二日酔いにならないひけつは限界までいかないセルフコントロール

二日酔いにならないひけつは限界までいかないセルフコントロール

二日酔いにならないひけつは限界までいかないセルフコントロール

二日酔いの対策、二日酔い後にしていることについて調査しました。
総合では、「二日酔いにはならない・二日酔いになるまで飲まない」が35.9%でトップ、「飲む前に何かお腹に入れてから飲む(空腹状態で飲まない)」が32.7%と続きました。

総合ランキング10位までの詳細は以下のとおりです。
1位「二日酔いにはならない・二日酔いになるまで飲まない」35.9%
2位「飲む前に何かお腹に入れてから飲む(空腹状態で飲まない)」32.7%
3位「飲んだあとに睡眠を十分とる」19.8%
4位「飲んでいる最中にお水を飲む」15.0%
5位「飲む前にウコンなどサプリを飲む(ドリンク剤、錠剤など)」8.4%
6位「二日酔いになったらスポーツドリンクを飲む」7.9%
7位「二日酔いになったら味噌汁を飲む(シジミ汁など)」6.3%
8位「飲む前に牛乳や乳製品を飲んだり食べる」4.9%
9位「二日酔いになったら頭痛薬など鎮痛剤を飲む」4.2%
10位「二日酔いになったらトマトジュース・果汁入りジュースを飲むトマトジュースなど」4.1%

■男性は二日酔いの回復には睡眠を重点においている

男女別にみてみると、「飲んだあとに睡眠を十分とる」が男性20.5%に対し女性は13%と、7ポイントの差がありました。

男女別ランキング5位までは以下のとおりです。

【男性】
1位「二日酔いにはならない・二日酔いになるまで飲まない」35.7%
2位「飲む前に何かお腹に入れてから飲む(空腹状態で飲まない)」33.1%
3位「飲んだあとに睡眠を十分とる」20.5%
4位「飲んでいる最中にお水を飲む」14.4%
5位「飲む前にウコンなどサプリを飲む(ドリンク剤、錠剤など)」9.4%

【女性】
1位「二日酔いにはならない・二日酔いになるまで飲まない」35.4%
2位「飲む前に何かお腹に入れてから飲む(空腹状態で飲まない)」33.6%
3位「飲んでいる最中にお水を飲む」15.1%
4位「飲んだあとに睡眠を十分とる」13.0%
5位「二日酔にはスポーツドリンク」6.4%


年代的にみると、若い世代ほど、全ての項目で高い結果となっており、色々試している様子が伺えました。その他の回答では、」「飲む量をわきまえる」「飲む量を決めておく」が多くみられました。また「必ず二日酔いになる」「あきらめる」といった声もみられました。

「調査団員の声」では、お酒にまつわるエピソード・失敗談などを教えていただきました。
たくさんありすぎて500字以内では書ききれないという声も多くありましたよ〜(^◇^)

アンケート実施日時:2019年09月26日〜2019年10月24日/有効回答数:2,283

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry2.nifty.com/webeq/pub/news/editing

町内に新装開店した店がどんなものかと入ってみた時に、隣のテーブルで飲んでいたご夫婦の会話と私たち夫婦の会話にかなりの共通点があり、途中で会話がクロスしてしまい、話が相互に弾んで、その後飲み友達になったことがあります。
50才 神奈川県 既婚 男性

なんてステキなエピソード(*´///`*) 二組のご夫婦がお店に引き寄せられ、出会い・・・・そして飲み友達に!
調査団編集部: マリカナ団長

神様、こんど生まれ変わる時は、もう少しだけお酒に強くしてください。体質的にビールなら最初の乾杯の1杯、ワインや日本酒ならお猪口で1、2杯が限度。肉にワイン、刺身に日本酒、枝豆にビール。あんなにおいしいものを一口しか楽しませてくれないなんて、ほんとうに罪な仕打ちです。ほんとうに少しでいいんです。昼食にワインを何本も開けるイタリア人みたいでなくていいんです。
63才 東京都 既婚 男性

わかりますわかります〜 「お酒」も「飲み会」も「枝豆やチーズやサラミ、トマト」も大好きなのに、実はお酒はあんまり飲めません(T▽T)
調査団編集部: カワンヌ副団長

