移動オービスウィルスも感染拡大中! 岐阜県警は戦力倍増& 2021年には全国で100台以上が猛威を奮う!?

収束の気配どころか、感染拡大が進む、新型コロナウイルス禍。が、警察はそんな一大事をよそに、相変わらず移動オービスの拡大配備に勤しんでいる。ちなみに、現時点で全国に配備されているとみられる移動オービスは60台だが、年度末までに100台に増殖するというからただ事じゃない、のだ!

現時点での配備台数は60台!

 警察庁交通局が発表した資料によると、現時点で移動オービスが配備されているのは38都道府県。さらに残りの9県中、6県が、すでに導入を表明し、鹿児島県、沖縄県も年度末までには動きを見せるはず。2021年中には、県議会の反対で、導入予算が取り消された新潟県以外の46都道府県に、移動オービスがお目見えするというわけだ。

 ちなみに、2020年度中の全国配備をもくろんでいた警察庁だが、残念ながらその目標は未達成。県会議員連(維新の会)が、たった1台の移動オービスによる取り締まり効率に疑問を投げかけ、結局、信号の整備にその予算が回されることになった新潟県に対し、今後、どう対応していくのか、言ってみれば政府vs維新の会という図式になるわけだが、そのせめぎあいは、ちょっと面白いかも。

 いずれにしても、警察庁によると2020年度中(〜2021年3月)には100台に増殖するということだが、こちらもレーザー式vsレーダー式の戦いとなることは必須。東京航空計器(レーザー式)の一人勝ちとなるのか、あるいはセンシス・ガッツォグループ(レーダー式)が巻き返すのか……なんてどうでもいい、国民の血税を使った為政者の無駄遣いから、決して目を離すわけにはいきません!

岐阜県警が移動オービス追加調達に向け、一挙3台の 入札を公募中!

 上表の移動オービス配備台数を見ると、2台となっている岐阜県。岐阜県警はレーダー式移動オービス、センシスMSSSを導入している数少ない県だが、確か、レーザー式のLSM-300Kによる無人と見られる取り締まりをやっている県でもある。つまりこの数字は、一見、センシスMSSS1台とLSM-300K1台の合わせて2台と見て取れるのだが、同じく、MSSSとLSM-300Kを稼働させている埼玉県の数字は1台となっている。ということは、岐阜県はMSSSを2台、埼玉県は1台、所有しているということなのだろう。確かにLSM-300Kは「可搬式」ではなく「半可搬式」であり、「可搬式速度違反自動取締装置」にはあたらない。

 となると、今回の入札公募台数3台! を合わせると、なんとお隣の愛知県警と並び5台の可搬式移動オービスを稼働させることになる。数字上は2.5倍だが、その効率アップ度はそれ以上になることは間違いない。というわけで台数も増えたことだし、「反則金稼ぎ」と言われないように、そろそろ当初の目的通り、「生活道路で高齢者と子供の命を守る」をちゃんと実践してほしいもんです。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)