押井守最新作「ぶらどらぶ」2月14日0時に配信スタート 未公開資料収録の公式ファンブック発売決定

押井守最新作「ぶらどらぶ」2月14日0時に配信スタート 未公開資料収録の公式ファンブック発売決定

押井守最新作アニメ『ぶらどらぶ』配信時間公開&公式ファンブック発売

 世界的アニメーション監督・押井守の最新作として注目を集めていたシリーズアニメ「ぶらどらぶ」が、2月14日日本時間0時より日本国内にて世界最速配信が決定。第1夜〜第6夜が各配信プラットフォームで一挙配信開始予定です。また本編配信を記念し公式ファンブック「ぶらどらぶ解体新書」が3月5日に発売されます。

 「ぶらどらぶ」は「機動警察パトレイバー」「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」など数々の作品を手掛けてきた押井守が原作・脚本・総監督を、西村純二が監督を務める新作シリーズアニメ。2020年公開予定だったものの新型コロナウイルスの影響で延期になり、第1話特別編のみ2020年12月からYoutubeで公開されていました。

 押井守が西村純二とタッグを組むのは「うる星やつら」以来。献血マニアの女子高生・絆播 貢(ばんば みつぐ)が美少女吸血鬼と出会うことから始まる本作も見た人を笑顔にさせるドタバタコメディに仕上がっているとか。押井守が「ぜひ女の子に見てほしい」と語る本作はシリーズアニメーションだからこそできることを追求した意欲作になっています。

 また「ぶらどらぶ」本編配信を記念して発売される公式ファンブック「ぶらどらぶ解体新書」は全256ページ。本作の誕生秘話や各キャラクターの設定資料や初期イメージスケッチなどの未公開資料をふんだんに収録。ファンにとっては生唾ものの一冊になっているそうです。

(C)2020 押井守/いちごアニメーション
情報提供:いちごアニメーション株式会社

関連記事(外部サイト)