〈スズキ・スイフト&スイフトスポーツ〉一部仕様変更で安全装備が充実!  2トーンルーフ仕様車も全グレードに追加!【新型車レポート】

〈スズキ・スイフト&スイフトスポーツ〉一部仕様変更で安全装備が充実!  2トーンルーフ仕様車も全グレードに追加!【新型車レポート】

〈スズキ・スイフト&スイフトスポーツ〉一部仕様変更で安全装備が充実!  2トーンルーフ仕様車も全グレードに追加!【新型車レポート】の画像

リアまわりの安全性能を重点的に強化
先進機能の全車速追従式ACCは超便利

新プラットフォームの「ハーテクト」を採用し、先代より大幅に軽量化が図られた4代目スイフト。

発売当初はガソリン車とマイルドハイブリッド車のみの展開であったが、2017年7月にハイブリッド車、2017年9月にはスイフトスポーツを追加して現在のグレード展開に至っている。

今回の一部仕様変更の大きなポイントとなるのは、安全装備の拡充だ。

後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リアパーキングセンサーなど、後退時の安全性能強化を図るだけにとどまらず、ブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラートなど、自車の後方から接近する車両を検知する機能も全車標準化。

全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)に加え、

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)