もう、数知れずあります。真冬に駅前の駐車場で寝込んでしまい、寒さで「死ぬっ!」と目が覚めた事があります。宴会の後、知人に車で自宅近くまで送ってもらったのですが、遠慮したのか、かなり遠くで車を降り、歩いて自宅へ向かったのは良いのですが、眼鏡、財布、靴までも無くし、ボロボロで帰宅した事があります。また、宴会の後、家族に車で迎えに来てもらうように連絡したのですが、出来るだけ、家の近くまで移動しようと歩いたらしいのですが、国道を、全然、反対の方向に歩き続け、県境も越えてしまった事もあります。同じく、別の宴会の後、家族に携帯で迎えを頼んだのですが、全然、連絡が取れず怒っていたところ、やっと迎えに来てくれてホッとしたものの、自分の携帯の送信履歴を見て、ビックリ!電話帳に載っている全員にワン切りに近い電話をかけてました。お酒って、本当に怖いですね。(笑)
63才 京都府 既婚 男性

(@_@;)なかなかの失敗談ですね〜。500文字以内の制限が無かったらもっとたくさんの失敗談がでてきそう(笑)
調査団編集部: マリカナ団長

2か月禁酒した後、解禁になったので海の近くで飲んだら酔ってしまって、そのまま海に飛び込んでメガネをなくした。この時のことはほとんど覚えてないです。生きててよかった。
56才 神奈川県 未婚 男性

新潟旅行のお土産で、母に某希少有名地酒を送った。後日母から連絡が「とっても美味かった、特に熱燗が!!」私「…( ゚Д゚)」今の地酒は醸造技術の進歩で。冷やして飲むのが基本。箱にも冷やしてと書いてあったはず。熱燗にしたら微妙な風味から何から全部飛んじゃう。数千円の価値、台無し…その母からバス旅行で「私が味見したらすごくおいしかった!!」という赤ワインが送られてきた。へーと思いながら一杯。次の瞬間「あ、甘ッ!」ラベル見たら“砂糖、フルーツ入り”の記載が。これワインというよりジュースだわ…思案した挙句、ホットワインにして頂きました。というわけで、母のお酒の右斜め上にいつも翻弄されてます…(なお母名誉の為、料理はとても美味しいことを補足しておきます)
54才 東京都 既婚 男性

研究室の学部卒業祝いの飲み会で、教授から日本酒をすすめられ、断れずに初めて飲みました。それがけっこういいお酒だったものだから、おいしさにびっくり!しかも自分に合っていたらしく、スーッと飲めちゃう!これがきっかけではまりました。
35才 宮城県 未婚 女性

最近自宅で焼酎を飲むようになったのですが、炭酸水で割ろうと思って冷蔵庫を開けたら切らしてしまっていて、何かないかと見たら麦茶を見つけました。「これでいいか」と思って麦茶割りで飲んでみたら、これが意外と合いました。
42才 群馬県 未婚 男性

冷たいものばかり飲んでいたら、急性胃炎になりました。お湯割りのほうが体に優しいです。
60才 群馬県 既婚 男性

若いころ「強いねぇ!」というオダテに完全に乗り、自宅の玄関に倒れていた事がありました。一緒に帰った友人曰く「酔ってる感じには見えなかった」との事で安心しましたが、帰宅した記憶もなく、ゾッとしたものでした。今はそんなに飲めなくなりましたけど。
46才 東京都 未婚 女性

仲の良い友人がかなりイケる口で、たまに酔っぱらってよく転びます。危ないのでみんなが注意をすると、「私は酔っぱらってません。」と認めようとしません。誰がどう見ても酔っぱらっているとしか思えないのですが、謎です。
63才 大阪府 未婚 女性

お茶の水で飲んで、中央線の中野駅で降りるつもりが、高尾まで行き、無意識のまま、中央本線に乗り換えて烏沢駅へ。駅に新聞を配るバイトをしていたタクシーをなんとかひろい、運ちゃんと新聞をおろしながら駅巡り。缶コーヒーをおごってもらう。その後、中央高速を使って、中野へ朝帰り。金額は3万円を超え、タクシーの運ちゃんは今日はもう休みと喜んでいた。
60才 東京都 未婚 女性

25年以上前ですが、社員旅行で、同じ部屋だった先輩が急性アルコール中毒になり、ビックリしましたがすぐに救急車を呼んで事なきを得ました。早い対応は大事です!次の日は普通に観光地を一緒に回りました。現在は同じ会社にいませんが、その先輩とは今でもお付き合いがあります。
47才 茨城県 既婚 男性

