トヨタ自動車:ディスプレイオーディオの「Apple CarPlay/Android Auto」との連携サービスを標準設定

トヨタ自動車:ディスプレイオーディオの「Apple CarPlay/Android Auto」との連携サービスを標準設定

記事画像

トヨタ自動車は、ディスプレイオーディオ(DA)のオプションサービスである「Apple CarPlay/Android Auto」を標準装備化し、6月発売の新型車よりスマートフォンとの連携機能を強化する。また、販売済みのDA装着車についても、T-Connect(*1)通信によるバージョンアップを通じて、6月中旬以降、順次機能を付与する。

 トヨタは、2019年9月17日発売の「カローラ、カローラツーリング」のフルモデルチェンジより、新型車へのスマートフォンとの連携可能なDAおよび、DCM(*2)の標準装備を進めており、コネクティッドカーの普及に取り組んでいる。従来、標準サービスとして提供しているSmartDeviceLinkTM(*3)に加え、新たに「Apple CarPlay/Android Auto」を標準装備化することで、より多くのユーザーがコネクティッドサービス(*6)を利用できるようにした。自身のスマートフォンをUSBケーブルで接続することで、マップ、電話、メッセージ、音楽アプリをDA上で、誰もが気軽に利用可能。運転中もハンズフリー通話や、音声による機能操作で、安心して使用できる。

*1 コネクティッドカーの特性を活かし車載通信機DCMを介して、通信にて機能をアップデート(追加)するためには、T-Connect契約が必要。お客様へはリモートメンテナンスメール等で個別に通知する予定
*2 Data Communication Module(車載通信機)
*3 SmartDeviceLinkConsortiumの商標または登録商標
*4 T-ConnectエントリーまたはT-Connectスタンダードにご加入いただくことで、安全・安心に関するT-Connectサービス(基本サービス)を5年間ご利用いただけます(6年目以降は3,300円/年[税抜き]または300円/月[税抜き])

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)