アプリ利用でカーナビとしても活躍

アプリ利用でカーナビとしても活躍

記事画像

iPhone/Androidスマホと連携するディスプレイオーディオ。さまざまなスマホアプリを7インチタッチパネル画面上でコントロールでき、高機能なカーAVシステムとして活用が可能だ。4万円を切る手が届きやすい価格も大きな魅力。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)問い合わせ:青木製作所電話:027-346-3838

スマホランチャー AMEX-SL01……オープン価格(実勢価格:3万9800円前後/税込)

 2DINサイズボディに7インチ画面を搭載したディスプレイオーディオ。ミラーリング機能を搭載しており、専用アプリをインストールしたiPhone/Androidスマホの画面を映し出すだけでなく、内蔵機能のようにタッチパネル操作も行える。接続にはWi-Fi、データケーブルのどちらも利用OK。

 ナビアプリを使用すればカーナビのように地図表示やルートガイドが利用でき、YouTubeで動画を楽しんだり、Googleアシスタントで欲しい情報を素早く入手することも可能だ。

 本体には約10GBのメモリー領域を保有し、接続したUSBメモリーに収録した映像、音楽、写真などのデータを取り込むこともできる。さらにAndoroid10を搭載しているためGoogle Playストアから好みのアプリをインストールOK。スマホを使わずともナビアプリをはじめとした多くのアプリを活用できる。

 また、ワイドFM対応ラジオやイコライザー、オーディオプリアウト、ビデオ入力/出力、Bluetoothオーディオ&ハンズフリー通話などの機能を備え、バックカメラ接続や純正ステアリングスイッチによるコントロール機能も搭載。

■主要スペック
モニターサイズ:7インチ
タッチパネル:静電容量式
システムOS:Android10
GPS:〇
Wi-Fi:〇
Bluetooth:〇
USB:2系統
ビデオ入力:1系統(RCA)
ビデオ出力:2系統(RCA)
内蔵パワーアンプ最大出力:50W×4

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)