「100日後に死ぬワニ」が「100?間?きたワニ」の題名でアニメ映画化 ワニ役は神木隆之介が担当

「100日後に死ぬワニ」が「100?間?きたワニ」の題名でアニメ映画化 ワニ役は神木隆之介が担当

「100日後に死ぬワニ」がアニメ映画化!

 2020年にSNSで話題となった「100日後に死ぬワニ」のアニメ映画化が、配給元の東映より「公開まであと100日のお知らせ」として発表されました。タイトルを「100?間?きたワニ」に改め、5月28日より全国公開予定です。声の出演には神木隆之介・中村倫也・木村昴・新木優子などの豪華キャストが集結。

 監督・脚本は「カメラを止めるな!」の上田慎一郎と、アニメーション監督としても活躍するふくだみゆき夫妻がつとめ、いきものがかりが書き下ろし主題歌を担当します。

 「100日後に死ぬワニ」は漫画家・きくちゆうきのTwitterで2019年12月12日から1日1話ずつ公開された4コマ漫画。コマの枠外には「死まであと○日」と明記され、そのカウントダウンとともにワニの何気ない日常が描かれ、最終話では国内Twitter歴代最多数となる214万いいね!を獲得。連載終了日の2020年3月20日にはTwitterのトレンドで世界1位となった話題作です。

 アニメ映画では、原作でも描かれた100日間のワニの日常とともに、大切なものを失った仲間たちのその後の100日間の物語も描かれることになりました。しかし、コロナ禍で世界が一変し、それに伴って脚本も大幅変更したとのこと。

 書き直された物語は、「100日間生きたワニ」と新たなタイトルがつけられ「この映画が今生きる誰かの力になりますように」という願いのもと製作されています。

 主人公のワニ役は子役時代から第一線で活躍し続けている神木隆之介が担当。ワニの親友であるネズミ役を実写版「アラジン」での美しい歌声も記憶に新しい中村倫也が担当。モグラ役を「ドラえもん」でジャイアン役を好演している木村昴が、ワニが恋するセンパイ役を女優の新木優子がつとめています。

 監督・脚本は原作に込められたメッセージに強く共感し映画化を熱望した「カメラを止めるな!」の上田慎一郎とふくだみゆき夫妻。コンテ・アニメーションディレクトとして「宇宙戦艦ヤマト」などの歴史的名作を手掛けてきた湖川友謙が参加。音楽は東京事変のベーシストとしても知られる音楽プロデューサーの亀田誠治が担当するなど制作陣も豪華な顔ぶれ。

 主題歌は以前「100日後に死ぬワニ」とコラボしたバラード曲「生きる」のMVが再生回数600万回突破したことでも話題となったいきものがかりが担当。新たな書き下ろし曲が作品を彩ります。

 公開までの100日間、映画がより楽しみになる100日企画が公式Twitter(@100waniMOVIE)とInstagram(@100wanimovie)でスタートします。きくちゆうきによる書き下ろし4コマ漫画やキャスト・監督も登場予定です。

(C)2021「100?間?きたワニ」製作委員会
情報提供:東映株式会社

関連記事(外部サイト)