警察庁がエアバスのヘリコプター5機発注 機材更新の一環

警察庁がエアバスのヘリコプター5機発注 機材更新の一環

警察庁が4機発注したH135(Image:Airbus)

 エアバス・ヘリコプターズは2020年6月24日、警察庁がヘリコプター機材の更新にともない、ヘリコプター5機を発注したと発表しました。内訳はH225が1機、H135が4機で、日本国内の警察機関で運用されるエアバス製ヘリコプターは、今回の発注分を含めて30機となります。

 国内の警察機関では、小回りのきく汎用ヘリコプターとしてH135、中型汎用ヘリコプターにH155とAS365といったエアバスのヘリコプターを運用しています。用途としては空中からの交通量調査や警備、広報などのほか、人員や物資の輸送、災害派遣時にも活躍中です。

 今回の発注にあるH225は、海上保安庁で捜索救難用として運用されているほか、防衛省納入分の3機は、陸上自衛隊第1ヘリコプター団の特別輸送ヘリコプター隊に所属し、皇族や閣僚をはじめとした国内外のVIPを運ぶ機材としても活躍しています。

 今回の警察庁による発注を受け、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのギヨム・ルプランス社長は「30年以上にわたり警察航空隊任務においてエアバスの小型双発機、中型機そして今後大型機が運航され、誠に光栄に思います。長年にわたって構築された警察庁との信頼関係に感謝いたします。そして警察庁がスーパーピューマ・ファミリーの新しいオペレーターとして加わる事を大変嬉しく思います。今回の発注により運用機数が増加するだけでなく、大型双発ヘリコプターの高い多用途性が加わり、ヘリコプターでの警察任務が強化されると確信しています」とのコメントを発表しています。

 警察庁は今回発注した5機のほか、H215を1機、そしてH225を2機導入することが決まっています。すでに日本の警察機関には12機のH135、4機のH155、6機のAS365が運用中のため、今回発注分の5機を加えると計30機のエアバス製ヘリコプターが揃うことになります。

<出典・引用>
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 ニュースリリース
Image:AIRBUS

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)