カスタマイズ視点で見るグレード別みどころ案内【グレード比較編】新型RAV4 50系ってどんなクルマ!?

カスタマイズ視点で見るグレード別みどころ案内【グレード比較編】新型RAV4 50系ってどんなクルマ!?

カスタマイズ視点で見るグレード別みどころ案内【グレード比較編】新型RAV4 50系ってどんなクルマ!?の画像

RAV4は6グレード全8 種類あり、アドベンチャーと標準系に二分できる!

【特別グレード】Adventure

● 313 万7400 円(税込) ●ガソリン4 WD専用

機能、デザイン、色が違う。専用装備満載のワイルド系!

四駆力を最大限発揮できる「ダイナミックトルクベクタリング」や、悪路にあわせモード切替できる「マルチテレイン」が付くアドベンチャー。
最低地上高が最も高い200oと、アクティブ四駆ならではの装備が搭載されるが、これらは標準系であるG-Zパッケージにも付くため、アドベンチャー“だけ”の特徴となるのと注目はやはりそのデザインだ。
とくに必見は外装で、全グレード中唯一となるラギッド感の強いバンパーやグリル、ワイドボディを司るオバフェンが標準と、オフロード感を強く意識させるゴツ系

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)

×