最新なのにどこかクラシック。丸いアルミの中でその懐かしく渋い空気感を表現するワークの最新作

最新なのにどこかクラシック。丸いアルミの中でその懐かしく渋い空気感を表現するワークの最新作

最新なのにどこかクラシック。丸いアルミの中でその懐かしく渋い空気感を表現するワークの最新作の画像

ラフメッシュ×スパイラル。
旬をまとったオールドスクール系
Seeker/MX & Gran Seeker/DMX
シーカー/エムエックス & グランシーカー/ディーエムエックス
探究者、という意味の言葉をブランドネームとするシーカーは、スタンス系で映えるオールドスクールデザインがその持ち味。

ミドルクラスからコンパクトで強い支持を受けていて、独創的な意匠の2ピースブランドだ。

一方、そのシーカーから派生したブランド、グランシーカーは、コンセプトはシーカーと同様ながら、より大口径を指向する3ピース。

シーカーはスタンス感とクラシック感、グランシーカーはサイズ感とレトロ感とが、それぞれの持ち味となる。

そんな両ブランドの2020年モデルは、あえて似たデザインを採用した兄弟モデル。内輪

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)