青髪ヒロインは本当に“約束された敗北者”なのか? アニメの結末から調べてみた

青髪ヒロインは本当に“約束された敗北者”なのか? アニメの結末から調べてみた

青髪ヒロインは本当に“約束された敗北者”なのか? アニメの結末から調べてみたの画像

 2018年6月頭、Twitter上で話題になった“青髪とかいう約束された敗北者”なる画像をご存知でしょうか?

やめろやめろ pic.twitter.com/FwpMKR4LD4

? 中本のキャスター (@TKWcos) 2018年6月3日

 こちらは、いわゆるラブコメ系アニメ作品において、悲恋を遂げた青い髪色の、いわゆる不遇系ヒロインをまとめたもの。ラブコメ好きのアニメファンであれば、パッと画像を見渡しただけでも胸が締め付けられる思いですが……。

 今回は、「元ネタがわからない!」という方のために、これらの青髪ヒロインたちにまつわるストーリーをご紹介。

 さらに、最近放送されたアニメを振り返りつつ、“本当に青髪は敗北する運命なのか!?”をリサーチしていきたいと思います。

※本記事は、『あの夏で待ってる』、『とらドラ!』、『魔法少女まどか☆マギカ』、『Re:ゼロから始める異世界生活』、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』、『りゅうおうのおしごと!』、『トリニティセブン』、『ゼロの使い魔』、『この素晴らしい世界に祝福を!』、『だがしかし2』、『フルメタル・パニック! Invisible Victory』、『冴えない彼女の育てかた♭』、『ポプテピピック』、『地獄先生ぬ〜べ〜』、『新世紀エヴァンゲリオン』、『中二病でも恋がしたい!』の重大なネタバレを含みます。作品を未視聴の方はご注意ください。

谷川 柑菜 『あの夏で待ってる』 (画像はTVアニメ『あの夏で待ってる』公式サイトより)

 ひと夏の自主映画制作を切っ掛けに巻き起こった、5人の高校生男女+美少女宇宙人の甘酸っぱい青春模様を描く『あの夏で待ってる』。

 柑菜は中学時代から主人公のことを意識しまくっており、周囲にもそれがバレバレというかわいげのある女の子。で、終わればよかったのですが……。

 ある日、主人公と運命的な出会いを果たす宇宙人・イチカの登場により、いわゆる“正妻ポジション”から転落。奥手な性格も災いし、主人公に対するアピールでも後手を取ってしまいます。

 さらには、主人公の親友・哲朗からの告白を受け、心情的にもボロボロになってしまう柑菜でしたが、最後まで主人公の幸せを願い続けた健気さは必見。「救済ルートを用意してあげて!」と叫ばずにはいられない、印象深いキャラクターです。

★勝敗……ストレート負け

川嶋 亜美 『とらドラ!』 (画像はTVアニメ『とらドラ!』公式サイトより)

 『とらドラ!』は、ひょんなことからお互いの恋を応援するために共同戦線を張ることになった主人公と、ヒロイン・逢坂大河を中心とする、重厚な人間模様が魅力の青春ラブコメ。

 亜美は物語序盤で転校生として登場。大河とは何かと衝突が耐えないものの、徐々に主人公たちとの交流を深めていきます。

 次第に主人公に対して恋心のようなものが芽生えていく亜美でしたが、同時に周囲のキャラクターたちの恋愛感情をただひとり敏感に察知してたがゆえに、一歩引いた立場に身を留めることに。

 彼女の「結局、みんな自分の事が、一番わかんないんだよね」というセリフには実感がこもりすぎていて、胸が張り裂けそうになった方も多いのではないでしょうか。

★勝敗……敗北(ゲーム『とらドラ・ポータブル!』では大勝利エンドあり)

美樹 さやか 『魔法少女まどか☆マギカ』 (画像はTVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』公式サイトより)

 想い人の幼馴染を交通事故の後遺症から救うため、魔法少女になる契約を交わした女子中学生。しかし、徐々にその契約内容の真意が明かされていくに従い、さやかは絶望を深めていきます。

 ふつうの人間の体ではなくなってしまったことで、幼馴染との恋路からも身を引いた彼女。

 それでも魔法少女として、魔女と戦い続けることを止めなかったさやかは、徐々に戦闘スタイルもバーサーカーじみていき、ついには自分自身が魔女になってしまいます。

 恐らく、青髪キャラクターの中でも1、2を争うほどの凄惨な運命をたどった女の子として、アニメ史に長く語り継がれていくことでしょう。

★勝敗……敗北(劇場版『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』では強キャラ)

レム 『Re:ゼロから始める異世界生活』 (画像はTVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』公式サイトより)

 “死に戻り”の能力とともに異世界に転生した主人公は、ヒロインの屋敷でメイドをしているレムと対面。レムは、ある事件が切っ掛けで主人公に心を開くようになり、以後献身的なサポートを続けます。

 主人公への好意をストレートにあらわにするレムでしたが、困難にぶち当たって進退窮まった主人公に駆け落ちを提案された際は、毅然と突き放す素振りも見せるできた子。

 自分が主人公の“いちばん”ではないことを知りながら、「カッコいいところを見せてください」と微笑みつつ、主人公の背中を押す姿は号泣必至です。

 なお、レムが鬼族の生き残りということにちなんで、毎年節分の日には彼女との駆け落ちルートを選んだ場合のIF小説が、原作者の手によって投稿されるのが通例。

 レム派の方は、ぜひチェックしておきましょう。

 ★勝敗……惜敗?(IF小説では完全勝利)

イチゴ 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』 (画像はTVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』公式サイトより)

 “叫竜”と呼ばれる謎の敵に対抗し、ロボ兵器“フランクス”を駆って戦う少年少女たちの活躍を描いた『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。

 イチゴは、主人公たちが所属する第13都市舞台のリーダーを担う、委員長系キャラクターです。

 長きにわたるアニメ史において、“キレると何をしでかすかわからない”というのは優等生ポジションの宿命。

 14話では、ヒロインの失態によって想い人である主人公が殺されかけたことに対し、イチゴの激情家的な側面が爆発。結果、衝撃的な展開を迎えたことは語り草となっています。

 アニメ完結前から“負けヒロイン”としての地位を盤石に固めるイチゴ。我々に、青髪ヒロインの危険性を再認識させた偉大なキャラクターと言えるでしょう。

★勝敗……敗色濃厚

空 銀子 『りゅうおうのおしごと!』 (画像はTVアニメ『りゅうおうのおしごと!』公式サイトより)

 主人公の幼馴染にして、姉弟子という関係性を持つスゴ腕の女流棋士。

 他を寄せ付けない雰囲気を放ち、主人公に対しても何かと口が悪いところがありますが、一方で圧倒的な才能を持つ主人公に置いていかれたくない一心で将棋に励むクーデレっ子です。

 しかしながら、自分のことをおばさん呼ばわりするロリ内弟子の登場が相次ぎ、アニメではやや登場回数に水をあけられ気味。

 さらには、名人との連戦で迷走する主人公に対し決死のアプローチを試みるのですが、これも裏目に出てしまいます。

 主人公と同じ土俵で戦える=自分だけを見てもらえる女性初の正棋士の座を目指し、彼女の飽くなき挑戦は続くのでした。

★勝敗……劣勢(原作小説ではコスプレプレイあり)

春日 聖 『トリニティセブン』 (画像はTVアニメ『トリニティセブン』公式サイトより)

 『トリニティセブン』は、“崩壊現象”により異世界に飛ばされた主人公が、同じく巻き込まれて消息不明となった従姉妹・春日聖を取り戻すため、魔道士を目指すという物語です。

