つい見てしまうテレビCMの特徴は、「音楽が印象的」「映像が綺麗」

つい見てしまうテレビCMの特徴は、「音楽が印象的」「映像が綺麗」

つい見てしまうテレビCMの特徴は、「音楽が印象的」「映像が綺麗」

つい見てしまうテレビCMの特徴についての調査です。総合ランキング1位は「音楽が印象的なCM」で41.2%、2位は「映像が綺麗なCM」で40.6%、3位は「設定や展開が面白いCM」で23.4%、4位は「好きなタレント・アーティストなどが出ているCM」で22.3%、5位は「ストーリー性があり続きが気になるCM」で21.9%という結果でした。

■30代でもっとも多かったのは「好きなタレント・アーティストなどが出ているCM」

年代別に見てみると、40代以上の世代で1位2位を占めていたのは、「音楽が印象的なCM」「映像が綺麗なCM」でしたが、30代以下では1位に「好きなタレント・アーティストなどが出ているCM」が入るなど、ほかの世代とは異なる結果になっていました。
また、60代以上では、「動物が出ているCM」「明るい気持ちになれるCM」の割合が他の世代より高くなっているのも特徴的でした。



最近一番印象的だったのはAmazonのお父さんと犬のCMですね〜。見るたびきゅんきゅんして、何度でも見たいなって思いました〜(*´∀`*)

アンケート実施日時:2017年06月30日〜2017年07月06日/有効回答数:2,643

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing