カエルのさばき方「まず石にぶつけて絶命させます」――リアルサバイバーがレクチャーする方法で作られた料理が意外と美味しそうな件

カエルのさばき方「まず石にぶつけて絶命させます」――リアルサバイバーがレクチャーする方法で作られた料理が意外と美味しそうな件

カエルのさばき方「まず石にぶつけて絶命させます」――リアルサバイバーがレクチャーする方法で作られた料理が意外と美味しそうな件の画像

 ニコニコ生放送では「春に採れる!食べれる!雑草 & いきもの ワークショップ」と題した放送を行い、番組にはサバイバル動画の第一人者であるカメ五郎さんが講師として登場しました。

 カメ五郎さんは、生徒役のゲーム実況者のコジマ店員さん、漫画家のピクピクン☆さん、グラビアアイドルのうさまりあさんに3月中旬から4月中旬頃に多摩川の河川敷で採れる野草や生き物を中心に紹介。

 今回はカエルの捌き方をVTRで紹介し、生徒役のみなさんがカエル肉とオタマジャクシを実食しました。

左からカメ五郎さん、コジマ店員さん、ピクピクン☆さん、うさまりあさん。

※本記事は2017年3月23日に放送された内容の一部を再構成したものです。当記事を参考にした動植物の採取および調理をした場合の責任は負いかねます。また記事中には一部グロテスクな画像等が含まれております。あらかじめご了承ください。

―関連記事―

【真似しないで】トリカブトを丸かじり! リアルサバイバーの体を張った“春の食べられる野草講座”が危険すぎる「この一株で二人殺せます」

―人気記事―

【ザ・新興宗教】セックス教団『リトル・ペブル同宿会』潜入レポート。教団責任者が唱える″償いのセックス”に密着 春に採れる山の食べ物――カエルの調理方法を実演

カメ五郎:
 お店とかでもよく売っているので。野生でシイタケはよく生えています。冬とか春とか結構寒い時でも他のきのこが生えていない時でも平然と生えているので、非常に優秀なきのこでございます。夏をのぞくどの季節でも採れると認識してもいいのかな。ついでにカエルを捕ってきました。

〜VTRの紹介〜

カメ五郎:
 はじめてカエルを捕まえたけど、捌き方がわからないよ、という人たちのために動画を用意しました。まず石とか木とかに頭をぶつけて絶命させます。

 基本的に皮とか剥く前に内臓を取るようにしてください。今回採取したヒキガエルは毒がありますから、工程をしっかり覚えてください。

 これは胆のうです。これを潰すと肉の質がすごく悪くなります。だから気をつけてください。絶対に潰さないでください。お肉がすごく苦くなってしまいます。

コジマ店員:
 カエルの膀胱って食べられるって聞いたことがあります。

カメ五郎:
 きちんと処理すれば食べられます。ただカエルの内臓を食べられるように中身を抜いたりする費用対効果に比べると、他の四足の哺乳類のほうがいいのかなと思います。

 ここ重要です。ヒキガエルは耳の後ろに耳腺(じせん)という毒を持っています。毒腺が背中を通って足のところまでありまして、耳の後ろで毒を生成して体に循環させているのですが、皮を剥くと毒腺は排除できますので、皮を剥けば普通のお肉です。ただ頭に残っている毒袋は排除できないので、頭を落としてしまいます。

 のどの中に指を突っ込んで、ひっくり返して内臓を剥き出しにしてください。

 カエルの皮を剥きます。注意してほしいのは、毒を持っているカエルは皮を剥いている間に皮膚から出てくる毒が肉についちゃうと苦くなって美味しくなってしまうので、流水にさらしながら剥きます。

 思い切り引っ張れば簡単に剥けてしまいます。剥けてしまえば、ただの肉です。

コジマ店員:
 昔はカエルとかも食用とかで輸入されていましたもんね。

カメ五郎:
 そうですね。全然美味しく食べられます。

〜VTR紹介終了〜

パキパキの食感! オタマジャクシを実食

カメ五郎:
 こういったサンプルを持ってきています。

コジマ店員:
 すごい、脚だ! 鶏肉のフライドチキンみたいですね。

カメ五郎:
 これはウシガエルです。

うさまりあ:
 
ちょっと、ササミみたいな感じがありますね。

カメ五郎:
 あと、オタマジャクシです。すごいニオイがする……!