 つまり、主人公の最大の目的でありながら、自身は行方知れず(アニメ終盤まで出番なし)という不遇な立場に置かれてしまったのが聖の“負けヒロイン”たる所以。

 しかも主人公が在籍することになった魔道学園には、魅力的な7大美少女魔道士が君臨していたというライバル過多っぷり……。

 ただし聖も、主人公と、ひいては世界を救うために重要な役割を担っていることは事実。勝つには厳しいが、負けを認めるにはもったいないという彼女の“正妻争い”に、今後も目が離せません。

★勝敗……劣勢(出場機会不足)

タバサ 『ゼロの使い魔』 (画像はTVアニメ『ゼロの使い魔 三美姫の輪舞』公式サイトより)

 タバサは、異世界召喚ファンタジーの金字塔、『ゼロの使い魔』が誇る無口で無表情な青髪ヒロインです。

 じつは王族の血筋という素性を持ち、それによるいざこざに巻き込まれたところを主人公に救出され、好意を抱くようになりますが……。

 すでにこのとき、主人公にはルイズという恋人が。やり場のない想いを、ついには国家戦争のために利用されるなど、涙なしには語れない苦難の道を歩みます。

 しかし、見た目に似合わぬガッツを秘めているのがタバサの持ち味。晴れて主人公と結ばれたルイズの前で、高らかに宣戦布告し、ラストまで虎視眈々と主人公を狙う姿勢を貫くのでした。

★勝敗……敗北(本人は諦めてない模様)

アクア 『この素晴らしい世界に祝福を!』 (画像はTVアニメ『この素晴らしい世界に祝福を2!』公式サイトより)

 アクアは、異世界転生した主人公の巻き添えを食らう形で、女神の座を引きずり降ろされてしまった通称“駄女神”です。

 アニメでは勝ち負け以前に、「“正妻争い”に加わる気はあるのか? 」と、問いただしたくなってしまうようなギャグ要員っぷりを披露していますが、そこが彼女の魅力でもあります。

 主人公とは気のおけない関係であるがゆえに、“実家のような安心感”を体現するようなキャラクターですが、「本人があの調子では……」とも思ってしまうところ。

 アクアにもしその気が少しでもあるのならば、ぜひ早めの行動を心がけてもらうことを願ってやみません。

★勝敗……不戦敗(原作小説では……?)

最新のアニメでも青髪は敗北する運命なのか!?

 ここまで有志画像でピックアップされた青髪ヒロインについて触れてきましたが、ここからは2017〜2018年アニメに登場する青髪ヒロインに焦点を当てていきましょう。

枝垂ほたる 『だがしかし2』 (画像はTVアニメ『だがしかし2』公式サイトより)

 とある片田舎の駄菓子屋が舞台の、大人気マンガ『だがしかし』。

 本作といえば、爆乳美少女・枝垂ほたるに、幼馴染ポジションの“サヤ氏”こと遠藤サヤが食い下がる姿が見モノであったはずですが……。

 アニメ2期では、長らく“正妻ポジション”を守ってきたほたるが突如失踪。その後釜に、尾張ハジメという新キャラクターが君臨することに。

 原作マンガでも終盤に登場し、話題をかっさらったハジメは、“ガチでかわいすぎる”、“本命ヒロイン”などと、ファンの支持をほしいままにしていました。

 幸いにも、原作の完結直前には、ほたるが主人公にプロポーズする場面もありましたが、肝心の主人公は答えを出さずに終幕。

 もしアフターストーリなどが描かれることがあった際は、いまの世論のままだと立場が危ういかもしれません。

★勝敗……判定勝ち?

