絶品和食グルメの宝庫!「久世福商店」でまず買うべきもの5つ

久世福商店のところてん

“ザ・ジャパニーズグルメストア”をコンセプトにしたフードセレクトショップ「久世福商店」。北海道から沖縄まで全国に60店舗以上が展開されており、各地の逸品やこだわりの自社製造商品が豊富に揃います。

約2,000品目にものぼるというその商品数。多過ぎて正直何を買ったら良いか分からない…という人も多いのでは?そこで今回は、同店にハマっている筆者がまず試してみて欲しい5品をご紹介します。

・和風わかめスープ

初めて買って以来、筆者宅では一度も切らしたことのないスープ。お湯をかけるだけで作れるので、ちょっと汁物が欲しい時にも便利です。しっかりとだしが効いていて、刻みめかぶやがごめ昆布のコリコリとした食感も楽しい。90g入り、500円(税別、以下同じ)。

・ねばねば昆布 野沢菜

シャキシャキした野沢菜と北海道産昆布のネバネバを同時に楽しめる漬け物。そのままご飯にのせて食べるほか、先ほどの万能だしで取っただしをかけるのもおいしい。180g入り、500円。

・甘酒

“飲む点滴”とも言われ、女性を中心にブームの甘酒。好きな人はもちろん普段あまり飲まない人も、同店の甘酒は一度試す価値あり。和菓子のような甘さでクセが一切なく、とにかく飲みやすいのが特徴です。個人的に牛乳割りがオススメ。

・おとうふドーナツ

だしと並ぶ看板商品。ドーナツのために選んだというこだわりの豆腐が使用されており、生地はしっとりきめ細かく滑らかな口どけ。様々なフレーバーがあるので手土産にもオススメです。1個149円。

・ところてん ニューサマーオレンジ

天城山の深層水と選りすぐりの天草を伝統製法で仕上げた「西伊豆産 昔ながらのところてん」。ぷりっとコシのある食感が素晴らしく、ニューサマーオレンジの果汁を加えた甘酸っぱいみつを合わせると絶品スイーツに。普段“酢醤油派”の人には特に新鮮だと思います。350円。

食べ慣れた和食をちょっと贅沢な気分で楽しめる久世福商店の商品は、年配の方への贈り物にも喜んでもらえること間違いなし。ショッピングモールなどで見かけたらぜひ立ち寄ってみてください!

関連記事(外部サイト)