アメリカ陸軍がドローン迎撃用「特攻ドローン」を採用

アメリカ陸軍がドローン迎撃用「特攻ドローン」を採用

小型汎用ト?ローン「コヨーテ」(Image:Raytheon)

 2018年7月17日(イギリス時間)、レイセオンはアメリカ陸軍がドローン(無人機)迎撃用に同社のドローン(無人機)「コヨーテ」と、火器管制レーダーシステムのパッケージを導入すると発表しました。

 コヨーテは、レイセオンの小型汎用ドローン(無人機)。円筒形の本体と折りたたみ式の翼を持ち、一般的なソノブイ投下筒や、ロケット発射筒から発射して空中で翼を展開し、機体後部に備えられたプロペラで飛行します。機首部分を用途に応じて換装し、偵察やハリケーンなどの気象観測、遭難者の捜索などに使用することができます。滞空時間は約1時間。

 今回アメリカ陸軍が採用したのは、偵察や攻撃などを行う敵性ドローン(無人機)を発見し、自動的に迎撃するシステム。Kuバンドのレーダーを用いた火器管制システム(KRFSレーダー)で、こちらの脅威となりうる敵性ドローンを捜索。発見すると接近して自爆し、相手のドローンを撃墜するという、いわゆる「特攻ドローン」とも言える存在。ミサイルと違う点は、ミサイルが発射前に目標を確認しているのに対し、このドローンは飛行中に目標を捜索し、発見したらそちらへ飛んでいくというところ。

 レイセオンの先進ミサイルシステム副代表のブッシング博士は「今日において、敵性ドローンの存在は、陸上で戦っている兵士にとって最大の脅威となっています。小型で汎用性の高いコヨーテは、陸軍にとって、増大するドローンの脅威に対する最適で非常に効果的な装備と言えるでしょう」と、アメリカ陸軍の採用に際してコメントしています。

 レイセオンは敵性ドローン迎撃用に、現在よりも滞空時間の長い仕様のコヨーテを開発しており、現在最終段階に入っています。アメリカ陸軍は今年中にも、コヨーテを敵性ドローン迎撃に使用することを明らかにしています。

Image:Raytheon

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)