コジマ店員:
 命を頂いているんですが……校庭の裏側の焼却炉があるところのニオイがします。

(カメ五郎さん、オタマジャクシを調理開始)

うさまりあ:
 オタマジャクシってどんな味がするんですかね。

コジマ店員:
 ホルモン的な味がするんじゃないですかね。

カメ五郎:
 できました。

コジマ店員:
 美味しそう。マヨネーズなんかをつけてパリパリっといけそうですね。

ピクピクン☆:
 さっきのニオイはなくなりましたね。

コジマ店員:
 カメ五郎さん、これは何で食べますか。塩かけますか。

カメ五郎:
 ストレートでいってもいいし、塩をかけてもいいし。お腹の中に小さいノビルの球を内臓を抜いた代わりに押し込んでいますので、ちょっとシャキシャキするかもしれないです。

コジマ店員:
 手が込んでる料理ですよ。思ったよりプルプルしてますね。中は木の実ですから、いただきましょう。

ピクピクン☆:
 おぉ!

コジマ店員:
 これオタマジャクシ? 思ったより美味いぞ!

うさまりあ:
 何なの……ヤバイ。ヌメヌメしません?

コジマ店員:
 しない、美味い! しかも中に入ってる木の実が意外といい感じで……。

ピクピクン☆:
 お酒のあてにいい。

カメ五郎:
 ヌメヌメしているのは、ちょっと半生だったかもしれない。

うさまりあ:
 食べられなくはないかな。

コジマ店員:
 でも後味が本当にお肉だね! 美味いな。思ったよりシャクシャクしていますね。

ピクピクン☆:
 だんだん胃が気持ち悪くなる感じがする。油を飲んでいる感じが。

コジマ店員:
 あぁ……。

うさまりあ:
 オタマジャクシは揚げる以外に調理法があるんですか。

カメ五郎:
 それ以外の選択肢は経験がないので、まだわかりません。

コジマ店員:
 意外と歯ごたえがあるんですね。しっぽがパキパキしていて、身が柔らかい鶏肉みたいな食感です。木の実がシャキシャキしてて、これはおつまみになりますね。

めっちゃ美味い!? カエルを実食!

ピクピクン☆:
 次の料理ができたみたいですよ。普通に中華料理屋さんにありますよね。

コジマ店員:
 パクチーも添えられちゃって……普通に美味そう。

うさまりあ:
 美味しそうですね。

コジマ店員:
 食に困った日本人は昔、普通に食べていましたからね。

ピクピクン☆:
 見た目は美味しそうですね。でもなんかこの脚の躍動感が残ってていやだ!

コジマ店員:
 いただきます!

 めっちゃ美味い! 脂身が少ない感じの鶏肉。もも肉がさらにヘルシーになって、噛みごたえがあるんですよ。いけるぞ、これ! めっちゃビール欲しいもん。鶏肉なんだけど、あとからツナになる感じ。足肉もいただきます。軟骨もぷりぷりしていて。美味い!

ピクピクン☆:
 いただきます。ニオイは美味しそう。

 めっちゃ美味いよ!

カエルを一口食べたピクピクン☆さんの表情。

コジマ店員:
 でしょ!?

うさまりあ:
 いやいやいや……。

ピクピクン☆:
 これカエル? こういうレストランがあったら流行るのにね。

うさまりあ:
 ニオイはいい感じですけれどね。

 うん! めっちゃ美味いよ!

ピクピクン☆:
 俺ら3人、それしか言ってない(笑)。

うさまりあ:
 美味しいですね! 先入観をなくすべきですね。

ピクピクン☆:
 手羽先より美味いわ!

―関連記事―

【真似しないで】トリカブトを丸かじり! リアルサバイバーの体を張った“春の食べられる野草講座”が危険すぎる「この一株で二人殺せます」

―人気記事―

【ザ・新興宗教】セックス教団『リトル・ペブル同宿会』潜入レポート。教団責任者が唱える″償いのセックス”に密着

【ニコニコワークショップ】春に採れる!食べれる!雑草 & いきもの ワークショップ

関連記事(外部サイト)