平成の野球ニュースランキング 1位 大谷翔平のメジャーでも二刀流で大活躍

平成の野球ニュースランキング 1位 大谷翔平のメジャーでも二刀流で大活躍

平成の野球ニュースランキング 1位 大谷翔平のメジャーでも二刀流で大活躍

平成の時代で印象に残った「野球」の出来事について、日本人選手・チームを対象に調査しました。総合ランキングで1位は「大谷翔平がメジャー移籍でも二刀流で大活躍」で47.2%、2位は「イチローがシーズン最多安打のメジャー記録を更新」で37.9%、3位は「野茂英雄がドジャースで日本人選手初のノーヒットノーラン」で31.0%、4位は「星稜高校vs明徳義塾、松井秀喜が5打席連続敬遠」で28.4%、5位は「イチローが日米通算4000本安打」で28.3%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「大谷翔平がメジャー移籍でも二刀流で大活躍、新人王も獲得(平成30年)」 47.2%
2位 「イチローがマリナーズで262安打、シーズン最多安打のメジャー記録を更新(平成16年)」 37.9%
3位 「野茂英雄がドジャースで日本人選手初のノーヒットノーランを達成の快挙(平成8年)」 31.0%
4位 「夏の甲子園・星稜高校vs明徳義塾、松井秀喜が5打席連続敬遠で星稜は敗退、物議を醸す(平成4年)」 28.4%
5位 「イチローがヤンキースで日米通算4000本安打を達成の快挙(平成25年)」 28.3%
6位 「夏の甲子園・早稲田実業vs駒大苫小牧の決勝戦が引き分け再試合、斎藤佑樹と田中将大の対決が話題に(平成18年)」 25.9%
7位 「楽天・田中将大がシーズン24連勝、日本シリーズも制し悲願の日本一に(平成25年)」 23.1%
8位 「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が初開催、王ジャパンがキューバに勝利し初代世界王者に(平成18年)」 22.2%
9位 「夏の甲子園準々決勝・横浜vsPL学園で延長17回の死闘、松坂大輔が投げ切る(平成10年)」 16.9%
10位 「ヤンキース・松井秀喜が本拠地ヤンキースタジアムのデビュー戦で豪快満塁弾(平成15年)」 16.1%

■男女とも1位は大谷翔平、2位は男性がイチロー最多安打、女性はイチロー日米通算4000本安打

男女別にみてみると、1位は男女ともに「大谷翔平がメジャー移籍でも二刀流で大活躍」、2位は男性が「イチローがシーズン最多安打のメジャー記録更新」、女性は「イチローが日米通算4000本安打」と異なる結果になりました。男女差が大きかったのは、「星稜高校vs明徳義塾、松井秀喜が5打席連続敬遠」(16.0ポイント差)で、男性が多くなっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「大谷翔平がメジャー移籍でも二刀流で大活躍、新人王も獲得(平成30年)」 47.2%
2位 「イチローがマリナーズで262安打、シーズン最多安打のメジャー記録を更新(平成16年)」 40.6%
3位 「野茂英雄がドジャースで日本人選手初のノーヒットノーランを達成の快挙(平成8年)」 32.8%
4位 「夏の甲子園・星稜高校vs明徳義塾、松井秀喜が5打席連続敬遠で星稜は敗退、物議を醸す(平成4年)」 31.4%
5位 「イチローがヤンキースで日米通算4000本安打を達成の快挙(平成25年)」 27.7%
6位 「夏の甲子園・早稲田実業vs駒大苫小牧の決勝戦が引き分け再試合、斎藤佑樹と田中将大の対決が話題に(平成18年)」 25.7%
7位 「楽天・田中将大がシーズン24連勝、日本シリーズも制し悲願の日本一に(平成25年)」 24.4%
8位 「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が初開催、王ジャパンがキューバに勝利し初代世界王者に(平成18年)」 23.9%
9位 「夏の甲子園準々決勝・横浜vsPL学園で延長17回の死闘、松坂大輔が投げ切る(平成10年)」 18.0%
10位 「巨人が最大11.5ゲーム差を大逆転し優勝、長嶋監督の『メークドラマ』完成(平成8年)」 17.8%

【女性】
1位 「大谷翔平がメジャー移籍でも二刀流で大活躍、新人王も獲得(平成30年)」 47.9%
2位 「イチローがヤンキースで日米通算4000本安打を達成の快挙(平成25年)」 30.0%
3位 「夏の甲子園・早稲田実業vs駒大苫小牧の決勝戦が引き分け再試合、斎藤佑樹と田中将大の対決が話題に(平成18年)」 26.7%
4位 「イチローがマリナーズで262安打、シーズン最多安打のメジャー記録を更新(平成16年)」 26.4%
5位 「野茂英雄がドジャースで日本人選手初のノーヒットノーランを達成の快挙(平成8年)」 22.6%
6位 「楽天・田中将大がシーズン24連勝、日本シリーズも制し悲願の日本一に(平成25年)」 17.9%
7位 「夏の甲子園・星稜高校vs明徳義塾、松井秀喜が5打席連続敬遠で星稜は敗退、物議を醸す(平成4年)」 15.4%
8位 「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が初開催、王ジャパンがキューバに勝利し初代世界王者に(平成18年)」 14.0%
9位 「夏の甲子園準々決勝・横浜vsPL学園で延長17回の死闘、松坂大輔が投げ切る(平成10年)」 11.8%
10位 「広島カープが平成3年以来四半世紀ぶりにセ・リーグ制覇(平成28年)」 11.8%



地域別でみてみると、「早稲田実業vs駒大苫小牧の決勝戦が引き分け再試合、斎藤佑樹と田中将大の対決」は全国平均25.9%に対して北海道は55.7%、「広島カープが平成3年以来四半世紀ぶりにセ・リーグ制覇」は、全国平均10.0%に対して中国・四国は32.1%と、いずれも他の地域より多くなっていました〜。

アンケート実施日時:2019年01月04日〜2019年01月17日/有効回答数:2,159

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing