春が好きな人は70%に対して、嫌いな人はわずか6%

春が好きな人は70%に対して、嫌いな人はわずか6%

春が好きな人は70%に対して、嫌いな人はわずか6%

春は好きですか? という調査に対して、総計をみると、最も多かったのは「好き」で53.1%、次いで「ふつう」で24.1%。「大好き!」「好き」をあわせた【好き派】は69.5%で約7割、「大嫌い!」「嫌い」をあわせた【嫌い派】はわずか6.4%でした。

■若い世代ほど【嫌い派】が多い傾向

年代別でみると、【嫌い派】の数は、60代以上では3.8%のみですが、若くなるほど増え、30代以下では14.1%に。若い世代ほど【嫌い派】が多いということが分かりました。



「調査団員の声」では、春が好き(または嫌い)な理由を教えていただきました〜。ちなみに男女別では、男性より女性のほうが、ちょっとだけ春が嫌いな人が多かったのですが、花粉症と虫が嫌いな理由としてあがることが多かったので、女性のほうが春が嫌いな人が多いのも納得かもです〜(´▽`)私も花粉症と虫がダメなので。汗w

アンケート実施日時:2017年03月31日〜2017年04月06日/有効回答数:2,662

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

最初の子供が生まれたのが春四月でした。会社で仕事がうまく行かず気分の落ち込みが続いていた頃でした。4月10日女の子が生まれ、何かトンネルを抜けたような気がしました。周りを見渡すと桜も咲いていました。仕事に向かう気持ちも入れ替わり、全てが良い方向に向かい始めた春でした。
68才 大阪府 既婚 男性

すべてが良い方向に向かい始めた春、お子さんが春を運んできてくれたみたいですね〜♪(*´ω`人)
調査団編集部: マリカナ団長

冬の厚着から薄着になるので、肩も軽く色もパステルカラーになるので気分爽快になるので、四季の中で一番大好き。
71才 大阪府 既婚 女性

あっ、たしかに冬物の服って重たいですもんね! 色も暗いものが多いし、春ものは薄いピンクとか水色とかかわいい色が多くて嬉しいです★>ω<
調査団編集部: カワンヌ副団長

なんといっても、梅や桜以外にも、花が咲き始めるところが大好きですね。それと、やっぱり年度が始まるなーという思いで、正直、お正月よりも一年の始まりのような気がする。毎年行っているイチゴ狩りや、潮干狩り、夏の山の避暑や花火大会をいつ行こうかなーと空白のカレンダーを見ながら計画を立てるのが、恒例の春の行事です。後は花粉症さえ乗り切れば!本当に楽しみ!
52才 茨城県 既婚 男性

1月よりも4月のほうが1年の始まりっぽいというの、同感です〜! 会社も新年度は4月からですし、調査団も3月29日が記念日なので、4月はまた新しい1年〜という気持ちです(´▽`)
調査団編集部: マリカナ団長

桜は大好きだし、暖かくなってくる季節感も心地よいし、誕生日も春だし、本当は春は好きなはずなんです、いや実際一番好きな季節だったんです。あの大学生の春に、仲間と行った郊外の遊園地で、前日の雨が嘘のような最高に良い天気の下楽しんで、そしてその日の夕方から原因不明のくしゃみと鼻水が止まらなくなった、あの日までは。そう、その日を境に、毎春、毎春、花粉症に悩まされるようになり既に30年。花粉症が発症する春は、最も憂鬱な季節と変わってしまいました。
51才 東京都 既婚 男性

雪に閉ざされ緑も花も無かった枯れ草の地面にサフランや水仙さまざまな花が咲き始め、木々も萌黄色に包まれます。少し経つとコブシと桜と梅がほぼ同時に咲き、本当にすごい季節です。
56才 北海道 未婚 女性

春きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれねる、あおによし奈良の都に咲く花のにおうがごとく今盛りなり、梅も桜も咲き始めるとなぜかウキウキそわそわ。まだ寒かったけど、近所のお庭の紅梅白梅が今年もとてもきれいだった。今は桜便り、天気予報の開花宣言が気になる。東京ではもう咲き始めらしいが、近所の公園はまだ硬い蕾、この週明けには一気に咲くという。桜の咲く頃はいつも忙しく、気が付けば染井吉野は花吹雪。遅咲きのしだれ桜よ、どうぞ咲いてておくれ〜。
68才 神奈川県 既婚 女性

雪国育ちの私、東京に桜が咲く頃になると雪溶けの故郷を思い出します。雪が溶けた土にはふきのとうが顔を出し春の到来を告げています。やっと雪から解放された気持は何事にも替えがたいものです。
76才 埼玉県 既婚 男性

弥生、3月、春生まれなので。気候も風がほんのりと温かくなり、穏やかで、花が咲き始め、どこまでも眠くて…新学期、新年度と気忙しいはずなのになぜかうらうら、うとうと…のんびりゆったりな気分になってしまうのがいいんです〜。
50才 東京都 未婚 女性

北海道に住んでいるので、冬の間は雪でバイクに乗れないのが辛い。北海道から九州まで日本中をバイクツーリングしているライダーの自分にとっては半年ぶりにバイクに乗れるようになる春は1年で一番待ち遠しく心ウキウキする季節。
46才 北海道 未婚 男性

春はいいですね。家庭菜園に種まきをしたり苗を植えたり、わくわくして朝も早く目覚めます。菜園がそれほど広くないので、連作にならないようにとか誰も植えていないような新種の野菜を探したりとか悩みを楽しみに変えてくれるとともに作業によって健康維持にも役立つのが私にとっての春です。
75才 広島県 既婚 男性

寒さが苦手なのでとてもうれしいが、花木の花がらの始末や常緑樹が古い葉を落とす上、雑草も元気よく生えて庭仕事に時間がかかるのがマイナス。
61才 愛媛県 既婚 女性

一目千本桜の傍に住んでいるので、お花見は窓から眺める。風に舞う桜の花びらはきれいだが、その花びらが車や窓に着くと跡になるので困ってしまう。
70才 宮城県 未婚 女性

学生の頃、自分の今後の人生について占ってもらったとき、占い師から「春に出会った人と〇〇歳に結婚する」と言われたことがあります。それから毎年春が来るのがとても楽しみにしているのですが…あれからウン十年。結婚すると言われた歳が過ぎていますが、未だ春に出会いはありません(涙)
46才 千葉県 未婚 男性

世の中が出会いと別れと新生活で浮足立っていて落ち着かない。季節の変わり目で子どもの頃から体調を崩す季節でもある。通勤通学になれていない人がどっさり電車に乗って来る。
58才 千葉県 既婚 女性

寒くて引きこもっていた冬から、うら暖かい春になると趣味の町歩きの楽しさも倍増。ああ京都に生まれてよかったーと実感する季節です(その分、冬は底冷え&夏は夜でも蒸し暑いのですが)
53才 京都府 既婚 男性

ああ、ようやく暖かくなった…冬を生き延びた生物の一種としての喜びを感じる気がします(笑)とにかく、朝ふとんから出やすくなるし、動きやすくて助かります。
39才 茨城県 既婚 女性

イギリスに住んでいた時、長い寒い暗い冬が終わり、土のにおいがして、花が咲き始め、暖かくなり、夕焼けの色も変わり、人々が明るくなって、そんな変化を見るのが楽しみだったので。
51才 千葉県 既婚 女性

やっとあれだけ積もった雪が溶けて、雪かきをしないで済むので。また、桜をはじめ草花が咲くと気分が晴れやかになる、犬の散歩を明るい時間帯に出来るから(冬は真っ暗です)。
57才 岩手県 既婚 女性

花粉症になって以来嫌いな季節になりました。寒さが緩み、花が咲いて気分的にとてもいい時期なのに、本当に東京西部の杉花粉は酷いです。元々鼻炎持ちだったので症状が酷く、最近目にも来るようになって辛いばかりです。
47才 東京都 未婚 女性

近くの公園を散歩して、桜の木を散策しながら、蕾を見つけ、膨らみ、開花を見つけては、満開を楽しんでいます。公園は、大人の憩いの公園であり、遊具はなく散策に適しています。桜の樹だけでも、8本程度あり幹も大きく四季の花を愛でる公園で徒歩5分の場所にあり、楽しんでおります。明るく感じるのは好いことです。
82才 愛知県 既婚 男性

