多国間訓練RIMPACのもう一つの側面「親善球技大会」

多国間訓練RIMPACのもう一つの側面「親善球技大会」

護衛艦いせチームとアメリカ駆逐艦ハルゼーチームの記念写真

 6月27日(現地時間)に始まった多国間合同訓練RIMPAC(リムパック)2018。今回はアメリカや日本をはじめとする26か国が参加しています。近年時に機会が増している、各国が共同して行う必要のある災害救援などのほか、海でつながる各国の技量向上と連携強化を図るものです。お互いを知るためには、まずは交流してみるのが一番、という訳で、今回のRIMPACでも多彩な交流行事が行われています。そのうちのスポーツ大会の様子をご紹介しましょう。

 26か国が参加しているRIMPAC。7月2日にかけて、様々な競技のトーナメントを開催し、参加各国の友好親善に努めています。

 まずは屋外の競技。サッカー大会ではホスト国のアメリカをはじめ、韓国やカナダなどが参加しています。ロシアでのワールドカップに負けない熱戦です。


 海上自衛隊から参加している護衛艦いせ(DDH-182)は、ソフトボール大会に参加。ソフトボールはアメリカの駆逐艦ハルゼー(DDG-97)や、駆逐艦スタレット(DDG-104)、駆逐艦ウィリアム・P・ローレンス(DDG-110)、オーストラリアのフリゲート、メルボルン(FFG-05)などが参加しています。男女混合チームで、1塁送球をこぼすエラーあり、果敢なスライディングありと、これまた熱戦。



 アメリカの駆逐艦スタレット(DDG-104)とインドのフリゲート、サヒャディの間では、テニスも行われています。どうやら得意な競技を持つ将兵がいた場合、それぞれで集まって競技をするといった感じのようです。なにしろ26か国、47隻の水上艦と5隻の潜水艦が集まる巨大な訓練ですから、愛好者がいる確率は高くなりそうですね。

 室内競技ではバスケットボールやバレーボールなど。こちらも男女混合で、バスケットボールでは女性の活躍する場面も。




 変わったところでは、ボーリング大会も行われています。アメリカ軍の施設にはボーリング場があるところが多いので、ゲームしやすい環境にあるようですね。

 アメリカは乗組員5000名を超える空母カール・ビンソンも参加するホスト国ですから、大体全部の競技に参加しているという感じ。やはり人数が多い分、色々な競技に参加できる人材が豊富なんですね。ちなみに気になる勝敗ですが、詳しいところは明らかにされていません。あまりにも試合数が多すぎるので、結果を公表してはいないようです。勝敗はともかく、友好親善を図るのが目的ですから、試合が終われば笑顔で握手して、記念撮影をしています。


 このようなレクリエーションを通じて、参加各国の将兵は互いの考えやキャラクターを知り、これから8月2日まで行われるRIMPACの訓練本番に取り組むことになります。今回も有意義な訓練となるといいですね。

Image:U.S.Navy

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)