「ゆるキャン△」アニメ飯を再現!年越しそばの材料として登場した「鴨だしそば」が発売

「ゆるキャン△」アニメ飯を再現!年越しそばの材料として登場した「鴨だしそば」が発売

「ゆるキャン△SEASON2」に登場した即席袋麺「鴨だしそば」が発売

 キャンプをテーマとした大人気アニメ「ゆるキャン△SEASON2」に登場した即席袋麺「鴨だしそば(全5種・各税込378円)」が、6月23日よりあすなろ舎公式オンラインショップ他にて発売となります。

 「鴨だしそば」は「ゆるキャン△SEASON2」第2話で登場した即席袋麺を再現した商品。海からの初日の出を見るため静岡までやって来た主人公の志摩リンが、大晦日の夜に作った「鴨だしなめこそば」の材料として使ったものです。

 発売される「鴨だしそば」のパッケージは「鴨だしそば」が描かれたものや、志摩リンや各務原なでしこなどのキャラクターが登場するものなど全5種類。

 アニメではそばになめこを加え、ネギ・海苔・白身魚フライ・卵をトッピング。七味を多めに振った年越し感溢れる「鴨だしなめこそば」を食べてほっこりする様子が描かれています。志摩リンのようにキャンプ飯の材料として使うのはもちろん、お家で再現してみるのもおすすめとのこと。

 あすなろ舎公式オンラインショップ・武州屋・身延山ロープウェイ・ほったらかし温泉売店・道の駅とよとみ・セルバ身延店・コンビニエンス永谷・道の駅富士川・石和 富士見屋で6月23日より順次発売予定です。

 「ゆるキャン△」は山梨県を舞台にキャンプ好きな女子高生たちの日常をゆるやかに描いたあfろの人気漫画が原作のアニメ。2018年1月に第1期となる「ゆるキャン△」が、2021年1月からは第2期となる「ゆるキャン△SEASON2」が放送されており、2022年には劇場用アニメが公開予定。

 キャンプに関する知識やご当地グルメ、キャンプ飯などが多数紹介されており、昨今のキャンプブームのきっかけの一つとも言われている作品です。

(C)あfろ・芳文社/野外活動委員会
情報提供:株式会社あすなろ舎

関連記事(外部サイト)