草木が萌え出づる春は、なぜか心が浮き浮きしてくるようです(年齢を重ねても相変わらず…)中学生の頃までは、当時住んでいた隣町で3月初めにメイン道路を封鎖してホコ天にして「初市」があり、イカ焼き食べたさに(学校帰りに)自転車で出かけていました。今もあの初市は行われているのかな?確か、江戸時代から続く…とか言っていたのだけど。お祭りの屋台でイカ焼きの香りを嗅ぐと、初市を思い出します(セピア色の思い出)
56才 鹿児島県 既婚 男性

どんどん暖かくなってきて、厚着からも解放されて行って、身も心も軽く明るくなってきますでしょ?日も長くなって、街も花や緑が元気になってきて、華やかになります。鳥や虫も出てきて、陽気な雰囲気。大好きですよ、そりゃ!!!
50才 千葉県 未婚 女性

春は大好きです。寒い冬が過ぎこたつをしまって身軽に動けるようになると、気楽に外に出ることができる様になります。 ドライブに出ることも多くなり、春めく景色を楽しんでいます。
73才 兵庫県 既婚 男性

四月になっても桜が咲かないくらい寒い場所に住んでいます。毎年桜の開花が最後くらいなのです。根雪がなくなり路面の凍結もなくなるとああ春が近いなーって思って嬉しくなります。しかし今朝(3/31)流氷が沖まで来ていてこっちの春はいつになることやら、と暖かい土地に住む方々がうらやましくなります。春は好きですが暖かいなって思う頃には大抵暦の上では初夏になっています。
44才 北海道 未婚 女性

北海道出身者ですが、春と言ってイメージするものは、雪解けの泥だらけの舗装道路です。花見というのはゴールデンウィ−クの行事だと思っていましたし、小学校の入学式ではゴム長靴の子供が多かった記憶があります。今はそんなことないのかな。
50才 大阪府 既婚 男性

「体とどちらのほうが大きい?」と感じるようなピカピカのランドセルを背負って通学する「1年生」を見て、○○年前の自分自身を思い出す時期だからです。今も、いくつもの鮮明な記憶が懐かしく感じます。
53才 京都府 既婚 男性

寒いのが大嫌いなので、温かくなる春は楽しみです。花粉症なので、少々つらいですが、寒いよりは遥かに楽です。つくしやフキノトウなど、春らしい食材も楽しみです。
59才 愛知県 既婚 男性

長年花粉症だったので、梅が咲く頃から桜が散るまでの間は、目がかゆく、くしゃみ鼻水が止まらず、頭が重くて辛い季節だった。ここ数年は歳のせいか症状がぐっと軽くなり、花を見たり、新緑の山歩きを楽しめるようになって、まあ好きな季節と言えるようになったかな。暑い夏以外はみんな好きです。
61才 東京都 既婚 男性

仕事の繁忙期が一旦去るが、また大変な決算などが襲ってくるのでそういう意味で微妙な季節。ただ最近は寒いのがどうにもダメで、その点ではほっとする日々でうれしい。
49才 岡山県 未婚 男性

地元の堤防では桜と菜の花が咲いてとてもきれいです。大好きなテントウムシを見つけると気分まで明るくなります。
51才 愛知県 未婚 女性

山に降り積もった雪が、雪解け水となって鮮烈に斜面を流れてくる様はすがすがしく青空に映えてすばらしい。
58才 青森県 既婚 男性

最近は年齢がいって共に行ってくれる友も居なくなったので大好きだったスキーから遠ざかっている。70歳代になるまでは冬になれば雪を求めてスキー三昧の日々でした。その頃は春が近づくと雪は重くなるし間もなく雪が無くなってしまうのかと毎日気分のさえない日が続きました。そうです春は嫌いだったと思います。でも今は普通の人並みの春を待つ気持ちになれて心穏やかな老いの日々を送っています。
79才 愛知県 既婚 男性

厳しい寒い冬から解放されてこれから毎日が過ごしやすい日が続くと思うと心がウキウキする。庭には梅の古木が2本ありつぼみが大きくなり花が咲き少しづつ暖かくなる頃が最高です。
67才 千葉県 既婚 男性

四季の中で”匂い”を強く感じるのが春ではないでしょうか。土の匂い、芽吹きつつある草木、樹木類の匂い、春花の匂い等を敏感に感じれる季節です。
70才 広島県 既婚 男性

