ロシア海軍北方艦隊 対独戦勝記念日にスイーツコンテストを開催

ロシア海軍北方艦隊 対独戦勝記念日にスイーツコンテストを開催

ロシア北方艦隊スイーツコンテストの出品ケーキ(Image:ロシア国防省)

 5月9日は第二次世界大戦でドイツが降伏し、欧州戦線の戦闘が終結した記念日。ロシアでは対ドイツ戦を「大祖国戦争」と呼んでいます。ロシア海軍北方艦隊では、この記念日に合わせて、各艦艇のベーカリー担当者によるスイーツコンテストが開催されました。

 北方艦隊の独立建造・修理旅団のあるセヴェロドヴィンスクで開かれたスイーツコンテスト。所属する艦艇のベーカリー担当者10名が出場し、ケーキやパイ作りに腕をふるいました。

 審査の公平性から、作品の基準は厳格に規定されています。パイの具材はプルーンとドライフルーツのアプリコット。そして重量は2〜3kgの範囲内とされ、その中でデザインの独創性や味わいについて審査されました。



 北方艦隊給養部長のブリュハノフ大佐をはじめとする審査員らの厳正な審査の結果、優勝を果たしたのは、コラ諸兵科連合小艦隊に所属する大型対潜艦(他国海軍の駆逐艦に相当)アドミラル・レーフチェンコ。第2位は重航空巡洋艦(空母)アドミラル・クズネツォフ、第3位に大型対潜艦アドミラル・ハルラーモフのベーカリー担当者が輝きました。

 ロシアでも新型コロナウイルスの感染が拡大しているため、このコンテストでも会場となったダイニングルームは事前に消毒され、参加者と審査員はマスクと手袋を着用して実施されました。そのため今回のコンテストは、食品工場の品質検査にも似た雰囲気にもなっています。

<出典・引用>
ロシア国防省 ニュースリリース
Image:ロシア国防省

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)