51.0%が救急車を呼ぶか迷った時の問合せ先を知らないと回答

51.0%が救急車を呼ぶか迷った時の問合せ先を知らないと回答

51.0%が救急車を呼ぶか迷った時の問合せ先を知らないと回答

一部自治体で導入されている救急車を呼ぶか迷った時の問合せ先を知っているか調査しました。総合では、「知らない」 51.0%、「知っているが使ったことはない」40.4%、「知っていて使ったことがある」8.6%という結果でした。全ての自治体で導入されているわけではない制度ですが、救急車を呼ぶかどうかを相談できる先があることについて、まだ十分な認知がされていない状況がうかがえました。

■女性のほうが相談先を知っていて、利用率も高い傾向

男女別にみてみると、問合せ先を知っている、利用したことがあるのは女性55.3%、男性46.5%と女性の方が8.8ポイント高く、お子さんのいらっしゃる方が子供を病院に連れて行くなどで迷うことが多いからかと類推されました。

男女別の詳細は以下のとおりです。
【男性】
「知らない」53.5%
「知っているが使ったことはない」39.08%
「知っていて使ったことがある」7.5%

【女性】
「知らない」44.7%
「知っているが使ったことはない」44.7%
「知っていて使ったことがある」10.7%



ちなみに、地域別でも差が出ており、「東北」「北陸・甲信越」「中国・四国」地方が65%近くが「知らない」という結果となっていました。都市部で導入されているので地域的な隔たりがあると考えられます。



アンケート実施日時:2019年08月30日〜2019年09月26日/有効回答数:2,318

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry2.nifty.com/webeq/pub/news/editing