ゴルフの印象調査で1位はお金がかかる、2位は接待で使われる

ゴルフの印象調査で1位はお金がかかる、2位は接待で使われる

ゴルフの印象調査で1位はお金がかかる、2位は接待で使われる

ゴルフのイメージについて調査しました。総合で1位は「お金がかかる」で64.3%、2位は「仕事の接待などで使われる」で38.6%、3位は「クルマがないとゴルフ場に行きづらい」で35.6%、4位は「年をとってもプレーできる」で34.4%、5位は「朝が早い」で33.7%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「お金がかかる」 64.3%
2位 「仕事の接待などで使われる」 38.6%
3位 「クルマがないとゴルフ場に行きづらい」 35.6%
4位 「年をとってもプレーできる」 34.4%
5位 「朝が早い」 33.7%
6位 「コースを回った時の景色がキレイ・非日常感を味わえる」 27.1%
7位 「運動になる・ダイエットになる」 21.6%
8位 「ストレスが解消できる」 20.2%
9位 「上達する楽しさがある」 19.4%
10位 「ハードルが高い・とっつきにくい」 16.2%

■すべての世代で「お金がかかる」が1位

年代別にみてみても、すべての世代で「お金がかかる」が1位でした。「年をとってもプレーできる」「コースを回った時の景色がキレイ・非日常感を味わえる」「上達する楽しさがある」は、上の世代ほど高い割合になっていました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「お金がかかる」 56.5%
2位 「朝が早い」 30.4%
3位 「仕事の接待などで使われる」 26.1%
4位 「ルールやマナーが難しい・わからない」 21.7%
5位 「中高年のやるスポーツ」 17.4%

【40代】
1位 「お金がかかる」 66.1%
2位 「仕事の接待などで使われる」 43.4%
3位 「クルマがないとゴルフ場に行きづらい」 35.0%
4位 「朝が早い」 34.7%
5位 「年をとってもプレーできる」 27.0%

【50代】
1位 「お金がかかる」 66.2%
2位 「仕事の接待などで使われる」 43.5%
3位 「クルマがないとゴルフ場に行きづらい」 33.5%
4位 「朝が早い」 33.1%
5位 「年をとってもプレーできる」 30.7%

【60代以上】
1位 「お金がかかる」 63.0%
2位 「クルマがないとゴルフ場に行きづらい」 38.6%
3位 「年をとってもプレーできる」 38.1%
4位 「コースを回った時の景色がキレイ・非日常感を味わえる」 36.4%
5位 「仕事の接待などで使われる」 34.6%


ちなみに男女別にみてみても、1位から3位までは総合ランキングと同じになってました!

「調査団員の声」では、ゴルフをする理由・ゴルフをしない理由についてご意見やお考えを教えてただきました!

アンケート実施日時:2019年06月07日〜2019年06月20日/有効回答数:2,179

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry.nifty.com/webeq/pub/news/editing

いろいろスポーツしてきた私ですが、正統派ゴルフだけ打ちっ放しとゲームしかやっとことない。でも私「パークゴルフ(主に北海道)」と「マレットゴルフ(主に長野)」が大好き!(どういうスポーツかはググってください)簡単なコースから本格的競技場まであり、老若男女、誰でも、しかも初心者とプロが一緒に出来る楽しいスポーツ。ただこれ、簡単なようで意外と奥深い。でもやるとすごく楽しい!!長野県に行けばコースがいっぱいあって、観光で訪れても手軽にプレーできるのも嬉しい。一度やったら必ずハマること間違いなし!私の「ゴルフ」は絶対こっちです!!
54才 東京都 既婚 男性