かなりあります。ほんの一例をあげてみます。終電の終点の駅で降りた?のですが、気が付いたら線路を枕に寝てました。ホームには誰もおらず照明も消えてかなり暗い状況でした。ホームに這い上がったのですが胸ポケットにあるはずの携帯電話(当時はガラケー)がないことに気づきました。ホーム中程に公衆電話があったので携帯に電話しました。日頃マナーモード設定なので呼出音は聞こえませんが数十メートル離れたまさに枕にしていた線路付近で微かな光とバイブ音が・・・。ホーム上でそのあたりまで向かうのですが、そのあたりにつく前に呼出が終りまた真っ暗に。数回同じことを繰り返していました。そんなこともありました。
61才 石川県 既婚 男性

接待の席に上司とともに出なければいけないことが何度かあった。初めてのときは飲めないので、と断ってたら翌日上司に怒られた。次は牛乳を飲んで出たが、接待の席でつぶれて怒られた。三度目は翌日頭痛と吐き気で出勤できず怒られた。以後、酒席には呼ばれなくなった。めでたしめでたし。
41才 大阪府 既婚 女性

若いときは、たくさんありましたが、いい年をしても何度か失敗談はありました。日本酒を飲むとなぜか悪酔いをしてしますのですが、若い人たちからのシュプレヒコールで、若いつもりで一気飲みして酔いつぶれてしまって、醜態をさらしてしまいました。
59才 千葉県 既婚 男性

お酒を飲むとついつい調子がよくなり、口が軽くなります。あとから、失敗したなぁといつも後悔しています。
47才 京都府 未婚 男性

50年前の失敗談。お得意先と高松で夕方まで飲んでから、新幹線で名古屋下車するつもりが、寝てしまって乗り越しし、次の駅の東京まで来てしまったら最終列車が無いので、翌朝一番列車で名古屋に向かい、無事に午前の会議に出席できました。350kmの乗り越し!!
80才 東京都 既婚 男性

今は量が少ないのでほぼないですが、若いころは自分の限界が判らずに飲み過ぎて、記憶が無いことが何度かありました。不思議と記憶が無いのに家にはたどり着いていました。帰巣本能が働いたのだろうと思います。
56才 神奈川県 既婚 男性

玄関から寝室に行くまでの間、その日着てた洋服が一枚ずつ脱ぎ散らかされていました。点々と続くそれらを朝起きて見たときには驚きました。よっぽど暑かったか眠かったんでしょうね^^;
53才 宮城県 既婚 女性

あまりにも有り過ぎて。25,6歳から38歳まで、毎日もう一生分飲みました。毎日、朝起きたら「あ〜またやっちまったぁ」と頭を抱える日々でした。記憶がなくなれば恥ずかしくなくていいのですけどね。
54才 福岡県 既婚 女性

下の病気で入院。医者から1日に何本飲みますかという問診に、答は1本です。医者は激怒して言う。1日に1本の人がこんなにはならない。医者はお銚子1本。当方は一升瓶で一本。見解の相違で大爆笑。若き頃の武勇伝。
70才 神奈川県 既婚 男性

若い頃、飲んで酔っ払った帰りに工事現場に侵入してパワーショベルを運転しそうになって友人たちに取り押さえられました。それ以来、飲むたびに家に帰るまで友人たちに監視されてました。情けないことにパワーショベルの件は本人は全く記憶がなく重機好きの本能がそうさせたと思うのですが、若気の至りだと反省してます。でも還暦を迎える年ごろになっても酒も重機も大好きです。
59才 三重県 既婚 男性

マンション住まいのとき、階下のお宅と自宅を間違えて、施錠されている玄関ドアを何度も開けようとして、最後にはピンポンを何度か押したときに、間違いに気が付いた。脇の窓から、ランニングシャツのオッサンが睨み顔を出してきて、平謝りした。
59才 千葉県 未婚 男性

何度飲んで吐いても強くならず、後年、個人差(体質の要因)があることが明らかになりました。もー早く言ってよー!!
62才 東京都 既婚 男性

イギリス留学中、パブに友人と行き、何が良いか店の人に尋ねた時、勧められた「シャンティ・ガフ」が気に入って、日本に戻ってきてからも、メニューにあると頼んでしまう。
55才 広島県 未婚 女性