伊藤忠エネクス:東京都内で初めて『GTL燃料』使用開始

伊藤忠エネクス:東京都内で初めて『GTL燃料』使用開始

記事画像

伊藤忠エネクスが取扱う『GTL燃料』が、戸田建設の旧本社ビル解体工事現場の重機向け燃料として2020年3月より使用が開始された。

 今回の『GTL燃料』採用は、東京都内において大手建設会社が建設現場の重機(全8台)向け燃料として『GTL燃料』を正式に採用した初めての事例。戸田建設では、エコ・ファーストの約束(※1)、SBTイニシアチブ(※2)において事業活動におけるCO2排出量の削減目標を設定しており、その目標達成を通じて脱炭素社会の実現へ貢献している。

『GTL燃料』の使用は、現在戸田建設の建設事業に欠かすことのできない、建設機械の燃料となる軽油の使用により排出されるCO2排出量の削減に効果を発揮する。なお、『GTL燃料』には煤が出にくいといった効果もあるため、今後トンネル工事作業所での使用等、引き続き検討されている。

“TODABUILDING” 概要
建設地:東京都中央区京橋一丁目7番1号
規模:【敷地面積】約6,150平方メートル
   【延べ面積】約101,500平方メートル
   【建物階数】地上28階、地下3階
   【最高高さ】約173m
予定工期:2020年3月〜2023年度

※1…エコ・ファーストの約束:環境省が進めるエコ・ファースト制度に対し、企業が自らの環境保全に関する取組みを約束するもの。
※2…SBTイニシアチブ:Science Based Targets。気候変動など環境分野に取組む国際NGOのCDP、国連グローバル・コンパクト等による国際的な共同計画で企業のCO2排出削減目標を認定しているもの。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)