パークゴルフ、マレットゴルフというのがあるのですね!ゴルフはハードルが高いので、まずこちらかちやってみたいです(´▽`*)
調査団編集部: マリカナ団長

同年の友人からの勧めで、喜寿で、生れて初めてゴルフ体験をしました。今81歳、四年目になりましたが、スコアー別として長くプレイしてきた友人たちが快く仲間にいれてくれます。若いころは運動大好きだった自分が、この年で、すっかり錆びついた運動神経を何とか呼び戻して、楽しんでいます。3キロの減量が、今も続く原動力になっています。
81才 東京都 既婚 女性

喜寿というと、77歳ですか!そこから新しいことに挑戦することがすごいですね!暖かく迎えてくれる友人も素晴らしいです>▽<
調査団編集部: カワンヌ副団長

現役時代は札幌で雪どけのオープンを待って 月間2回くらいのペースでコースを回っておりました。普段の運動不足を解消し、ご飯が美味しくいただけるし、精神的にも健康にもたいへん良かったと思っております。最近は年に2回くらいのペースで妻とパークゴルフを楽しんでおります。
77才 広島県 既婚 男性

さきほどでてきた、パークゴルフですね。夫婦で楽しめる趣味があるのはいいですね(人´//`*)
調査団編集部: マリカナ団長

ゴルフをして良かったと思えたことがありました。社内の新組織に異動になった時、職場のコミュニケーションを図る目的でゴルフを始めました。プレー中はもちろん、ゴルフ場への送り迎え等でも、互いに理解を深めることができたからです。それは仕事にも良い影響となりました。
63才 大阪府 未婚 女性

10年ほど前までは、毎週土曜日にレッスンプロに指導を受けるほど情熱を傾けていた時期があったのですが、家内が大病をして以来、ぴたりとゴルフはやめました。家内が大きな病気を乗り越えて、後遺症が残りつつもなんとか生きてくれた状況で、土日に自分の道楽で家を空ける気にはなれなくなりやめました。ただ、ゴルフがものすごく好きで、上手だったなら、回復した家内の状態に合わせて再開していたと思います。私は、下手くそでゴルフを楽しめるほどの腕前ではなかったから、レッスンプロに教わっていたし、心底ゴルフが好きではなかったのだと思います。だから、きれいごとを言って、周りにも「ゴルフしない宣言」をする口実としたのかもしれません。決してダイエットにいいスポーツだとは思いません。(デブなゴルフ好きが周りにはいっぱいいます)ただ、好天の時、(雨でもやりたいほど好きではありませんでした)スコアの良し悪しを全く気にせず、周りの環境を楽しむことは、ゴルフの醍醐味かもしれませんね。玄関に鎮座するゴルフバッグ…自然体な気持ちで、また、やってみようかな、」と思える時が来たらプレイしたいと思います。
59才 千葉県 既婚 男性

社会人になって社内の先輩達からゴルフに誘われ始めようかと思いました、ところが準備段階で、初期投資やラウンド費用の高さ、現地までの交通費や朝がかなり早いこと、練習してある程度のレベルまでになっていなければならないこと、下手な場合18ホール走り放しになること、等が分かり参加を断りました。接待でゴルフが必要な職場ではなかったことや、家族や友人にゴルフをプレーする人がいなかったことも大きかったと思いますが、それ以降誘われる事もなく、また自分でもやりたいと思わなかったので、この歳までゴルフとは縁がない生活を送っております。
49才 神奈川県 既婚 男性

スポーツは、ちょっとやってみるのも、見るのも大好き!でも、ゴルフは、手をつけようとは思えなかった。リゾートなどでパターゴルフで遊んだことはあるけど…。一番の理由は、お金が掛かる!!!プロの選手は、凄く練習もしていて、自分のレベルを維持・向上するのに大変だと思う。それに、道具の選び方でも微妙に違ってくるとなると、自分の努力だけでは成績に現わせないとなると、本当に大変だと思う。
63才 兵庫県 既婚 女性

ゴルフを始めた理由:大人のスポーツの感じがした。ゴルフ中継を見ていてかっこいいと思った。ゴルフを中断した理由:お金がかかりすぎることに気づいた。上達が止まった。転勤してゴルフ仲間上司がいなくなった。ゴルフを再開したい理由:転勤して意外と近くにゴルフ練習場があることが分かった。しかし、新たに仕入れたゴルフクラブは従来持っていたものに比べ、シャフトが長い、ロフトが高いので、特にアイアンの距離感が全くつかめない(泣)
59才 鹿児島県 既婚 男性

友達と会員権を買って(安い)ゴルフ。会社に入ってゴルフをやれで人生が変わった。プライベートはなし、付き合いごるふは友達と安いコースを買った。暇を見てゴルフに興じていた。社会人になって付き合いゴルフはつらいものになった。朝のお向かい帰りの自宅まで。利用する人も人。正直ゴルフなんか出来ない。運転手代わりに使われる。それでゴルフは止めた。会社もなくなった。
77才 東京都 既婚 男性

大学のときの体育の授業があり、僕のクラスは半年間「ゴルフ」でした。ゴルフと言っても、打ちっぱなしをするだけで、実際のコースでプレイしたことはありません。元々運動オンチなので、球に当たらないで、空振りばかり。少しでも上手くなりたくて、父と一緒に、近所の打ちっぱなしへ行って練習した。父からスイング等の指導を受けたものの、やはり球に当たらない。当たっても、とんでもない方向へ球が飛ぶ。もう、二度とゴルフはしないと心に決めた。
48才 千葉県 未婚 男性

仕事のつきあいで上司に言われて仕方なく30歳代で始めたゴルフですが、朝早くから車で迎えに行き、上達しないため自分の打ったボールを探して起伏を走り回って、やっとの思いで得られた賞はブービーだけ。風呂に入っても上司や接待先の客がいてのんびりも出来ず、また車で家まで送って自宅に着くのは夜遅く。こんな経験が嫌で、自分が管理職になってから一切ゴルフから手を引き、部下にも勧めることなく50歳で止めました。
73才 埼玉県 既婚 男性

ゴルフをするのは楽しいから!!ゴルフデビューがサイパンのラウラウベイ。会社のおじさん達に「デビューは海外の方がいいから」と言われて、社員旅行でデビューしました。以来、ゴルフは私にとって『楽しいもの』。コースに出た時の解放感や非日常感がいいです。下手なので走り回ってばかりなのですが、それもまたよし。またコースに行きたいなー。久しぶりに打ちっ放しに行こうかな。
52才 東京都 未婚 女性

若い頃友人に誘われて始めましたが有る程度から全く上達しない事とやはり費用が掛るので段々と疎遠に成ってしまいました。止まっているボールを打つなんて簡単と思いましたがボールに当てるのも難しいくてなかなか面白くまたかなり距離を歩くので健康にも良いスポーツと思いますがやはり一回の費用がまだまだ高く一般庶民には手が届きにくいスポーツでもあると思います。
70才 東京都 既婚 男性

周りにゴルフをする大人が一人もいない環境で成長した私ですが、就職してからゴルフの打ちっぱなしに行くようになりました。理由はただ一つ、ストレス解消。なのでコースをラウンドすることは全く頭になく、またTVのゴルフ中継なども見たいとは思いませんでした。今も打ちっぱなしには行きたいですがコースに出ようとは思いません。
52才 大阪府 既婚 女性

会社での仕事上接待、系列会社とのコミュニケーションの為に行っています。ゲームなのでやるとそれなりに楽しいのですが、営業職に配属されなかったらやらなかったスポーツだったと思います。ゴルフにかけた金額と時間を考えると家族に申し訳ない気がします。「仕事のゴルフ」で何度家族レジャーをキャンセルしたか…?
60才 秋田県 既婚 男性

