平成に起きた事件・事故・災害で印象的なもの 1位 地下鉄サリン事件

平成に起きた事件・事故・災害で印象的なもの 1位 地下鉄サリン事件

平成に起きた事件・事故・災害で印象的なもの 1位 地下鉄サリン事件

平成の時代に起きた「事件・事故・災害」について集計しました。総合ランキングで1位は「地下鉄サリン事件(平成7年)」で89.5%、2位は「東日本大震災(平成23年)」で87.8%、3位は「阪神・淡路大震災(平成7年)」で80.2%、4位は「JR福知山線脱線事故(平成17年)」で70.5%、5位は「米国:9・11米国同時多発テロ(平成13年)」で69.7%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「オウム真理教による地下鉄サリン事件(平成7年)」 89.5%
2位 「東日本大震災、津波による多くの犠牲者や福島第一原発事故が全世界に衝撃(平成23年)」 87.8%
3位 「阪神・淡路大震災、建物倒壊などで6400人以上が犠牲となる(平成7年)」 80.2%
4位 「JR福知山線脱線事故、死者107名で交通機関の事故としては歴史的大惨事(平成17年)」 70.5%
5位 「米国:9・11米国同時多発テロ、全世界に衝撃(平成13年)」 69.7%
6位 「韓国:セウォル号沈没事故で299人死亡、船長が乗客の高校生らより先に脱出し非難を浴びる(平成26年)」 66.7%
7位 「長崎県・雲仙普賢岳が大噴火、迫る火砕流の映像が流れるも報道関係者ら43人が犠牲に(平成5年)」 64.7%
8位 「和歌山毒物カレー事件、林眞須美容疑者逮捕、報道も連日過熱(平成10年)」 63.6%
9位 「神戸連続児童殺傷事件、逮捕された少年が酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)と名乗る犯行声明文を出す(平成9年)」 62.6%
10位 「オウム真理教による松本サリン事件(平成6年)」 60.1%

■男性の1位は地下鉄サリン事件、女性の1位は東日本大震災

男女別にみてみると、男性の1位は地下鉄サリン事件、女性の1位は東日本大震災と異なる結果になりました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「地下鉄サリン事件(平成7年)」 90.1%
2位 「東日本大震災撃(平成23年)」 87.1%
3位 「阪神・淡路大震災(平成7年)」 79.8%
4位 「米国:9・11米国同時多発テロ(平成13年)」 70.5%
5位 「JR福知山線脱線事故(平成17年)」 70.3%
6位 「長崎県・雲仙普賢岳が大噴火(平成5年)」 66.4%
7位 「韓国:セウォル号沈没事故(平成26年)」 66.3%
8位 「和歌山毒物カレー事件(平成10年)」 62.7%
9位 「神戸連続児童殺傷事件(平成9年)」 60.6%
10位 「松本サリン事件(平成6年)」 60.4%

【女性】
1位 「東日本大震災(平成23年)」 90.5%
2位 「地下鉄サリン事件(平成7年)」 88.1%
3位 「阪神・淡路大震災(平成7年)」 83.1%
4位 「神戸連続児童殺傷事件(平成9年)」 74.3%
5位 「JR福知山線脱線事故(平成17年)」 73.3%
6位 「韓国:セウォル号沈没事故(平成26年)」 69.0%
7位 「和歌山毒物カレー事件(平成10年)」 68.5%
8位 「米国:9・11米国同時多発テロ(平成13年)」 66.7%
9位 「松本サリン事件(平成6年)」 61.9%
10位 「坂本堤弁護士一家殺害事件(平成元年)」 61.4%



ちなみに総合の11位以降は、11位が坂本堤弁護士一家殺害事件、12位が熊本地震、13位が笹子トンネル天井板落下事、14位がスマトラ島沖地震件、15位がニューヨークの世界貿易センタービル爆破事件でした。

アンケート実施日時:2019年02月01日〜2019年02月14日/有効回答数:2,258

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing