ギャルが選んだ流行語 1位は「きゃぱい」・2位は「ルーズソックス」

ギャルが選んだ流行語 1位は「きゃぱい」・2位は「ルーズソックス」

1位は「きゃぱい」

 株式会社MRAはギャル雑誌「egg」の専属モデル・読者モデル・フォロワー等の現役ギャル5000名を対象にアンケートを実施。その結果をもとにした「egg流行語大賞2021」が発表されました。

 「きゃぱい」「ずっしょ」など大人たちには聞きなれないフレーズから、昭和&平成世代には懐かしい「ルーズソックス」まで様々な言葉がランクインしています。

 1位はキャパオーバーでテンパっている事を表す「きゃぱい」。egg専属モデルであるゆうちゃみが、仲良しの大阪のおばちゃんの口癖が「キャパオーバーやわ」だった所から「長いから『きゃぱい』で良くない?」と助言したのがきっかけで誕生したとのこと。ゆうちゃみいわく、文章にする場合はカタカナではなく平仮名の方がかわいいそうです。

 2位には令和JKも履きだしてブーム到来(!?)と言われている「ルーズソックス」がランクイン。令和JKの間では日常的に制服にルーズソックスを合わせるファッションが流行しているのだとか。制服だけでなくストリート系のファッションに組み合わせるコーディネートがプチバズリしたことでも注目を集めています。

 3位は「羽ばたいてるね」。昔でいう「イケてるね」に近い使い方をされる言葉で、eggモデルのえりぴが発祥とのこと。まだ使っているギャルは少ないものの、年末年始に向けてのブームを予感させるフレーズなのだとか。

 4位はTikTok発の「超チルなラッパー」。受験を辞めたいと悩んでいる女子高生へのアンサーとして、進路指導室で先生に将来の夢を聞かれた時に「え?あーしの夢っすか〜?超チルなラッパー」と言うようにアドバイスした動画が元ネタとなっています。最近では「超ギャルなプッシャー」と韻を踏んだ変化形も登場しているとのこと。このネタがバズる所からも、HIPHOP人気が高まっている事が伺えます。

 5位はずっと一緒の略語である「ずっしょ」。ずっとも(ずっと友達)などの変化形で、ストーリーやプリクラなどに文字で書くことが多いそうです。

 6位にはパーソナルカラーの基本となる色分類、イエローベース・ブルーベース・ギャルベースの略語「イエベ・ブルベ・ギャルべ」、7位には東京リベンジャーズに出てくるマイキーのセリフとしても知られる「ひよってるやついる?」がランクイン。

 以下8位は「アセアセ」、9位は「なんでも言っちゃって〜」、10位は「こみこみで」という結果となっています。

情報提供:株式会社MRA

関連記事(外部サイト)