大学の体育の授業で打ちっ放しに行ったきりなので、これといった感慨はありません。しかし、なんで授業で打ちっぱなしだったんだろう? 当時は体育が必修科目だったので、「とりあえず近くに打ちっ放しがあるから、そこで授業したことにしとけ」っていうことだったのか?
48才 岡山県 未婚 男性

ゴルフは付き合いでは厄介なもので、各個人とも個性が出てとっつきにくい。精神的な疲れが自分としては感じられ、今は退職しているのでゴルフをすることはないが、フリーで楽しむ場合はよい。ラウンド費用が高いのもハードルであり、今はゴルフはしたいと思わない。
72才 宮城県 既婚 男性

友人でゴルフをする理由は運動不足解消と出世目的の上司との付き合いでしているのだそうです。自分はしない理由ですが、体を動かすのは良いのですが左程ゴルフを面白いと感じた事が無いのと、会員権や道具が高価なのが一番の原因。後は夏場の急な雷雨が怖いのもあります。
41才 栃木県 未婚 男性

ゴルフをやめた理由ですが、例えばパー72のコースだと、72で回って普通の人、それ以上で回ってうまい人というふうに認識しておりました。で、当時、ゴルフに没頭していたのですが、到底72で回れないと悟り、普通の人にすらなれないのだからとやめてしまいました。
61才 千葉県 既婚 男性

友人達との付き合い。いつものメンバー4人で年4回開催しています。メンバーは小学校、高校時の同級生、以前の仕事の会社の後輩、そしてもう一人は小生の車を購入を世話しメンテナンスをいつもやってくれる車屋さんです。3人とも近所です。
74才 千葉県 既婚 男性

仕事の都合で一時期、ゴルフをやらざるを得なくなった事がある。就業時間後だというのに、練習と称して打ちっ放しに連れて行かれ、セクハラ社長に指導で手や足首を触られて気持ち悪かった。ゴルフは大嫌いだ。二度とやりたくない。
55才 栃木県 既婚 女性

打ちっ放しに3回通いました。 最初は飛距離が出ず、疲れるばかり。2回目は飛距離は出るもののフックばかり。 3回目はより飛距離がが出たがスライスばかり。 これは小生のメンタルでは手に合わないと止めました。
75才 兵庫県 既婚 男性

うちの主人が現役時代に土日はほとんど接待ゴルフやお付き合いゴルフに出かけていきました。夫婦の楽しみもなく家族で出かけることもなくて それが至極当然でした。だからおとこの遊びのように思ってます。今でも:
71才 宮城県 既婚 女性

父がゴルフ好きで毎週のようにゴルフ場に通っていた。子供としてはもっと一緒に遊んで欲しかったのに、早朝から夕方、ヘタをすると夜遅くまで帰って来なかったのが寂しかった。
58才 兵庫県 既婚 女性

30代のころはやってたのですが40を超えたくらいで止めました。ホントに下手の横好きでしたが、まあ周りの迷惑にならないくらいには上達したように思います。でも何年かやっていると日本のゴルフという佇まいに気が付くといいますか。「紳士のスポーツ」なんて言われますが、少なくとも日本では「田舎者のスポーツ」。なにせ広い土地があるところに住んでいないとホイホイとは行けないですから。道具自慢やハタ迷惑な教えたがりなどはカワイイ方で、熟練してきたオジサマほど「口」撃してきたり、音を立ててきたりと、大昔さながらの妨害を仕掛けてきました。逆にオジサマ方に少なく若手〜中堅に多いのがグリーンの独占。「トーナメントか?」と思うくらいグリーンをぐるぐる回ってラインを読んだ挙句に外し長時間居座る。一方で世代を問わず「デートか?」のような、教えているのか何なのか的に時間をかけてノロノロ回る男女とか。波長の合わなさに気づき、どうにも楽しくなくなっていく中でフェードアウトしたのですが、あの美しい景観を半ば独占できるスポーツはそれ自体は素晴らしいと思っています。でも復活は無いかなぁ。
50才 東京都 未婚 男性