『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』が人気の理由とは? ヘタレで最強でラッキースケベな魔王のイケメンっぷりが止まらない

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』が人気の理由とは? ヘタレで最強でラッキースケベな魔王のイケメンっぷりが止まらない

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』が人気の理由とは? ヘタレで最強でラッキースケベな魔王のイケメンっぷりが止まらないの画像

 累計発行数が100万部を超える、大人気ライトノベル『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』(以下、『異世界魔王』)。そのTVアニメが、2018年7月より放送されています。

 本作は、超絶ネット弁慶な主人公が異世界に召喚され、ド派手なバトル……はそこそこに、異世界美少女と夜の魔王プレイに勤しんだりするという、異世界ファンタジー作品です。

 本記事では、そんな『異世界魔王』の魅力を徹底紹介! 最近(2016年〜2018年)放送された代表的な異世界ファンタジー作品と比較しつつ、人気のヒミツに迫りたいと思います。

(画像は『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』公式サイトより)

※本記事は、『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』、『幼女戦記』、『この素晴らしい世界に祝福を!』、『異世界はスマートフォンとともに。』、『異世界食堂』、『オーバーロード』、『Re:ゼロから始める異世界生活』、『Re:CREATORS』の軽度なネタバレを含みます。作品を未視聴の方はご注意ください。

注目ポイント1:現実世界での主人公の経歴は!?

 主人公の現世での経歴は、異世界ファンタジー作品の方向性を決定付ける重要なポイントと言えるでしょう。

 たとえば、ゲームプログラマーが主人公の『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』や、エリートサラリーマンが幼女に転生する『幼女戦記』は、社会人ならではの技能や判断力が強みになっています。

 また、主人公が引きこもりの高校生である『この素晴らしい世界に祝福を!』などでは、何もないからこその機転のよさや根性を武器に問題を対処していくパターンも。

 このように、主人公が“一芸持ち”か、“持たざる者”かという部分は、おもに異世界を渡り歩くうえでの苦労人ぶりを大きく左右していきます。

『異世界魔王』の場合は……!? (画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第1話「魔王演技」より)

 『異世界魔王』の主人公・ディアヴロ(本名、坂本拓真)は、とあるMMORPGのガチプレイヤーでした。

 その強さは“魔王”と称されるレベルで、自身がプレイしていた『クロスレヴェリ』のような世界に召喚された後も、やり込みの成果を遺憾なく発揮することになります。

(画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第1話「魔王演技」より)

 また、重度のコミュ障であるディアヴロは、やむを得ず“魔王”キャラのロールプレイで取りつくろうのですが……異世界美少女たちとの交流時など、たびたび挟まる本音モノローグは小市民そのもの。

 いかにも“魔王”な容姿と、ヘタレ主人公的な内面とのギャップがおもしろい、愛すべき主人公となっています。

 このあたりは、表向きは切れ者でストイックな立ち回りをしながらも、モノローグではアタフタしまくる『オーバーロード』の主人公と似ていますね。

(画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第1話「魔王演技」より) 注目ポイント2:異世界美少女との触れ合いは!?

 異世界ファンタジーといえば、現実にはあり得ない激カワ美少女たちとの出会いも欠かせません。

 『異世界はスマートフォンとともに。』では、チート級の能力を得た主人公が、拳闘士、魔法使い、サムライ娘、王女といったヒロインたちの好感度を総ナメに。

 また、異世界とつながる不思議な洋食屋が舞台の『異世界食堂』では、ステキな異世界人の給仕さんをはじめ、さまざまな種族のお客さんとの出会いが描かれています。

 容姿や性格、人種や職業など、さまざまな属性を持つ美少女が登場するのも、異世界が舞台だからこそです。

『異世界魔王』の場合は……!? (画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第1話「魔王演技」より)

