ものを覚えるコツのトップ3は「声に出す」「語呂合わせをする」「何度も書く」

ものを覚えるコツのトップ3は「声に出す」「語呂合わせをする」「何度も書く」

ものを覚えるコツのトップ3は「声に出す」「語呂合わせをする」「何度も書く」

「ものを覚えるコツは?」という調査です。「特にない」の39.7%を除いて総計を見ると、1位は「声に出して覚える」で30.4%、2位は「語呂合わせで覚える」で24.3%、3位は「覚えたいものを何度も書く」で21.3%、4位は「覚えるものに興味を持つ・理解する」で13.5%、5位は「何か好きなものと関連づけて覚える」で11.5%という結果でした。

■「声に出して覚える」「覚えるものに興味を持つ・理解する」は男性より女性のほうがより多い

男女別に比較すると、全体的に女性のほうが高く、女性はさまざまな覚え方をしていることがわかりました。中でも、「声に出して覚える」「覚えるものに興味を持つ・理解する」については、男性より女性の方がより高い割合になってしました。



ちなみに年代別では、60代以上で「語呂合わせで覚える」と回答した人は、ほかの世代より5%以上高くなっていました。また、30代以下では「人に教える」という回答がほかの世代より5%以上高くなっていました。
私も誰かに説明したりすると覚えやすいなって思います〜(´▽`)

アンケート実施日時:2017年02月24日〜2017年03月02日/有効回答数:2,731

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing