ノースロップ・グラマン 対ドローン用機動展開レーダーのデモを完了

ノースロップ・グラマン 対ドローン用機動展開レーダーのデモを完了

ハンヴィーに搭載された機動展開レーダーHAMMR(Image:Northrop Grumman)

 ノースロップ・グラマンは2020年3月11日(現地時間)、小型軽量な車両搭載型レーダー「HAMMR」のデモンストレーションをフロリダ州のエグリン空軍基地で実施し、成功させたと発表しました。これはドローンなどの脅威に、素早く対応できるレーダーシステムです。

 ノースロップ・グラマンが今回デモンストレーションを行った、高度順応性汎用レーダー(Highly Adaptable Multi-Mission Radar)の「HAMMR(ハマー)」は、F-16用の火器管制レーダーとして実績豊富なAN/APG-83「SABR(セイバー)」をベースに開発されたもの。Xバンド(8〜12GHz帯)を使用する、短中距離の三次元レーダーです。

 戦闘機用のシステムを応用したことにより、レーダーシステムとしては非常に小型軽量に仕上がっているのが大きな特長。アメリカ軍で使用されている汎用小型高機動車両のハンヴィー(HMMWV)に、電源装置を含めたすべての機器が搭載できるようになっています。

 これにより、機動力のあるハンヴィーで素早く展開し、レーダー網を構築することが可能となりました。これは特に偵察・攻撃ドローンや巡航ミサイルに対し、機動的に対処できることを意味します。

 ノースロップ・グラマンの陸上・海上センサー部門を統括するマイク・ミーニー副社長は、今回のデモンストレーションについて「こういった形で、実績ある目標探知システムを機動的に展開できるコンセプトが、国防総省のIAMD(Integrated Air and Missile Defense)用にデモンストレーションされるのは初めてのことです。今回のデモンストレーションで、予想よりはるかに早く開発が可能で、実際の戦場に対応できるということが証明されました」と総括しています。

 戦術偵察や小規模な攻撃を行うドローンや巡航ミサイルの場合、機体規模が小さいために探知が難しく、探知と同時に迎撃するタイミングが訪れるケースも予想されます。機動的に展開できる小型軽量のレーダーシステムは、これらの脅威に対する回答の1つといえるでしょう。

<出典・引用>
ノースロップ・グラマン ニュースリリース
Image:Northrop Grumman

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)