ヤンマー:舶用燃料電池システムの開発を開始、トヨタMIRAI用ユニットを活用

ヤンマー:舶用燃料電池システムの開発を開始、トヨタMIRAI用ユニットを活用

記事画像

ヤンマーホールディングス及び同グループ会社のヤンマーパワーテクノロジーは、車両用燃料電池ユニットをベースにした船舶用水素燃料電池システムの開発に着手し、環境に配慮した新たなパワートレインの創出に取り組む。

 船舶業界では、排ガス規制により航行を制限されるエリアが設置され、国際海事機関において今世紀中の温室効果ガス(GHG)排出ゼロを目指す「GHG削減戦略」が採択されるなど、世界的な環境規制強化が進んでいる。ヤンマーグループはこれまで、ディーゼルエンジンやデュアルフューエルエンジン※において各国の排ガス規制にいち早く対応するなど、環境に配慮したものづくりに取り組んできたが、今後は化石燃料に捉われないパワートレインも必要となる。?

 その取り組みの一環として、ヤンマーグループは水素燃料を利用した将来のパワートレインの技術開発に取り組んでおり、トヨタ自動車と覚書を締結し、トヨタ自動車製MIRAI用燃料電池ユニットと高圧水素タンクを使用した船舶用燃料電池システムの開発を開始する。2020年度内を目標に、MIRAI用燃料電池ユニット等のマリナイズによる搭載性の向上及びより長い航続時間の実現を目的として自社製ボートによる実証試験を開始し、実用化と将来の多用な用途への適用に向けて開発を進めていく。

※ デュアルフューエルエンジン:環境性に優れたLNG燃料と従来ディーゼル燃料の併用が可能なエンジン

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)