冷静に判断、約7割が普段の生活よりも多く買ったものはないと回答

冷静に判断、約7割が普段の生活よりも多く買ったものはないと回答

冷静に判断、約7割が普段の生活よりも多く買ったものはないと回答

新型コロナウイルス感染症の流行で、普段の生活より多く買ったものについて、調査してランキングにまとめました。
66.9%の方が「多く買ったものは特にない」となっており、これを除くとトップは「マスク」の17.1%、2位は「「アルコール消毒液・シート(除菌・抗菌商品)」 で13.8%、3位は「トイレットペーパー」 で10.5%と、トップ3は10%超えという結果となっていました。
この回答から大多数の人が冷静に判断し普段通りの生活を送っていたことがわかり、買いだめや買い占めなどの状態は一部の方による行動で起こっていたものと推察されます。


総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
※「多く買ったものは特にない」66.9%を除く
【総合ランキング】
第1位 「マスク」 17.1%
第2位 「アルコール消毒液・シート(除菌・抗菌商品)」 13.8%
第3位 「トイレットペーパー」 10.5%
第4位 「ティッシュペーパー」 6.9%
第5位 「インスタント食品」 6.7%
第6位 「冷凍食品」 4.9%
第7位 「米」 4.6%
第8位 「飲料水」 2.8%
第9位 「ヨーグルト・乳製品」 2.7%
第10位 「納豆」 1.4%
第11位 「お菓子」 1.4%
第12位 「おむつ・介護用品」 0.7%



ちなみに、その他の回答では、「マスク、除菌、消毒液は買いたくても買えない」が多数みられる中、「仕方なく布製マスクを作るために、ガーゼの生地、綿生地、洋裁用ゴム、テクノロートなどを購入」という声も複数みられました。
また「普段から必要最小限の備蓄は行っているため、買い足しの必要はない」というご意見もありました。


アンケート実施日時:2020年3月20日〜3月26日/有効回答数:2,760

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry2.nifty.com/webeq/pub/news/editing