千鳥かなめ 『フルメタル・パニック! Invisible Victory』 (画像はTVアニメ『フルメタル・パニック! Invisible Victory』公式サイトより)

 待望のアニメ第4期が放映となった、長編SF軍事ラブコメシリーズ。

 原作は完結済みとは言え、勝ち気で男勝りな女子高生かなめは、ファンの支持率において、しばしば2大ヒロインであるテレサ・テスタロッサと熾烈な戦いをくり広げてきました。

 さらに、かなめはアニメ4期にてわずか4話で囚われの姫君に。しかもその後、ナミというメカニックのポニテ美少女が主人公の隣に居着くようになってしまいます。

 青髪ヒロインとして、しばしば勝者側に挙げられるかなめですが、4期の影の薄さは懸念事項。今後の巻き返しに期待です。

★勝敗……なんだかんだで逆転勝ち

氷堂美智留 『冴えない彼女の育てかた♭』 (画像はTVアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』公式サイトより)

 劇場版も製作進行中の大人気ラブコメ『冴えカノ』。美智留は、主人公の同人ゲーム製作サークルの音楽担当として物語に関わります。

 主人公の幼馴染という立場を利用して、数々のセクハラ行為に及びますが、アニメ2期では出番にほとんど恵まれず。

 同作ヒロイン・英梨々の「いまさら存在感をアピールしたって遅いわよ、もう最終話のCパートなのに!」というメタ発言が、美智留の不憫さを物語っています。

 しかしながら、本人の開けっ広げな性格も助けて、“負けヒロイン”としての潔さは業界随一。愛すべきキャラクターのひとりです。

★勝敗……負け

ピピ美 『ポプテピピック』 (画像はTVアニメ『ポプテピピック』公式サイトより)

 史上最大級のクソアニメとして話題を集めた『ポプテピピック』。本作に登場する、“長いほう”でおなじみのピピ美です。

 ムリヤリこじつけるとすれば、ポプ子のパンチを受けつつ(ある一定ラインまでは)「怒ってないよ」と返したり、ポプ子の「私のことどれくらい好きか教えて?」との質問に「いっぱいちゅき(ハート)」と答えたり、ポプ子に対する愛情は少なからずある様子。

 最終話では、ポプ子と合身し、キングレコードの最終形態“アカシックレコード”を打倒。直後にピピ美は石化してしまいますが、残されたポプ子は蒼井翔太くんとともに時間遡行してピピ美を救いにいくなど、ふたりの絆(?)の強さも伺い知ることができます。

 ふたたび、ラスボスを倒したふたり。ピピ美が石化してしまう未来も書き換えることができ、ラストはハイタッチを交わして終劇。

 見事ハッピーエンドをつかんだピピ美は、“青髪界の希望の星”と言って間違いありません。

★勝敗……完全勝利

つねに変化し続ける青髪界に今後も注目!

 ここまで、計13作品に登場する青髪ヒロインを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 話題になった画像はコンセプト上しかたないにせよ、2017〜2018年のアニメ作品には(どちらかと言えば)“勝ちヒロイン”が多いということもわかりました。

 駄菓子屋に舞い降りた天使・枝垂ほたるをはじめ、往年のボーイ・ミーツ・ガール作品より存在感をアピールした(その後、しばしの退場となった)千鳥かなめ、さらには視聴者を置き去りにひとり勝ちを決めたピピ美

 どれを取っても、青髪界に新たな風を吹き込んだキャラクターと言えるでしょう。もしかしたら今後、青髪が“負けヒロイン”の代名詞ではなくなる日も近いかもしれませんね。

 なお、Twitterのリプライでは『地獄先生ぬ〜べ〜』のゆきめや、『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ、『中二病でも恋がしたい!』の小鳥遊六花といった青髪の“勝ちヒロイン”を挙げて反論するユーザーも。

 やはり、青髪キャラクターが“約束された敗北者である”と結論付けるには、まだまだ慎重な議論を重ねる必要がありそうです。

―おすすめアニメ関連記事―

『シスター・プリンセス』英語版“兄の呼び方全13種”判明「お兄ちゃん=big brother」では、「おにいたま」「あにぃ」は?

『まどマギ』第1話に隠された“謎の少女”の正体とは ほむら登場シーンで消失するクラスメイトに「今すぐまどマギ見る!」「ミスと思いたいけど怖い」の声

関連記事(外部サイト)