いつまで続くのか、終息の見通しが立たないことに7割が不安を感じている

いつまで続くのか、終息の見通しが立たないことに7割が不安を感じている

いつまで続くのか、終息の見通しが立たないことに7割が不安を感じている

新型コロナウイルス感染症について、不安に思っていることを調査してランキングにまとめました。
総合では、「いつ終息するか見通しが立たないこと」が69.1%でトップ、2位は「自分や家族が感染するかもしれないこと」で62.4%、3位は「 経済・景気の悪化 」で53.4%、4位は「特効薬・ワクチンが開発されていないこと」で51.8%と、4位までが50%超えという結果となっていました。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。

【総合ランキング】
第1位 「いつ終息するか見通しが立たないこと」 69.1%
第2位 「自分や家族が感染するかもしれないこと」 62.4%
第3位 「経済・景気の悪化」 53.4%
第4位 「特効薬・ワクチンが開発されていないこと」 51.8%
第5位 「感染して周りに迷惑をかけるのではないかと思うこと」 48.3%
第6位 「世界中で更に感染者が拡大していくこと」 42.7%
第7位 「感染して更に重篤化してしまうかもしれないこと」 36.5%
第8位 「デマや誤った情報が拡散してしまうこと」 34.5%
第9位 「ウイルスが目に見えないこと」 24.6%
第10位 「感染が疑われても検査(PCR検査)が受けられないかもしれないこと」 19.6%
第11位 「収入が少なくなる・資産が減ってしまうのではないかということ」 15.7%
第12位 「感染すると自分の詳細な行動がさらされるかもしれないこと」 13.1%
第13位 「東京五輪が延期・中止になるのではないかということ」 8%
※「不安に思っていることは特にない」 2.8%



男女別にみてみると、女性は「いつ終息するか見通しが立たないこと」に対し、76.9%が不安を感じており、男性よりも10%程度高い結果となっていました。中でも40代女性は80.3%と一番高い結果となっていました。
また、その他の回答では、「無関心や無自覚な人がいること」や「犯罪の増加、治安の悪化」が複数みられました。「子供の結婚式を延期しなくてはならないかもしれないこと」といった差し迫った事情をお持ちの方もいらっしゃいました。


アンケート実施日時:2020年3月20日〜3月26日/有効回答数:2,760

掲載情報の利用についてお問い合わせの方はこちら
https://inquiry2.nifty.com/webeq/pub/news/editing