ADVAN Racingの鍛造20インチにR6が仲間入り

ADVAN Racingの鍛造20インチにR6が仲間入り

記事画像

ADVAN Racingは例年同様、東京オートサロンで新作ホイールを複数発表予定。その中のひとつがSEMAショーで先行発表された20インチ鍛造モデルのR6だ。

 2018年10月のSEMAショーで登場したアドバンレーシングの新作鍛造モデル『R6』。20インチのみで、8.5Jから12.0Jまでのリム幅を揃え、国産車用114.3と輸入車用112.0、120.0のP.C.D.を用意する。SEMAではR35GT-Rへの装着で脚光を浴びていた。
 鋳造人気モデルRG-D2をルーツとする細身の6本スポークは脚の長さを強調。ディープリムに加えて、スポークがステップリムの内側から立ち上がる設計は、ダイナミックなコンケイブを実現。スポーク側面の股部まで途切れなくえぐられたアドバンスドサイドカットとともに、大径と深み、立体感が共存する斬新なフォルムをつくり出している。東京オートサロン2019にも展示される予定。発売は春頃となる。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)