ソユーズMS-16打ち上げ 6時間後無事に国際宇宙ステーションへ到着

ソユーズMS-16打ち上げ 6時間後無事に国際宇宙ステーションへ到着

カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられるソユーズMS-16(Image:ロスコスモス)

 ロシアとアメリカの宇宙飛行士3名を乗せたソユーズMS-16が2020年4月9日(現地時間)、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。新たなソユーズ2.1aロケットで打ち上げられた宇宙船は6時間後、無事に国際宇宙ステーションへドッキングしています。

 これまで長く使われてきたソユーズFGロケットに代わり、飛行制御がデジタル式になったソユーズ2.1aを使用する初の有人ミッションとなったソユーズMS-16。すでに2019年8月にロボット宇宙飛行士Skybot F-850を載せたソユーズMS-14で安全性が確認されており、今回の打ち上げから使用されることになりました。

 今回ソユーズMS-16に乗り組んだのは、コマンダーのアナトリー・A・イヴァニシン宇宙飛行士(ロシア/ロスコスモス)、第1フライトエンジニアのイヴァン・V・ワグナー宇宙飛行士(ロシア/ロスコスモス)、第2フライトエンジニアのクリストファー(クリス)・キャシディ宇宙飛行士(アメリカ/NASA)の3名。イヴァニシン宇宙飛行士とキャシディ宇宙飛行士は3回目の宇宙飛行ですが、ワグナー宇宙飛行士は2010年の選抜以来、初の宇宙飛行となります。

 打ち上げの朝は、宿泊していたコスモノートホテルのドアにサインを残すのがロシアの慣習。めいめいがドアに名前と日付を残し、クルーバスで宇宙基地へ向かいます。


 宇宙基地に到着すると、打ち上げ用の船内宇宙服「ソコル」を着込みます。ソユーズ宇宙船のシートに座り、異常がないかをチェック。


 クルーはいよいよロケットに向かいます。クルーバスに乗り込む前に、点呼を受けて乗車。


 見送りの人々に手を振る宇宙飛行士たちはリラックスした表情。クルーバスの内部には、これまでの宇宙飛行士たちが貼ったミッションステッカーが壁に並んでいます。


 バイコヌール宇宙基地の31番発射施設に据え付けられたロケットに搭乗します。今回のソユーズMS-16の打ち上げは、31番発射施設で実施される400回目の打ち上げとなりました。


 日本時間の4月9日17時5分6秒。予定通りロケットは点火され、離昇しました。



 ソユーズMS-16は無事に所定の軌道に乗り、国際宇宙ステーションを目指します。今回は新しいソユーズ2.1aロケットを使った初めての有人ミッションだったため、スケジュールに余裕を持たせて地球を4周回してのドッキングスケジュールとなりました。


 打ち上げからおよそ6時間後、ソユーズMS-16は国際宇宙ステーションのロシア側ミニ・リサーチ・モジュール2「ポイスク」にドッキング。国際宇宙ステーションの第62次長期滞在(Expedition 62)メンバーのオレグ・スクリポチカ宇宙飛行士(ロシア/第62次長期滞在コマンダー)、アンドリュー・モーガン宇宙飛行士(アメリカ)、ジェシカ・メイヤー宇宙飛行士(アメリカ)の歓迎を受けました。

 ソユーズMS-16で国際宇宙ステーションに到着した3名は、これから第62次/第63次長期滞在クルーとしてミッションを行うことになります。しかし6人が揃うのは、わずか1週間ほど。スクリポチカ、モーガン、メイヤーの各宇宙飛行士は、4月17日にソユーズMS-15宇宙船で国際宇宙ステーションを離れ、地上に帰還する予定です。

<出典・引用>
ロスコスモス(ロシア宇宙庁) ニュースリリース
NASA ニュースリリース
Image:Roscosmos/RSCエネルギア/NASA

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)