全日空のウミガメA380「FLYING HONU」空色の1号機がロールアウト

全日空のウミガメA380「FLYING HONU」空色の1号機がロールアウト

全日空A380「FLYING HONU」1号機塗装作業完了(画像:AIRBUS)

 2018年12月13日(ヨーロッパ中央時間)、全日空(ANA)のエアバスA380「FLYING HONU」1号機がドイツにあるエアバスのハンブルク工場で塗装作業を完了し、ハワイの空をイメージした青いウミガメ(HONU)の特別塗装が初公開されました。この1号機は、2019年5月24日の成田〜ホノルル線で運航を開始する予定です。

 全日空では3機のA380をホノルル線に導入予定であり、それぞれハワイを象徴するウミガメ(HONU)を胴体に大きく描いた特別塗装の「FLYING HONU」という愛称で呼ばれます。1号機はハワイの空と全日空のイメージカラーであるブルー、2号機はハワイの海をイメージしたエメラルドグリーン、そして3号機はハワイの夕日をイメージしたサンセットオレンジ。垂直尾翼に描かれる「ANA」の文字はトリトンブルーで共通です。



 エアバスの発表によると、この「FLYING HONU」特別塗装はこれまでのものの中でも特に神経を使う複雑なデザインだったといいます。塗装する面積はおよそ3600平方メートル。この広大な面積を16色の塗料を3300リットル使用して塗り分ける作業は、120人がかりで21日の期間を要しました。


 塗装工程が完了した「FLYING HONU」1号機は、飛行機としての性能を確認する地上試験と飛行試験を行います。それと並行して、空調や照明、ギャレーにトイレ、それにシートと機内エンタテインメントシステムなど、内装に関する各種設備の動作確認を行っています。このA380には、2階席前方に新しく設計されたファーストクラスシート(8席)と、1階席後方(71列〜76列)のエコノミークラスに横並びの3または4席をカウチソファのように使える「ANA COUCHii」というシートが設けられているのが特徴。横並びの席をベッドのように使えるカウチシートはニュージランド航空などで導入例がありますが、日本の航空会社では初の試み。小さな子供づれの乗客も気兼ねなく過ごせることでしょう。

 試験終了後はフランスのツールーズにあるエアバスの組み立て工場へと戻され、最終チェックが行われます。その後機体はツールーズから日本へと空輸され、全日空に引き渡されます。全日空では成田〜ホノルル線のうち、現在ボーイング787で運航している便をA380に変更する予定とのこと。注目のA380運航便、2019年1月中をめどに販売が開始される予定です。

Image:AIRBUS

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)