寒い冬が終わり、動けるようになるからです。若い頃は、天気に関係なく動くことが出来ましたが、最近は、天気が悪かったり、寒かったりするとうまく動けません。若い頃、仕事で無理を繰り返した関係で、年齢の割にあちこち神経痛やらあります。今時、ご高齢と言う方々から見れば、私なぞ、まだまだ若造ですが、暖かいとはなんと素晴らしい事か実感しています。
58才 千葉県 未婚 男性

子供の頃は花や気候などの季節そのもの、また、出会いや別れ、新しいクラスや学校への期待と不安なども含めて好きでした。大人になった今は、年度末でそもそも忙しいのに加え、異動、卒業、入社などの準備やお祝い等、天候が安定しない、花粉やダストが舞うなどもあり余り好きな季節ではなくなりました。
47才 神奈川県 既婚 男性

若い頃は春が嫌いだった。人間の心が浮き立ち、周囲にホンワカのカップルが多くなる。その当時、自分は孤独感にさいなまれていて、浮き立つ人々の中でますます落ち込んでいた。自分自身の心も浮き立とうとするが、対象になる相手も居ず、抑制することにも悩んだ。暗い大学浪人時代だった。
77才 福岡県 既婚 男性

新しい門出を感じるが、年を取ると若い時代を思い出させて時代を振り向かせる感じが嫌なので、普通にした。華やいだ時もあったのに、春が好きになれない。
68才 岐阜県 既婚 男性

桜など花を見る楽しみもありますが、花粉症なので、出かけるときにはめがねにマスク、花粉よけ帽子にコートとうっとうしい日々でもあります。
69才 兵庫県 未婚 女性

私の住んでいるところは北海道旭川なので真っ白な雪の風景が11月から3月いっぱいまでつづくので飽き飽きします。ですから花のシーズンの春がものすごく待ち遠しいのです。
70才 北海道 既婚 男性

私自身が春の生まれなのですが、同居する祖父母、父母との死別がなぜか4月と12月ばかりでした。そのためか桜の咲く季節になると何か物寂しさのようなものを覚えます。春が好きかと言われれば「ふつう」でも「嫌い」でもないのですが…
66才 鹿児島県 未婚 男性

雪国へ単身赴任していた時、雪に閉ざされ灰色の雲の下で過ごしていたら3月半ば、雪解けになった隙間から真っ赤な花が咲いていた。あァ、春だ!!命がよみがえってくる瞬間だと思った。
77才 埼玉県 既婚 男性

好きと嫌い両方。以前は、新年度の始まりで働く者にとってはお正月みたいなもので新入社員を迎え花見をして盛り上がっていたが、定年退職と同時に花粉症にかかり、目がかゆいのやらクシャミは出るわで散々な目に遭っている
68才 奈良県 既婚 男性

色々な草花の新芽が出てくる事。小さな小さな庭なのに毎年桃、梅、ボケ、モクレン等々がひしめき合って咲き出すのはなんとも言えない。
71才 兵庫県 既婚 男性

横浜に住んでいた頃は、大岡川の桜並木を見て、40歳を過ぎた頃から、日本の平和を感じているのが好きでした。札幌に引っ越してからは、道路上に積もって凍っていた雪が溶けて、歩道が歩き易くなり、外出する気になってワクワクするのが好きです。
56才 北海道 未婚 男性

いろんな意味で節目の季節だと思います。その時期に咲く桜が大好きです。写真撮影が趣味で続けていますが、毎年楽しみな季節でもあります。
63才 長崎県 既婚 男性

30年来の花粉症なのでつらい季節でもあるのですが、朝、目が覚めた時にサクっと布団から出られるようになり、カーテンを開けて朝日を浴び「今日も一日頑張ろっ!」という気持ちになれるところが好きです。
57才 東京都 既婚 女性

春が近づくと夜眠れなくなり、朝からボーとして集中力もない。春入学なんて日本だけの学校制度のお陰で、小・中とも入学早々、学業についていけない劣等生の烙印を捺されてしまった。秋から追い上げ、冬には逆転するのだが…
59才 栃木県 既婚 男性

瀬戸内海などで視界が悪く、小型漁船の操業シーズンと重なって、貨物船の船長を務める私には「悪魔のシーズン」です。
55才 徳島県 既婚 男性

暖かいんだか寒いんだかはっきりしない。寒くても厚いコートを着るのが恥ずかしい。風邪を引きやすい。何だか世間が落ち着かない。
61才 東京都 既婚 女性