 『異世界魔王』の人気を支えるのも、ツンデレ豹人族のレム&おっとり爆乳エルフのシェラをはじめとする現地美少女たち。

 なぜか皆一様に、防御力が低そうな露出度高めの装備を身に着けているのもお約束ですね。彼女たちとの過激すぎる魔王プレイは、見逃し厳禁のでき栄えとなっています。

(画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第1話「魔王演技」より)(画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第1話「魔王演技」より)

 ちなみにレムとシェラには、とあるアクシデントにより、ディアヴロに対して隷従の効果が発動中。

 そのため、彼女たちの首には“隷従の首輪”がガッチリと掛かっており……。“美少女×首輪”、じつに妄想が捗る組み合わせですよね。

(画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第1話「魔王演技」より) 注目ポイント3:主人公の能力&戦闘力は!?

 剣や魔法によるド派手なバトルシーンも、異世界ファンタジー作品ならではの見どころです。

 王道どころを挙げるなら、主人公が“死に戻り”の能力を駆使しつつ、仲間たちとともに強大な敵に立ち向かう『Re:ゼロから始める異世界生活』。

 変わり種としては、架空のエンタメ作品のキャラクターたちが現実世界に集結し、魔法や巨大ロボット、現代兵器などで大乱闘をくり広げる『Re:CREATORS』といった作品もありました。

 手にした武器が違えば、戦いかたも千差万別。そんな物理法則をガン無視した爽快感こそ、異世界バトルの醍醐味です。

『異世界魔王』の場合は……!? (画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第1話「魔王演技」より)

 『異世界魔王』のディアヴロは、MMORPG上での自身のステータスや装備をすべて引き継ぐ形で、異世界へと召喚されています。

 レベル40〜50あれば高いとされる世界で、彼のレベルは150と圧倒的。付近一帯を氷漬け or 消し飛ばすような大規模魔術も使用可能です。

(画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第2話「最強新人」より)

 さらに、すべての魔術を跳ね返す“魔王の指輪”なる最強装備もセット済み。しかも豊富なゲーム内知識により、肉弾戦もお手のもの。

 攻守ともに盤石な彼の戦いぶりは、まさに“魔王”がザコを蹴散らすがごとく。コミュ障でもやるときはやる、理想の主人公です。

(画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第2話「最強新人」より) まとめ:『異世界魔王』の魅力とは!? (画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第3話「魔族襲来」より)

 今回、複数の異世界ファンタジー作品との比較で浮き彫りになった、『異世界魔王』の魅力は以下の3点です。

●主人公はコミュ障系“魔王”!
●異世界美少女との過激な魔王プレイ!
●圧倒的なレベル差で敵を蹂躙!

 “魔王”なのにやたら親しみやすいディアヴロの性格。彼を取り巻く美少女たちとの過激なスキンシップ。そして、安心と信頼の戦闘力。

 手に汗握る限界バトル……という作品とは毛色が違うものの、テンポよく進む戦闘シーンと、ムフフなお色気シーンとのバランスは絶妙。くり返し視聴したくなること請け合いです。

(画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第4話「追撃乱舞」より)

 これらの要素を絡めつつ、魔族や国家を相手に大立ち回りをくり広げる彼らの冒険譚からは、目が離せません!

 さらに1話以降も、ケモミミボクっ娘のギルド長や、コミュ力おばけのメガネっ娘国家騎士など、魅力的なキャラクターが続々登場。

(画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第2話「最強新人」より)(画像はdアニメストア ニコニコ支店『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 第5話「国家騎士」より)

 果たしてディアヴロは、今後も魔王ロールプレイを貫くことができるのでしょうか? 興味を持った方は、ぜひ公式アニメチャンネルや、コミカライズ版で本作を追ってみてください。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第1話「魔王演技」

ニコニコ漫画『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』エピソード一覧

―『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』関連記事―

夜の魔王プレイで異世界美少女完全攻略! 『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』のハーレム魔王プレイがうらやまけしからん

関連記事(外部サイト)