BASF:Ultramid Advanced Nを使用した半製品を初めて製造

BASF:Ultramid Advanced Nを使用した半製品を初めて製造

記事画像

BASFの高温耐性ホ?リフタルアミト?「Ultramid Advanced N」を用いて、GEHR社か?棒状押出成形品に使用した。

 BASFは、押出成形て?半製品化て?きるホ?リフタルアミト?(PPA)、Ultramid Advanced N 5H UNを開発した。半製品の熱可塑性フ?ラスチック押出成形における世界的リータ?ーて?あるGEHR社は、この新しいPPAを使用して、直径50mmの押出成形品を製造している。

 BASFのホ?リフタルアミト?製品群は、Ultramid Advanced N (PA9T)、Ultramid Advanced T 1000 (PA6T/6I)、Ultramid Advanced T 2000 (PA6T/66)、およひ?長年の実績を持つUltramid TKR (PA6T/6)によって構成されている。自動車産業や電気電子産業、機械工学、消費財なと?多様な分野において、軽量て?高性能な次世代フ?ラスチック部品の可能性を広け?る。PPAの製品群は世界各国て?販売されており、BASFのUltrasimシミュレーションツールとアフ?リケーション開発における豊富な経験に基つ?き、射出成形や押出成形用に50以上の配合ク?レート?か?あります。難燃剤の有無や、様々な熱安定剤、無着色からレーサ?ーマーキンク?可能な黒色といった色味や、短繊維カ?ラス、長繊維カ?ラスまたは炭素繊維強化材なと?から選択可能。

 Ultramid Advanced Nは、半芳香族の化学構造により、高温に対する優れた機械的特性を備えている。厳しい使用環境て?も優れた耐薬品性と耐加水分解性を発揮し、100°C以上の高温て?も良好な耐摩擦、耐摩耗特性を維持する。湿潤環境においても、全てのホ?リアミト?の中て?最も高い寸法安定性を示している。こうした特性により、Ultramid Advanced Nは、半製品や小型組立部品の押出成形た?けて?なく、自動車産業、機械工学、厨房設備なと?幅広い用途にも最適。半製品は、切削加工によって最終製品に加工される。

「GEHRは、押出成形にPPAを使用することに成功した最初の企業て?す。押出成形に関する彼らの専門知識を活かし、ホ?イト?(気泡)を生し?ることなく製造可能な形状を開発しました」と、BASFのハ?フォーマンスマテリアルス?事業部の販売部門ク?ルーフ?ヘット?て?あるフィリッフ?・ウェンツ氏は述へ?ている。

「これか?ホ?リフタルアミト?て?作られた世界初の半製品て?あるかと?うかは明言て?きませんか?、半製品市場において高機能素材は、これまて?重要な役割を担っていませんて?した。それは、通常のホ?リフタルアミト?て?は押出成形か?難しいことか?、理由のひとつと考えられます」

 Ultramid Advanced N 5Hは、ホ?リエーテルエーテルケトンやホ?リアリールスルホンを素材とした半製品と、エンシ?ニアリンク?フ?ラスチックを素材とした半製品との市場キ?ャッフ?を埋める製品である。BASFの素材は120°Cを超える環境て?も使用可能て?、丸棒以外の形状にも適している。

 GEHRのアフ?リケーションテクノロシ?ーの責任者て?あるBernhard Grosskinsky氏(ハ?ーナート?・ク?ロスキンスキー氏)は、「BASFのホ?リフタルアミト?は、市場に出回っている他のPPAに比へ?てはるかに扱いやすく、高い溶融安定性とともに広い視野をもたらしてくれます。素材の品質を損ねることなく、安定した半製品の生産を維持しています。さらに、半製品から最終製品への加工も容易て?す」と述へ?ている。

 GEHRの押出ロット?により、高温環境て?使用される部品や寸法安定性か?必要なホ?ンフ?部品、歯車、サーモスタットハウシ?ンク?、スライテ?ィンク?レールなと?幅広い用途に使用て?きる。自動車産業においては、モーター、トランスミッションオイル、冷却剤、酸、塩や凍結防止剤と接する部品に特に適している。また、高温環境て?も優れた耐衝撃性と耐摩擦性、耐摩耗性を必要とする部品にも使用可能だ。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)