『だがしかし』ハジメちゃんが物議を醸したあの回に主演声優らがコメント「いかがわしさがありますね(笑)」

『だがしかし』ハジメちゃんが物議を醸したあの回に主演声優らがコメント「いかがわしさがありますね(笑)」

『だがしかし』ハジメちゃんが物議を醸したあの回に主演声優らがコメント「いかがわしさがありますね(笑)」の画像

 2018年3月に第2期の最終話を迎えたテレビアニメ『だがしかし2』。実在の駄菓子が登場する、“美味し懐かし駄菓子コメディー”として話題を集めています。

 ニコニコではアニメの放送に合わせ「「だがしかし」ミッドナイトDA・GA・SHI・SHOW! 2」が放送され、ヒロイン枝垂ほたる役の竹達彩奈さん、鹿田ココノツ役の阿部敦さんが出演し、2期の8〜12話から印象に残ったシーンを振り返りました。

『だがしかし2』
(画像は『だがしかし2』公式サイトより)

―関連記事―

『だがしかし』男性声優が語るハジメちゃんの魅力「あれはやばいね。ワイシャツとかすごくいい」

『だがしかし』お色気カットにハッスルした第2話を女性声優陣がふり返る「阿部敦さん(ココノツ)が本気すぎて(笑)」 第8話振り返り――「大人でもぴったり」なハイエイトチョコ 左から竹達彩奈さん阿部敦さん

竹達:
 8話以降のお話をしていきたいと思うんですけれど、ほたるさんが不在だったので、ここはココノツくん役の阿部さんから。

阿部:
 ちょうどいなかった回だもんね。

竹達:
 そうなんですよ。

阿部:
 言うても俺も10話にそんなに出てないのよ。このへんは、はじめちゃん回が多かったから。

竹達:
 確かにそうですね。

阿部:
 最初と最後にちょろっと出てくるだけで。

竹達:
 ここからはお菓子が登場する場面カットを中心に振り返っていきたいと思います。まずはこちら。

〜シーン紹介開始〜

(画像は『だがしかし2』公式サイトより)

阿部:
 ハイエイトチョコ。これって名前あったんだね。知らなかった。

竹達:
 ハイエイトって言うんですね。知らなかった。

阿部:
 なんか8の字のチョコって言っていた気がする。

竹達:
 確かにそうですね。ハイエイトチョコって普通に書いてありますね。

阿部:
 本当だ、知らなかった。相当、目が寄っていないときつい。そんなことないかな。いけるな。

竹達:
 ぴったり(笑)。

阿部:
 ぴったりだ、これ(笑)。意外と大丈夫ですね。

竹達:
 大人でもぴったり。意外とちょうど良かった(笑)。

第9話振り返り――「ドキドキしちゃう! どういう状況なんですか」

阿部:
 続いてはこれね。

竹達:
 なんか怪しい。

阿部:
 これはなかなか物議を醸した回です。インターネットの話ですね。インターネットサイトを開こうという。

竹達:
 この目線隠すやつがなんかもうちょっと……。

阿部:
 やばいよね。

竹達:
 いかがわしさがありますね(笑)。

阿部:
 あと白シャツね。

竹達:
 あぁ〜。

阿部:
 白シャツはもう一個くらいボタンを閉めていたら印象が変わったんだろうけど。

シカダ駄菓子の通販サイトに自身の写真を載せるハジメちゃん。駄菓子屋の宣伝にはとても見えない。
(画像は『だがしかし2』公式サイトより)

竹達:
 結構開いてますよね。

阿部:
 そうですよ。

竹達:
 ドキドキしちゃいますね。

竹達:
 またドキドキしちゃう! どういう状況なんですか。どうしちゃったの(笑)。

阿部:
 スーパーボールを作った後。

竹達:
 なるほど。スーパーボールも作れちゃうんですね。

第10話振り返り――「ハジメちゃんが酔っぱらっちゃってドキドキ」

阿部:
 これは、「紋次郎いか」。

竹達:
 そうですね。紋次郎いかの回。10話ですね。

阿部:
 我々の打ち上げでも大活躍をした紋次郎いかですよ。

竹達:
 鈴木達央さんがめちゃめちゃ気に入っていましたよね(笑)。

阿部:
 そうそう(笑)。

竹達:
 最終回のアフレコのときに……。あれ、これってもしかして前のやつですか。

阿部:
 だってちょっと減ってるもん、中身(笑)。元は100本くらい入っていたんだっけ。今は60本くらいじゃない?

