気分で、海に近い温泉か山手の温泉かを決めて、あてもなくそちらの方向へ車で走って、道端に立っている「温泉のぼり」が自分を誘っていると思えたら、そこへ行く。
59才 愛知県 既婚 男性

義母が喜ぶ。つまりは食事がおいしく、明るくて高齢者でも入りやすい温泉であること。古い温泉地は浴室が暗かったり、段差が大きかったり、湯船が広すぎて身体が不安定になることが多くて難しい。
50才 栃木県 既婚 女性

木造の和風建築がとにかく好きで、年期を重ねた数寄屋風のお宿を選びます。お部屋も今風の和モダンより、畳敷きの和室が好みです。
57才 東京都 未婚 女性

ゆっくり浸かれる。急かされない、自分の時間を持てることが第一。景色は目が悪いので見えないのでそれほど気にならない。
60才 山梨県 既婚 女性

主にスキーの際に利用するので、いつでも入れることとゆったり出来るスペースがあること。また一寸した旅行の際に立ち寄り湯の場合は温泉組合の共同銭湯を利用します。現在は近隣の温泉を利用したスパも利用しています。
69才 神奈川県 未婚 男性

地元の料理が食べられるのがいいです。いのしし鍋とか。いまどきはジビエとかいうけど、宿のご主人に「オレが撃ってきた(獲ってきた)」とか言われるとうれしくなります。
49才 東京都 未婚 女性

こだわって選んでいるわけでもないし、予算も限られているので、回数行きたい私は数回しか利用したことがないが、部屋付き露天風呂は子どもが赤ん坊や小さい頃は、子どもが寝た後、夜中に何度でもゆっくり長く入れるのが良かった。子どもが成長すると、いろんな種類のお風呂が点在しているようなところを喜ぶのでほとんど行かなくなってしまったが。
51才 東京都 未婚 女性

豪華な温泉、伝統的な温泉宿も良いですが、たまに自炊できるひなびた温泉へ行って自分で料理を作るのも楽しいものです。特に秋、地元で採れたキノコなどの食材が手に入る時期がいいですね。
56才 北海道 未婚 女性

夕・朝食ともに最高に美味しいこと。清潔感があり、スリッパは使い捨て。もしくは、使い捨ての靴下(足袋)がついていること。温泉でタオルがバスタオル、ハンドタオル共に使い放題なこと。
29才 東京都 未婚 女性

安い宿を選ぶ場合、自炊ができるか、源泉かけ流しか、部屋がひどくはないかを検討。値段を気にしない場合は、源泉かけ流しか、料理がおいしいか、サービスが良いか、露天風呂があるかを検討。
58才 青森県 既婚 男性

地元の食材や郷土料理を出してくれる。泉質・効能・源泉かけ流し・露天。豪華である必要はありません。古くても清掃が行き届いていれば大丈夫。1泊15000円まで。なので、有名温泉地なら民宿。あまり人の来ないひなびた温泉であって、温泉自慢ができる宿を選びます、日帰りの共同浴場が第一選択かな。
38才 大阪府 既婚 女性

最近多くなった、地元開発型の小さな温泉をいろいろ探して楽しんでいる。道の駅併設型も多く、食事も変わったものがあることが楽しみの一つ。その地方独特の調理法があったりして、嬉しくなる事が多い。
73才 東京都 既婚 男性

泉質はある程度こだわりがあるが、是非という事はない。炭酸泉が好みである。大分県の長湯温泉がそれである。また、長崎県の波佐見温泉は長湯温泉程ではないが炭酸線である。最近は温泉ブームと相まって、温泉付きの豪華な食事が楽しめる所が多くなったようです。暇を見つけて、年間10回以上馴染みの温泉へ出かけています。
67才 福岡県 既婚 男性

日帰り入浴のできる施設を探しながら、ドライブ、車中泊が恒例です。次を探しながらカーナビ・地図・その地でいただいた観光案内をみるのも楽しい。どちらの方角へ向かうかだけを決めて、出発!また行きたくなりました。
53才 千葉県 既婚 女性

ネットの口コミを調べて、悪い事や至らない点を書いてある所が自分には何でもない事だったらそこに決める。
72才 鹿児島県 既婚 男性

温泉は大好きだけれど、なかなか温泉だけに行くというのは家族の賛同も得られず難しいのですね。そこでまず家族の行きたい観光地を選んでそのうえで近くにある温泉行を組み込むという手順になります。
67才 大阪府 既婚 男性

岩盤浴がある施設:日帰りだが、宮沢湖温泉は、高温の他、低温の広い岩盤浴室があり、読書もできて、また、景色もよく、落着くおとなの温泉です。
65才 東京都 既婚 男性

鹿児島県は長野県と並ぶ温泉天国で、一般家庭でも温泉の引ける地域さえある。町の銭湯も天然温泉で、都会の銭湯より安く入れるので自分なりのこだわりもへったくれもなく温泉につかるだけ。また人口密集地以外では逆に地元食材を使わない料理や絶景の見えない場所を探す方が難しいかも。空き家と爺ィ婆ァも普通にいるよ。
66才 鹿児島県 未婚 男性

ふだん口にすることがない新鮮な魚介類が食べたいので、海に近い場所を選んでしまいます。併せて、ふだん目にすることができない星空が見られたら、なお最高です。
60才 大阪府 未婚 女性

特別な事は無いけど、『隠れた穴場』的な、『日帰り温泉』や『村営公衆浴場温泉』などが一番ホッコリ出来て宜しい。以前ドライブの序やスキー帰りに利用した経験上で。
57才 大阪府 未婚 男性

24時間温泉に入れる施設を選ぶ。大概主人と2人で行くので車で行きやすい所で落ち着いてゆっくりとした温泉宿が大好きです。又必ず露天風呂の有る宿なら何処でもオッケーです。
71才 大阪府 既婚 女性