新型フィットは低燃費だけじゃなく「癒やし」と「心地よさ」を追求? それってどういうこと?【新型車レポート】

新型フィットは低燃費だけじゃなく「癒やし」と「心地よさ」を追求? それってどういうこと?【新型車レポート】

新型フィットは低燃費だけじゃなく「癒やし」と「心地よさ」を追求? それってどういうこと?【新型車レポート】の画像

見た目も機能も快適性も全進化
ベストセラーハッチは第4世代へ

HONDA/FIT
ホンダ/フィット 型式 NA=GR1/2/5/7 HYBRID=GR3/4/6/8


「1oでも室内を広く、0・1q/Lでも低燃費に」というモデルチェンジを繰り返してきたフィットだが、4代目はそうした数値偏重から脱却。

「どうせBセグメント車だから」とユーザーが諦めていた潜在ニーズを掘り起こし、「癒やし」と「心地よさ」を追求する方向に転換を図った。

例を挙げれば、まず視界。Aピラーを細くして死角を減らし、インパネ上面を平らにして前方視界を拡大。サイドウインドウのラインも前傾を弱め、バックするときに周囲を見やすくするなど、「ちゃんと見える安心感」を追求している。

小物入れの配置は、これまでの「空いてい

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)

×