旧作切り絵を20年以上の時を経てリメイク 細密表現のビフォーアフター

旧作切り絵を20年以上の時を経てリメイク 細密表現のビフォーアフター

左・20年以上前の旧作/右・リメイク作

 アニメ「機動戦士ガンダム」40年ぶりの新作劇場版が話題ですが、旧作をリメイクするというのは、過去の自分と向き合いつつ現在までの進歩を見せるという点で、大きなチャレンジとなります。

 切り絵作家の福田理代さんは、20年以上前に制作した「イグアナ」の切り絵をリメイク。当時の雰囲気を残しつつ、進歩した現在の技術を注ぎ込んで、さらに細密かつ立体的な作品が完成しました。(画像:左・20年以上前の旧作/右・リメイク作)

 福田さんが「イグアナ」のリメイクに取り組むきっかけとなったのは、旧作を目にした方から「欲しい」という声をもらったからだといいます。「20年以上前の作品なので、当時の雰囲気を残したままリメイクさせて欲しいと提案しました」と福田さん。

 同じモチーフを同じ構図でリメイクするということは、過去の自分と現在の自分が対峙するという、クリエイターにとっては大きなチャレンジ。進歩した自分を見せたいところですが、旧作の雰囲気を壊すわけにはいかず、そのさじ加減も難しいところです。

 福田さんの切り絵作品といえば白い紙、というイメージですが、今回の「イグアナ」ではグリーンの紙が使われました。「実はオフホワイトに統一し始めたのは4~5年前のことで、それ以前は作品のイメージに合わせて紙の色を決めていました」と、旧作に合わせてグリーンを選択したそうです。

 20年以上前の旧作でも繊細な表現に驚いてしまうのですが、リメイク版はさらに描線が細くなり、細密さに磨きがかかっています。当時はスマホなどで簡単に画像検索ができなかったので、細部の観察を十分にできなかったことも、表現の解像度が上がった理由のようです。

 「前回の下書きをできるだけいかしイメージを変えないために、直したい部分をあえてそのままにしたところもあります。そして前回作った時の雰囲気をできるだけ崩さないように、立体感や陰影を加えられるよう取り組みました」

 技術の向上した現在では、より細密度を上げて作品を作ることも可能。ですが、欲しいと言われた方は旧作を見て声をかけてくれたわけですから、あまり違いすぎてもいけない……このあたりはクリエイターにとっても難しかったことがうかがえます。

 そのように苦心しながらの制作だったにもかかわらず、今回の作品は「下書きの修正から完成まで大体1か月弱でした」と福田さんは語ってくれました。「前回は下書きから完成まで大体1か月半だったので、格段に切るスピードは上がっていると感じました」とのことで、このあたりに20年の技術的進歩が表れているようです。

 今回は旧作の雰囲気を受け継ぐため、同じグリーンの紙で制作された「イグアナ」。福田さんは「今後、今の作風のオフホワイトでも制作してみようと思っています」と語っており、紙色の違いでイメージがどれほど違うのかも、今後楽しむことができそうです。

<記事化協力>
福田理代さん(@kiriken16)

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?