老後に準備している財源 1位 円預金、2位 貯蓄性のある保険、3位 企業年金

老後に準備している財源 1位 円預金、2位 貯蓄性のある保険、3位 企業年金

老後に準備している財源 1位 円預金、2位 貯蓄性のある保険、3位 企業年金

公的年金以外で、老後の生活のために準備している財源についての調査です。「とくに準備はしていない」の26.0%を除くと、総合ランキングの1位は「円預金(普通預金・定期預金など)」で50.3%、2位は「貯蓄性のある保険(年金保険など)」で26.3%、3位は「企業年金(企業が勤労者向けに用意した独自年金)」で21.0%、4位は「株式投資・FX」で17.3%、5位は「財形貯蓄」で11.4%という結果でした。

■上の世代ほど「企業年金」「株式投資・FX」「債券投資」を財源として準備している

年代別でみてみると、「企業年金」は30代以下では9.0%、40代では11.7%、50代では16.5%、60代以上では28.9%と、上の年代ほど割合が高くなっていました。「株式投資・FX」「債券投資」なども同様に上の世代ほど高い割合になっていました。



ちなみに職業別でみてみると、「財形貯蓄」は、総合では11.4%でしたが、公務員の方は30.2%と3倍程度高くなっているのが特徴的でした〜。
老後生活のために準備しているとなると、私はいま何もないかなぁ…そろそろいろいろ考えなければですね> <

アンケート実施日時:2017年07月21日〜2017年07月27日/有効回答数:2,727

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing