『Bloodborne』の世界にありそうな古都をマインクラフトで作ってみた 広大でリアルすぎる建造物の数々に「凄すぎて啓蒙高まる」

『Bloodborne』の世界にありそうな古都をマインクラフトで作ってみた 広大でリアルすぎる建造物の数々に「凄すぎて啓蒙高まる」

『Bloodborne』の世界にありそうな古都をマインクラフトで作ってみた 広大でリアルすぎる建造物の数々に「凄すぎて啓蒙高まる」の画像

 今回ご紹介するのは、PON☆Pさんが投稿した『【Minecraft】ブラッド○ボーンのような世界を作ってみたよ PV編』という動画です。

 ゲームソフト『Bloodborne』に登場するような巨大な“古都”を『Minecraft』で作成。それはまるで、3DCGで作られたかと見間違えてしまうような、リアルな作りになっています。

 ちなみに、製作者であるPON☆Pさんは、「Bloodborneに“似せて”作った」と紹介しています。

【Minecraft】ブラッド○ボーンのような世界を作ってみたよ PV編

【Minecraft】ブラッド○ボーンのような世界を作ってみたよ PV編 CGに勝るとも劣らない広大な古都

 動画を再生するや否や、眼前に大きな古城や大聖堂が広がります。その景色は、ダークファンタジーゲーム『Bloodborne』に登場する、人里離れた呪われた古都と似たような雰囲気を醸し出しています。

 古都へ向かう桟橋。松明が灯り、夕刻を告げているのが伝わります。

 階段。荒廃しているせいか、瓦礫やブロックが散乱しています。

 階段を上がると、そこには墓地がありました。ここもBloodborneを参考にしたと“思われる”配置の構成で、怪しげで不気味な空気が漂っています。

 墓地を抜けると、巨大な大聖堂に到着。マインクラフトの世界でブロックを積み上げられる限界の高度まで作ったとのこと。

 内装も並々ならぬ努力と気合いが込められています。今にも画面が暗転し、ボス戦が始まりそうな、緊迫した空気が張り詰めています。

 清々しい青空を背景にのぞむ、古都の全体像。全てが精密な構成のもとにブロックが配置され、おそろしいまでに豪奢な街並みが作られています。

 この古都の驚くべきところは、大聖堂に古城、そこに続く桟橋まで、全ての建造物は、マインクラフトの小さな1ブロックの積み上げでできているのです。一つ一つのブロックの大きさはとても小さい。しかし、コツコツと積み上げることによって、壮大で荘厳な都市を作り上げることができてしまうのです。

 まるで『Bloodborne』の荒廃した世界に入り込んだかのような動画。また、今回紹介した「PV編」の他に、内部をくまなく探索した「お散歩編」の動画も投稿されているで、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

▼広大な古都を駆け巡る様子をおさめた
動画はこちらからご覧ください▼

【Minecraft】ブラッド○ボーンのような世界を作ってみたよ PV編【RTA】 とびだせどうぶつの森 All Golden Tools 13時間16分54秒 Part1

―あわせて読みたい―

・「完全な抜け殻なんて初めて!」マインクラフトで作った神秘的な光景が広がる。腐海にたたずむ王蟲の抜け殻

・シータとの出会いからラピュタ崩壊まで……『Minecraft』で天空の城ラピュタのストーリーを丸ごと再現してみた

・低画質? いいえ、マイクラです!――『ごちうさ』OPをMinecraftのブロックで再現したら映画館のスクリーン並の臨場感に

関連記事(外部サイト)