竹達:
 そうですね。大人気だった。

阿部:
 本当にこれ美味しいからね。

(画像は『だがしかし2』公式サイトより)

阿部:
 ハジメちゃんが酔っぱらっちゃって。ドキドキですよ。

第11話振り返り――「このシチュエーションいいなって思った」

阿部:
 これは君が食べた……。

竹達:
 私は食べてないですけれど(笑)。

阿部:
 ほたるさんが食べたホームランバーですね。

竹達:
 「預かっておいて」って言って託したホームランバーです。

阿部:
 これは11話?

竹達:
 11話ですね。

阿部:
 ここで出会いました。

竹達:
 出会っちゃった。

阿部:
 なんかこのシチュエーションいいなって思った。無人駅でストーブがあって。

竹達:
 なかなかないですもんね。東京だったら絶対ないですよね。

阿部:
 そもそも無人駅がないからね。うちの地元でもちょこちょこあるくらいかな。

竹達:
  阿部さんは実家どこなんですか。

阿部:
 栃木の足利というところなんだけど、そこに両毛線というのが走っていて、両毛線はガチで1時間に一本。ところによっては本当に無人駅があって、本当にこういうところがあったりとか。

竹達:
 やっぱり冬は中にストーブとかが?

阿部:
 あった気がする。他作品で申し訳ないですけれど、『秒速5センチメートル』とかに出てきたりする。

竹達:
 え〜! すごい! なんて素敵な。

阿部:
 あ、これ!

第12話振り返り――「最終話でやっと、はじまった感があったよね」 (画像は『だがしかし2』公式サイトより)

竹達:
 スーパーマリオくんコミックガム。

阿部:
 これも、どうしても手に入らないらしいよ。

竹達:
 売り切れていて? 人気なんですか?

阿部:
 要は絶版みたいなこと? 昔、この漫画あった気がしたもんね。

竹達:
 確かに昔ありましたもんね。

阿部:
 クッパの子供とかがいるってことは、『スーパーマリオブラザーズ3』くらいの話なのかな(笑)。

竹達:
 詳しい(笑)。買ったことある気がするけれど、全然覚えていないです。

阿部:
 内容は覚えていないな。ギャグっぽかった気はするけれどね。

阿部:
 これ、最後戻ってきた後でね。

竹達:
 「あなたが欲しいわ」って言うところですかね。

阿部:
 そこそこ。ハジメちゃんとも初遭遇だもんね。

竹達:
 はじめましてですね。最終話にしてはじめて会うっていう。

阿部:
 最終話でやっと、はじまった感があったよね。

竹達:
 うん、本当に。ようやくみんなとしゃべれて嬉しかったです(笑)。

阿部:
 結構いなかったから(笑)。

阿部:
 出た〜、杉田智和さん。

竹達:
 はい。お兄ちゃんだっていうことがわかりましたね。

阿部:
 なかなか杉田さんも前回のペリー【※】から。

※ペリー
『だがしかし』第1期11話で登場。声優は第2期で登場した紅豊役の杉田智和さん。

竹達:
 そうですね。ペリー役で出演してくださっていますから。衝撃ですよね。

11話に登場したペリー。
(画像は『だがしかし』公式サイトより)

阿部:
 ペリーからお兄ちゃんだから、これは出世(笑)? ペリーはすごい。開国させたんですからね。黒船ですから。

竹達:
 そこからまさかのお兄ちゃんに。そしてコンビニの店長をやっているっていう。

阿部:
 これは最後ね。

竹達:
 いいシーンだ。

阿部:
 このへんは完全にアニメオリジナルの話だったね。

竹達:
 そうですね。原作とはちょっと違いましたね。いい話でしたね。

阿部:
 なかなか思い出が詰まっている感じですね。

竹達:
 そうですね。2期になって15分になったじゃないですか。それでテンポもポンポンポンってなって。

阿部:
 原作を読んでいる感じに、より近くなったと言うか。

竹達:
 オリジナルにすごい近づきましたよね。

阿部:
 テンポが良くて。でもその分、しゃべるのが大変というのが……。

竹達:
 そうですね。

阿部:
 全体的なセリフも早いし。テンポも早いし。ほたるさんがいなくなったから、その役目をココノツくんが担ったりしたから、超しゃべる! って思って(笑)。

▼▼▼下記バナーをクリックで番組ページへ▼▼▼

「だがしかし」ミッドナイトDA・GA・SHI・SHOW!2 第4回

―関連記事―

『だがしかし』男性声優が語るハジメちゃんの魅力「あれはやばいね。ワイシャツとかすごくいい」

『だがしかし』お色気カットにハッスルした第2話を女性声優陣がふり返る「阿部敦さん(ココノツ)が本気すぎて(笑)」

関連記事(外部サイト)