今が旬!硬い桃もうっとりするほどおいしくなるコンポートの作り方--シロップは桃ゼリーに

桃のコンポートの作り方

今年も田舎から桃が届きました。

農家での収穫は熟す前に行なうため、筆者が子どもの頃から親しんできたのは硬い桃。カリカリとした食感も好きですが、“甘くて柔らかい方が好き”という家族のためにコンポートにすることに。

コンポートとは、果物をシロップやワインで煮込む保存方法。桃缶のようなイメージですが、自分で作るとおいしさが全然違います!

桃2個分の材料は、水400cc、砂糖80g、白ワイン大さじ2、レモン汁大さじ1。甘さ控えめの分量ですのでお好みで調整してみてください。ワインをいれるとより華やかな香りになりますが、無くてもOK。

桃はよく洗い、割れ目に沿ってナイフを入れ、アボカドのようにひねって半分に割ります。片側に残った種はスプーンで取り出しましょう。

鍋に全ての調味料を入れて火にかけ、沸騰したら桃の皮を下にして入れて弱火で5分程煮詰めます。桃をひっくり返してさらに5分煮たら完成。

容器に移して粗熱が取れたらそっと皮をむき、煮沸消毒したビンに入れて冷蔵庫の中で保存します。かたすぎると皮がむきにくい場合があるので、最初にむいて皮と一緒に煮込んでも良いかと。

硬かった桃もつるんと柔らかくジューシーな食感になり、アイスやかき氷にトッピングしても美味。なおシロップをそのままゼラチンで固めた桃ゼリーもおいしいのでぜひ。

保存もできてアレンジも色々楽しめるコンポート。桃がたくさん手に入ったらぜひ作ってみてください♪

関連記事(外部サイト)